WordPressで稼ぐなら!
【SEOに強い筆者愛用のレンタルサーバ】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

※8/17まで限定!初期費用が半額に!!

ブログSEOにおける15のチェックリスト

さて今回は具体的な「ブログSEO」のノウハウについてご紹介いたします。

SEO(Search Engine Optimization)とは“検索エンジン最適化”のことで、

ブログなどのWebサイトをGoogleやYahoo!の検索結果ページに上位表示させるための施策を指します。

通常、ブログのアクセスの大半(80~90%)は検索エンジン経由の来訪ですので、ブログにとってSEOはもっとも重要な集客施策なのです。

 

実はGoogleの検索エンジンがランキング(順位づけ)に使っている要素は全部で200以上もあるのですが、

今回はその中でももっとも基本的でもっとも効果的なブログSEOの施策について、15の要素にしぼってご紹介したいと思います。

※関連記事:
SEOのもっと基本的なことが知りたいという方は下記の記事をご参照ください。検索エンジンがサイトの表示順位を決める仕組みや、ブログSEOが集客面におよぼすメリットなどをくわしく説明しています。

初心者でも3分でわかるSEOの仕組み
ブログSEOにおける4つのメリットとは?

PR

LINE@で「裏ブログ部」はじめます!友だち追加ブログには書けない裏話、収益報告、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪

 

 

ブログSEOにおける15のチェックリスト

今回ご紹介するブログSEOの具体的ノウハウは下記の15項目です。

まずはざっと確認していただき、自分のブログができている点・できていない点をチェックしてみてください。

くわしい施策の内容については後ほど解説していますので、ご不明な点があればご参照いただければと思います。

※項目部分をクリックすると該当箇所へジャンプします。
※表は左右にスクロールします(スマホ閲覧時)。

No. 項目 優先度 ブログSEOの内容
1 キーワード選定 ★★★★★ 狙うキーワードは適切か?キーワードを意識して記事を書いているか?
2 タイトル(titleタグ) ★★★★ 読まれる記事タイトルか?文頭にキーワードが配置されているか?
3 見出し(hタグ) ★★ 見出しは適切か?キーワードが配置されているか?
4 強調(strongタグ) 重要な箇所やキーワードが強調されているか?
5 本文内キーワード配置 ★★★ 本文内にキーワードが適切に配置されているか?
6 被リンク ★★★★★ 質の良い被リンクが集まっているか?
7 内部リンク ★★ しっかりと内部リンクが貼られ、メンテされているか?
8 独自ドメイン ★★★ 独自ドメインで運用されているか?
9 ドメイン歴 ★★ ドメイン取得から一定の時間が経過しているか?
10 記事の品質 ★★★★★ 質の良い記事か?読者のニーズが解決されているか?
11 オリジナリティ ★★★★ 内容にオリジナリティ(個性や独自性)はあるか?
12 一貫性 ★★ タイトルや記事のテーマに一貫性があるか?
13 ネームバリュー ★★ あなたにネームバリュー、オーソリティ(権威性)はあるか?
14 カテゴリー設定 カテゴリーが整理されているか?ピラミッド型になっているか?
15 表示速度 ★★★ ページの表示速度は速いか?

では、以下よりひとつひとつ詳しく解説させていただきます。

 

1.「キーワード」が適切に選ばれているか?

SEOキーワード
上位表示を狙う「キーワード」を決める。「キーワード」を意識して記事を書く。

ブログSEOでもっとも重要な要素、それは「キーワード」です。

キーワードとは、ユーザーがGoogleやYahoo!の検索窓に入力する文言のこと。

検索キーワードを意識せずになんとなく書きたいことを書いただけの記事だと、SEO効果は期待できません。

逆に「どんなキーワードで検索にヒットさせたいのか?」「そのキーワードで検索する人がどんな情報を求めているのか?

…などを意識するだけでも、SEO効果は抜群に向上するのです。

 

ちなみに、キーワードには検索数が多いものもあれば少ないものもあります。

検索数が少ないキーワードは上位表示をさせやすいですが、あまりにも検索数が少なすぎると上位表示されてもアクセスは増えません。

逆に検索数が多いキーワードは大きなアクセス増を期待できますが、ライバルも多いためSEOの難易度は高いといえます。

記事を書くまえには、そのキーワードにどのくらいの検索数があるのか?を調査するようにしましょう。

 

キーワードの検索量を調べるには、「キーワード検索数チェックツール(通称:アラマキジャケ)」が便利です。

初心者であれば月間検索ボリュームが1,000〜30,000程度のキーワードを狙うようにしましょう。

※関連記事:
キーワードの選び方などについては下記の記事にも詳しく解説しています。

SEOに強い記事を書くための、9つの鉄板テクニック

 

2. SEOに強い「タイトル」になっているか?

ブログSEOにおけるタイトル(titleタグ)
「ブログタイトル」や「記事タイトル」にキーワードを入れる。

検索エンジンは「titleタグ」に書かれた内容を見て“このページが何について書かれているのか?”を判断しています。

またこのtitleタグ内に書かれた内容は検索結果ページにも表示されるので、いちばん最初にネット利用者の目に触れるのがこのtitleタグに書かれた内容だということになります。

つまり検索エンジンに対しても、一般のネット利用者に対しても、titleタグはとても大きな影響をあたえるのです。

あなたのブログが成功するかどうかは、このtitleタグが鍵を握っているといっても過言ではないですね。

 

ちなみに一般的な無料ブログやWordPressでは、「記事タイトル」がそのままtitleタグやh1タグに反映されるようになっていますので、

titleタグ=記事タイトル」だと覚えていただいて問題ありません。

なのでブログ名や記事タイトルには必ず検索されたいキーワードを入れるようにしましょう。

 

3.「見出し」は適切に作られているか?

見出し,タイトル
本文中には「見出し」を作り、その中にキーワードを入れる。

ブログ初心者のなかには記事タイトルと本文だけで、「見出し」を作らない人が多く見られます。

しかしこの「見出し」も(以前よりだいぶ重要度は下がっているものの)ブログSEOでは効果的といわれています。

タイトルと同様、見出しにはなるべく検索キーワードを入れるようにしましょう。

 

見出しに使われる「見出しタグ(h1・h2・h3・h4…)」は、検索エンジンに正しい文章構造を伝えるためにも大切な要素です。

自然な流れで見出しが設定されている文章は読者にとっても読みやすいですし、検索エンジンにも評価されます。

また、見出しタグは h1 > h2 > h3 > h4 … といったようにh1がもっとも重要だと認識されます。

ただし、上述の通りhタグは記事の文章構造を検索エンジンに伝える役割がありますので、h1 を乱発する…みたいなことは逆効果になってしまいます。

あくまで話の流れを正しく表現するために使用してください。

 

一般的な無料ブログやWordPressテーマでは、h1タグはブログタイトル(ブログ名)や記事タイトルに使用されていることが多いので、

それらと重複しないように本文中の見出しにはh2タグ以降を使用するようにしましょう。

 

4.キーワードは「強調」されているか?

ブログSEOにおける強調の使い方
本文のなかで重要な部分やキーワードには「強調タグ」を使う。

本文のなかで強調したい単語・フレーズには「強調(strong)タグ」を使うようにしましょう。

正直 強調タグがブログSEOにあたえる影響はそれほど大きくないのですが…やっておいて損はありません。

やり方は簡単。強調したい部分をhtml記載で
<strong>強調したいワード</storng>
と囲むだけです(ふつうはエディターで太文字を選択するとstrongタグで囲まれるはず)。

このstrongタグで囲まれた部分は太文字になり、読者にも分かりやすく表示されるとともに、検索エンジンにも“ここは重要キーワードですよ”と知らせることができます。

ちなみに、おなじく太文字表記に使う「bタグ」にはSEO効果はないようですのでご注意ください。

 

5.本文内の「キーワード配置」は適切か?

ブログSEOにおけるキーワード配置
本文内にキーワードを適切に配置する。やり過ぎず自然な文章にする。

タイトルや見出しにキーワードを含めるのはもちろん、本文内にもキーワードを配置することが大切です。

ポイントとしては、本文のなかでも各章のなるべく前の方に入れるとともに、さまざまな表現(言い回し)でそのキーワードについて語るということです。

 

ここで注意したいのが、なんでもかんでもキーワードを詰め込めば良いわけではないということ。

過剰なキーワードの詰め込み・強調の濫用などはスパムと判定され、最悪の場合 順位を下げられてしまうなどの“ペナルティ”を受ける可能性があるのです。

ブログSEOの効果を高めるためには、以下の3つのポイントに注意してください。

キーワードは必要最低限に

タイトルや見出しに入れるキーワードの種類は必要最低限(1~2種類)にしましょう。いろいろなキーワードを詰め込んでも評価が分散されるため効果が薄くなってしまいます。

前後の文章が大切

検索エンジンはキーワードそのものはもちろん、その前後に書いてある文章を合わせてチェックし、その関連性を評価します。

自然な文章になるように

SEOを過剰に意識するあまり不自然な文章になったり、過剰なキーワード対策をして内容のない文章になっては無意味です。

読者にも検索エンジンにもわかりやすい“自然な文章”になるよう心掛けましょう。

 

6.質の良い「被リンク」が集まっているか?

良質なサイトから数多くの「被リンク」を集める。一時ソースとして参照される。

外部サイトから自分のブログあてに貼られたリンクのことを被リンクといいます。

「被リンク」はキーワードと共に、ブログSEOにとってもっとも重要な要素とされています。

なぜ被リンクが重要かというと、検索エンジンは“たくさんのサイトからリンクを貼られているサイトは良いサイトだ”と判断するからです。

質の良し悪しの基準を“他サイトからリンクを貼られること”という基準で見ているわけですね。

 

ただし、単純にたくさんのリンクを貼られればいいというわけではなく、検索エンジンから高評価をうけている質の良いサイトからリンクを受けることが大切です。

質の悪いサイトから大量にリンクを貼ったり、リンクをお金で買ったりする不正な被リンク施策は、検索エンジンに嫌われペナルティの対象となります。

絶対にやってはいけません。

 

被リンクというのは自分ではなかなかコントロールできないのですが、

唯一の方法としては、他サイトから“リンクを貼りたい!”と思ってもらえるような良い記事をコツコツと発信していくことですね。

他サイトから参考にされ、一時ソースとして引用される存在となることが、結果的にあなたのブログSEOの効果につながるのです。

※関連記事
被リンクを得るためのコツは「一次ソース」になることだ!という考えは下記の記事にまとめてありますので、ぜひ合わせてお読みください。

被リンクを獲得する唯一の方法とは?

 

7.「内部リンク」は随時メンテされているか?

被リンクを獲得するには一次ソース
しっかりと内部リンクが貼られ随時メンテナンスをおこなう。読者がブログ内の回遊をしやすい作りにする。

内部リンクとは、自ブログから自ブログの別のページへリンクを貼ることです。

内部リンクは外部からの被リンクに比べてブログSEOへの影響度は下がりますが、自力でできるテクニックなので手を抜かずに対策することをオススメします。

注意すべきポイントを下記にまとめておきます。

重要ページに内部リンクを集める

外部からのリンクと同様、たくさんの内部リンクがあるページは検索エンジンからの評価が上がります。重要なページには内部リンクを集めるようにしましょう。

随時メンテナンスをする

新しい記事をUPした際は、過去記事のなかに内部リンクを貼れるものがないかどうかをチェックし、必要があれば過去記事に追記をするなど定期的にメンテナンスをしましょう。

アンカーテキストにキーワードを含める

「アンカーテキスト」とは“リンクが設定されている部分のテキスト”のことです。アンカーテキストには飛び先ページの内容を端的に記載すると共に、必ずキーワードを含めるようにしましょう。

関連のあるページ同士をリンクでつなぐ

おなじ話題をあつかっている記事同士はなるべくリンクでつなげましょう。これは検索エンジンにも好まれますし、なによりも読者にとって利便性が高いからです。

 

8.「独自ドメイン」を取得しているか?

無料ブログのレンタルドメインではなく、「独自ドメイン」を取得している。

独自ドメインとは、あなた自身が取得したあなただけのドメイン(URLの冒頭部分)のことです。

無料ブログサービスでブログを開設すると、サービス側のドメインの一部を間借り(レンタル)してブログを運用する形になりますが、

無料ブログのドメインは年々SEOに不利になっていますし、どんなに良い記事を書いてもそのドメイン(&ブログ自体)はあなたのものにならないので、

ブログSEOで集客を成功させるためには、独自ドメインを取得し、WordPressなどでブログを運営されることを強くおすすめいたします。

※関連記事:
独自ドメインについての詳細や取得方法、取得によるメリットなどを詳しく解説しています。

独自ドメインとは? 取得のメリットやドメインを強く育てる方法を徹底解説

 

ちなみに“無料ブログはSEOに不利~”という話は、下記の記事でくわしく検証しています。

簡単に要約すると、近年では検索結果の上位に無料ブログの姿はほとんどなくなっており、

代わりに「独自ドメイン×WordPress」の組み合わせが検索上位を独占しているという話です。

※関連記事

WordPressはSEOに強いのか?をリアルに1つ1つ検索して調査した件

 

9.ドメイン取得から時間が経過しているか?

ドメイン取得から一定の時間(最低でも3ヶ月~半年)が経過している。

ブログSEOには時の試練が存在します。

ブログ開設で新しいドメインを手に入れてからSEO効果が出はじめるまでには“一定の時間”が必要だという意味です。

この“一定の時間”というのが具体的にどのくらいなのか?という問いには残念ながら明確に答えることはできません。

ブログのジャンル、記事内容やその品質、更新頻度、ライバルとなる競合サイトの存在…などさまざまな条件がSEOの効果に影響するので、

明確に「SEO効果が出るのに○○ヶ月かかるのだ!」と断定することはできないのです。

 

…しかし、何となくですが「多分このくらいじゃないかな?」という仮説?経験則?は存在します。

ブログSEOの場合、その効果が顕著に出はじめるのが大体3ヶ月~6ヶ月(半年)だと言われています。

記事数にすると50本~100本UPしたタイミング、という感じでしょうか。

もちろん、これよりも早くに(2ヶ月以内で)検索順位がつく場合もありますし、もっと遅くなる(1年以上かかる)場合もあります。

Sanzzo(筆者)の経験でいうと、「何となく最近SEOが効いてきたなぁ」と思えるのが大体2~3ヶ月目くらいからで、

「めっちゃ爆発してきたぁ!」と思える記事が出てくるのが半年~1年くらいの間です。

上記とだいたい同じですね。

 

10.「良質の記事」を発信できているか?

質の良い記事を発信し続ける。読者のニーズを解決している。

数あるブログSEOのなかで「キーワード」と「被リンク」と共にもっとも重要度の高い要素のひとつが、

質の良い記事を発信し続けることです。

 

でも「質の良い記事」とはいったいどんな記事なのでしょうか?

“質の良さ”にはいろいろな定義がありますが、究極的には読者のニーズを解決できているかどうか?だと思います。

読者が欲しい情報、読者がかかえる悩みや欲求、コンプレックスを解決できているかどうか?

そしてその答えをなるべくに素早く&明確に提示できているかどうか?…が質の良い記事の条件なのです。

 

インターネット界の帝王であるGoogleがめざすゴールは、世界中の誰もが求めている情報にすばやく正確にたどり着く“究極の検索エンジン”を完成させることです。

つまりそれは“インターネットユーザーのニーズを叶えること”に他なりません。

Googleはその目標に向かって日々ものすごいスピードで進化を続けています。

あなたのブログが検索結果ページからの安定した集客を長期的に得ようとするのであれば、Googleとおなじ方向を向きおなじゴールをめざすべきです。

それは“ユーザーの求めるニーズに応えること”であり、ブログを運営することで“人々の役に立つ情報をこつこつと地道に発信し続けること”に他なりません。

ブログを運営する上でなにか迷うことがあれば、すべてはユーザー・読者のためにという目的に立ち帰るようにしてください。

 

11. 内容にオリジナリティはあるか?

ブログの内容がオリジナリティに富んでいる。独自の意見・情報が書かれている。

検索エンジンはオリジナリティ(個性や独自性)に富んだ記事に高評価をあたえます。

なぜオリジナリティが重要視されるかというと…

もしあなたが何かを検索したときに、検索結果にどれもおなじような情報しか出てこなかったら、あなたはどう思いますか?

そんな検索結果なんてあまり役に立たないんじゃないかと思います。

情報というのはさまざな視点でさまざまな考えが存在するからこそ価値があるのです。

少なくともGoogleはそういう検索結果を目指しています。

 

少し前までの検索エンジンはあまり頭が良くなかったので、他サイトから情報をもってきてちょこっとリライトを加えただけの記事でも、良い評価をあたえて上位表示することがよくありました。

しかし最近の検索エンジンはめちゃくちゃ進歩しているので、

リライトしただけの記事はもちろん、複数サイトをつなぎ合わせてリライトを加えた一見オリジナルに思える記事でも、

しっかりと類似点を見抜けるようになってきています。

 

ブログ記事にオリジナリティをあたえる方法としては以下のものが考えられます。

ブログSEOにおける「オリジナリティ」の要素 自分自身の考えや意見を書く
自分で調査・取材して書く
自分が体験したことを書く

ユーザーが求めているのは「正しい解答」はもちろん、「筆者の意見やコメント」もふくめて知りたいんですよね。

正しい解答はどうしても似通ってきちゃいますが、

あなたの意見やコメントにはいくらでもオリジナリティを含ませることができるはずです。

 

12.タイトルや本文に「一貫性」が貫かれているか?

タイトル・記事本文を一貫したテーマで書く。不要な情報をなくしテーマを絞って深掘りする。

最近のブログSEOは一貫性がより重要視される傾向になっています。

ブログSEOにおける「一貫性」とは? テーマが絞られている
記事タイトルと本文のテーマが一貫している
本筋から外れた不要な情報がない

すごく当たり前だと思われるかも知れませんが、

ブログSEOの効果をあげようとするあまり情報をめいっぱい詰め込んだあげく、

話の本筋がブレてしまい結局なにが結論だかわからなくなっている…という記事は意外なほどいっぱいあるんですよね。

(筆者自身もよくやる失敗です  orz )

※関連記事
ブログSEOにおける一貫性については下記の記事でも触れています。

2018年の【ブログSEO対策】で重要となる4つの傾向とは?

 

13.あなたに「ネームバリュー」はあるか?

ブログの種類
筆者にネームバリュー、オーソリティ(権威性)がある。

これも最近のブログSEOの傾向ですが、これからのSEOでは著者自身にネームバリューがあるかどうか?がとても重要になってきています。

ブログSEOにおける「ネームバリュー」とは? 特定のジャンルにおける専門性・権威性
書籍を出すなどのわかりやすい成果物
SNSやWeb上での知名度・話題性
顔出し・名前出しなどのインパクト

つまりあなたがどんな人物であるか?というのをアピールし、自分自身をブランディングしていくことが重要だということですね。

 

14.「カテゴリー」がピラミッド型になっているか?

リンク構造
適切なカテゴリー分けをおこない、ブログ全体がきれいなピラミッド構造になっている。

意外と軽視しがちなカテゴリー分けですが、しかしカテゴリーはブログSEOにとってとても大切な役割を担っているのです。

というのも、検索エンジンは“ナビゲーション構造”を重要視します。

SEO効果を発揮するためには、投稿した記事が“適正なカテゴリーにグループ分け”されており、

さらにブログ全体がきれいな“ピラミッド構造”になっていることが理想です。

 

まずは、同じ話題について書かれた記事が同じカテゴリに分類されていること。

つまり「カテゴリー=親」と「それぞれの記事=子」という“親と子”の関係ができており、ひとつの“親”に対して複数の“子”が存在してることが大切です。

カテゴリー名には読者にわかりやすいように、そのカテゴリーの内容をあらわす端的な名前をつけましょう。

あまりカテゴリー数が多すぎると読者にとってわかりにくくなるので、適正な数(10個未満が理想)だけ作るようにしてください。

また、きれいなピラミッド型構造にするためにはある程度のサイト規模(記事ページの量)も必要になってきます。

理想としては各カテゴリごとに最低5~10個の記事をひもづけられるようにしましょう。

 

15.「表示速度」が遅くないか?

ブログのページ読込に時間がかからない。表示速度が速い。

Googleの調査によると、「Webページが完全に表示されるまでに3秒以上かかると、53%のユーザーが離脱してしまう」というデータが出ています。

表示速度が遅くなれば遅くなるほど離脱率が高くなり、特にモバイル(スマホなど)のユーザーは一層この傾向が顕著になります。

そりゃそうですよね。

ページ表示に3秒もかかるなんて、イライラして待ってられませんよ。

 

ちなみに、Googleはこのページの表示速度を(モバイル検索の)ランキング要素に組み込むと発表しています。

つまり“表示速度が遅いサイトは検索順位を落とすからね!”と宣言しているのです。

この仕様変更は「スピードアップデート」という名称で2018年7月から反映される予定になっています。

ブログの表示速度が遅い場合は、それまでに必ずなんらかの対策を施すようにしましょう。

 

ちなみに自分のブログの表示速度を調べるには「PageSpeed Insights」というツールがおすすめです。

ここで速度が「Slow」と診断されると…ちょっとヤバいですよ。

(ちなみにこのブログ部もSlowなので笑えないです。なんとかします。)

 

「事前準備」でブログSEOに強くなろう!

事前準備シートに書き込んだもの

最後にPRで失礼します。

今回ご紹介したようなブログSEO対策をおこなうには、ブログ記事を書くまえの事前準備」がとても重要になります。

事前準備とは下記のようなタスクを指します。

ブログSEOにおける事前準備 キーワード候補のピックアップ
キーワードの検索量&競合性調査
ライバルサイトのチェック
ターゲット&ペルソナ分析
ニーズとその解決方法のピックアップ
各見出しの仮決め
記事タイトルの仮決め

…などなど。

これらの事前に準備しておくべきタスクを1枚のエクセルシートに詰め込んだのが「事前準備シート」です。

私はこの事前準備シートをつかって記事を書くようになってから、みるみるブログSEOの成功率(つまり書いた記事が検索上位にあがる率)が向上していきました。

 

私が研究したSEOライティングのメソッドを詰め込んだ「事前準備シート」は、ココナラにて1,000円というボッタクリ価格にて販売しておりますので、

今回の記事が少しでも役に立ったと思われた方は、投げ銭だと思ってご購入いただけると嬉しいです。

ぶっちゃけエクセルなんで自分でも作れちゃうんですが…

時間を節約したい、という賢いあなたはぜひこの機会に!

ブログ記事作成に役立つ、事前準備シートを販売します SEOに強いブログ記事を書くためのメソッドを詰め込んでいます

 

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※急告!! 8/17(金)18時迄限定!
エックスサーバーの初期費用が

半額に…!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。