image

ブログ主の初代Sanzzo氏が大量に下血して白ビル(病院のこと)送りになったため…

本日より代理で管理人を務めさせていただきます2代目Sanzzo(仮)です。どーもみなさんこんばんみ。

さぁて、ブログを書くなんて3〜4年ぶりなのでなんも思いつかないんですが…

初代Sanzzo氏からは「おれが死んだら、お前にこのブログと発生する収益すべてをくれてやる。好きにするがよい。」と言われているのでまぁ好き勝手に書きたいと思います。(まだ死んでないけど)

いちおう「できれば毎日更新してくれ」と言われているので、できる限り毎日更新していきたいと思います。たぶんね。

*        *       *

さて、ボクはいまJR山手線 恵比寿駅にある駅ビル(デパート?)のトイレでクルボックル君をひねり出しながらこの記事を書いています。

クルボックル君とはご想像の通り、ウンコのことです。とくに呼び名に意味はありませんので気にしないように。

で、外でウンコするときにいつもイライラするのが「ウォシュレットの水圧&水温について」です。

ボクはウォシュレットが無いと生きていけない「ウォシュレット依存症候群」に冒されているため、この“ウォシュレットの水温・水圧がどんな塩梅か?”は、人生のなかでもかなりの重要なポジションを占めています。

ウォシュレットが自分の好みとぜんぜん違うセッティングにされていると、怒りで菊穴から波動拳が射出されそうになります。激オコですわ。

このアトレ恵比寿店4階にあるトイレも、やたら水温が熱くて、やたらソフティに水圧で設定されていてとっても腹が立ちます。

男なら“冷水の水圧MAX”でぶぶぶぶ〜ッ!て洗えっての。熱い温水でテロテロ舐められるように洗われたら、逆にびっくりするっての。ビデか、お前は!

ボクはもう5日連続で熱水チョロチョロの刑に遭っているのでいい加減に怒り心頭毛乳頭なのですよ。

みなさん、そんな経験ありませんか? …ないですか。そーですか。

*        *        *

しかし好奇心旺盛でインテリジェンスなボクは、このウォシュレットの水温&水圧についていろいろググッて調べてみましたよ。

するとどうやら下記の3点が「正しいウォシュレットの使い方」のようなのです。

⚫︎水温は熱めに!
⚫︎水圧は弱めに!
⚫︎洗浄は5秒〜10秒がベスト!
⚫︎ケツ穴に直接あてすぎない!

なん!だって…!? こ、この俺様が間違っていたというのか?理由を教えろ!理由!!

…はい、ってなわけで解説すると、おおよそ下記のような理由だそうです。

まず水温が冷たいと単純にクルボックル君の汚れが落ちにくいからだそうです。熱い温水でクルボックル君を溶かしつつ洗い流すのがウォシュレットの正しい作法なのだとか。

水温を高くしクルボックル君を柔らかくすることで、弱い水流でもキレイに洗い流せるのだそうです。へぇ〜。

逆に水圧を強くしてしまうと肛門を傷つけてしまうためあまりよろしくないようで。

肛門はボクらが考えるよりとてもデリケートで、ウォシュレットの水流だけで痔になってしまったり、皮膚や直腸を守る粘膜を洗い流してしまうんですね。

だから肛門を洗うのは5秒〜10秒くらいまでで、あまり直接穴にあてない方がいいということですよ。

また、水流が強いとクルボックル君のかけらが飛び散ってしまい、逆に汚ないんですね。うむ。納得。

*        *        *

さて、しょっぱなからアヴァンギャルドな内容で恐縮ですが今日はこのへんで失礼いたします。

ちなみに、ケツ穴はギュッ!と閉じてから洗わないと、なかに雑菌が入り込んだりして危険だそうですよ。

みんな閉まっていこうぜ!!!

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※期間限定 無料プレゼント※
サーバーを契約した方全員にもれなく

独自ドメイン1本 永年無料!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。