ブログSEO

さて「ブログの検索エンジン対策」を解説するSEO講座、第3回目となる今回はいよいよ具体的な“SEO施策”についてをご紹介いたしましょう。

SEO対策にはどんなものがある?

まずはじめに知っていただきたいのは、SEO対策に“100%確実な方法はない”ということです。これからご紹介する方法はあくまで“これSEOに良いっぽいよ!”という予測でしかありません。

なぜなら以前の記事[初心者でも3分でわかる《SEOの仕組み》]でもご紹介したとおり、表示順位に影響をあたえる“スコアリング(点数付け)”の方法はほとんど公開されていないからです。しかしさまざまな専門家たちの努力により、かなり信ぴょう性の高いところまで研究がなされています。

また、SEOに良いとされている対策は現在わかっているだけでも“200以上の手法”があり、そのすべてを網羅するのはかなり大変です。なので今回は、SEO初心者の私たちでも取り入れやすい“ブログに特化したSEO対策”をまとめてみようと思います。

タグ表記の仕方など“実際に何をどうすれば改善できるの?”という詳細は別の記事で紹介するためまずは置いておいて…ここではまず“重要なSEO対策ってどんなもの?”ということだけでも理解していただければと思います。

1.「タイトル」は最も重要なSEO対策!

「ブログタイトル」や「記事タイトル」に重要ワードを入れる
数あるSEO対策の中でもっとも重要と言われているのが「titleタグ」です。検索エンジンはまずこのtitleタグ内に書かれた内容を見て“このページが何について書かれているのか”を判断します。

また、このtitleタグ内に書かれた内容は“検索結果ページに表示”され、いわゆる“看板”のような役割を果たします。つまりユーザーがあなたのブログを訪問してくれるかどうかは、この「titleタグ」内に書かれている内容に大きく影響するのです。

いまのあなたのブログのtitleタグにはどんなキーワードが入っているのか?これを変更するにはどうすれば良いのか?…については長くなるので別の記事で具体的に説明しましょう。

ここでは簡単で手っ取り早い方法として“ブログタイトル(ブログ名)や記事タイトルには、検索して欲しい重要ワードを入れよう!”とだけ覚えておいてください。

なぜなら一般的なブログサービスやWordPressのテンプレートでは、はじめから「titleタグ」や「h1タグ」のなかに“記事タイトルが自動的に反映される”ようになっているものが多いからです。

つまり難しいSEO知識やタグの知識がなくても、ブログタイトル・記事タイトルに注意していればそれなりの効果があるということです。

 

2.「見出し」はちゃんと作ろう!

blog0011

本文中には「見出し」を作り、中に重要ワードを入れる
ブログ初心者のなかには記事タイトルと本文だけで、「見出し」を作らない人が多く見られます。しかしこの「見出し」もSEO対策では効果的と言われています(以前よりは重要度は下がっているようですが)。

見出しに使われる「見出しタグ(h1・h2・h3・h4…)」は、検索エンジンに正しい文章構造を伝えるためにも大切な要素です。自然な流れで見出しが設定されている文章は、読者にも読みやすく、検索エンジンにも良い評価がされます。

見出しタグは[h1 > h2 > h3 >…]といったようにh1がもっとも重要と判断されます。ただしh1はひとつのページで1回しか使えません。その他は文章構成にあわせて複数使うことができます。

現状あなたのブログで見出しタグがどう設定されているか?のなど方法は別途説明しますが、まずはシンプルに以下のことを覚えておいてください。

①文章を整理し複数のブロックに分ける。

②ブロックごとに必ず見出しをつくる。

③見出しをhtml記載で

<h3>見出し</h3>

と囲む。

一般的なブログサービスやWordPressでは、h1タグ・h2タグはブログタイトル(ブログ名)や記事タイトルに使用されていることが多いので、それらと重複しないようにh3タグを(とりあえずの応急措置として)設定しておきましょう。

 

3.重要な文言は「強調」しよう!

本文のなかで重要な部分は「強調タグ」を使おう
本文のなかで強調したい部分(単語・フレーズ)には「強調(strong)タグ」を使うようにしましょう。正直SEOにあたえる影響は大きくないようですが、やっておいて損はありません。

やり方は簡単。強調したい部分をhtml記載で

<strong>強調したいワード</strong>

と囲むだけです。

このstrongタグで囲まれた部分は太文字になり、読者にも分かりやすく表記されるとともに、検索エンジンに“ここは重要ですよ”と知らせることができます。ちなみに、おなじく太文字表記に使う「bタグ」にはSEO効果はないようですので注意してください。

 

4.やり過ぎず、自然な文章で

文章構成

ここまでお読みいただいた皆さん、ちょっと待ってください。これらを実行に移す前に必ず下記をアタマに入れておかなくてはなりません。

上記でご紹介した「タイトルタグや見出しタグに重要ワードを入れる」「強調タグを使う」という施策ですが、何でもかんでもやれば良いというわけではありません。過剰なキーワードの詰め込み・強調の濫用などはスパムと判定され、順位降下などの“ペナルティ”を受ける可能性があるのです。つまり逆効果ということ。

SEO効果を高めるためには、以下の3つのポイントに注意してください。

キーワードは必要最低限に

タイトルや見出しに入れる重要ワードは“必要最低限”にしましょう。たくさん詰め込んでも評価が分散されるため効果が薄くなるだけです。

前後の文章が大切

キーワードは大切ですが、より大切なのはその“前後に書いてある内容”です。検索エンジンは、記述したキーワードそのものとその前後に書いてある文章を合わせてチェックし、その関連性を評価します。

自然な文章になるように

SEOを意識するあまり不自然な文章になったり、過剰なキーワード対策をして内容のない文章になっては意味がありません。読者にも検索エンジンにも分かりやすい“自然な文章”になるよう心掛けましょう。

 

続きはコチラ

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※期間限定 無料プレゼント※
サーバーを契約した方全員にもれなく

独自ドメイン1本 永年無料!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。