ブログテクニック

今回はブログ記事をつくる際に心がけたい鉄板テクニックをご紹介したいと思います。今回ご紹介する方法は、ブログだけではなく、すべてのWEB記事にも共通して使える基本テクニックです。ぜひ最後までお読みいただき、今日からさっそく実践していただければと思います!

1.誰に向けて書くのかを決める!

まず記事を書きはじめる前に、この記事を誰に伝えたいのか?相手はどういう人間なのか?を想像してから書くようにしましょう。

伝えたい相手を想像せずに、ぼんやりとしたイメージで書いてしまうと、内容が魅力的に伝わりません。自分のブログのテーマはなにか?そこに集まってきている読者はどんな人たちなのか?女か男か?20代か50代か?主婦なのかサラリーマンなのか?…などなど。

相手を具体的に想像することができれば、同じテーマの記事を書く場合であっても、言葉のチョイス・文調・表現方法・伝え方がちょっとづつ変わり、より相手の心にひびく魅力的な文章が書けるようになるはずです。

もちろん、想像した相手と、実際に読んでくれる読者が違ってしまうことも多々あります。しかし最初のうちはそれでも構いません。大切なのは相手の顔をイメージして、その人にいちばん伝わるような文章を考えるトレーニングをすることです。

想像と現実の差は、このトレーニングを繰り返していくうちに段々と縮まってきます。また、普段からGoogleアナリティクスなどのアクセス解析ツールなどを利用することで、あなたのブログに訪れる読者がどういう人なのか?を研究するようにしておきましょう。

 

2.「記事タイトル」が運命を決める!

ブログ記事

ターゲットが決まったら、次は「記事タイトル」です。
あなたの記事が読まれるかどうかは、ほぼ100%「記事タイトル」がカギを握っています。どんなに本文の内容が魅力的であっても、タイトルに魅力がなければ中身を見てはもらえませんよね。

最初から完璧なタイトルを決める必要はありません。仮のタイトルを考えておいて、本文を書いているなかで“やっぱりこっちの方がいいかな…”と微調整を加えていく流れの方が良いかもしれませんね。

わたしの場合は最低でも5パターン、多い時には10~20パターンも考える時があります。一覧でずら~っと書きだして、最終的にどれでいくかをじっくり吟味しつつその中の最高の一本を採用するようにしています。

※記事タイトルについては、過去の記事[圧倒的に読まれるブログの記事タイトルを作る、9つの基本テク]もぜひご参照ください。

 

3.「見出し」はとても重要!

見出し」とは、この記事でいうところの[1.誰に向けて書くのかを決める!]などの部分です。
よくブログ初心者が書く文章にありがちなのが、見出しがひとつもなく、ダラダラと本文を書きつづっているパターン。

日記ブログのような内容のうすいジャンルならそれでもOKですが、ノウハウ系のブログを書くのであれば長文になるため、見出しがないと読みにくいし、記事の中から必要な情報を見つけることが難しくなってしまいます。

記事を作るときには必ず「見出し」を作り、文章構成を整理して読みやすい記事にするように心がけましょう。また、見出しには「SEO」の効果もあります。これはのちほど説明いたします。

 

4.「読みやすい文章」で書こう!

漢字がやたら多かったり、句読点のつけ方が間違っていたり、改行や強調(太文字・色文字など)がなかったり、逆にあり過ぎてごちゃごちゃしたり…。

こういう文章では読者にストレスを与え、最後まで読んでもらえずに離脱しちゃいますよね。ごく当たり前のことですが、読者にとって読みやすくストレスのない文章をめざしましょう。

※これについては過去の記事[漢字・ひらがな・カタカナ|最適な割合は?]も合わせてお読みください。

 

5.ひと手間かけて「SEOを意識」

ブログ記事を書くときには、SEO(ネット検索で上位表示させる)効果を考えることも大切です。SEOには数多くのテクニックがありそれだけで分厚い本が書けてしまうほどですが…すべてを網羅する必要はありません。

下記の記事に“初心者が覚えておきたい最低限のSEO手法”をまとめてますので、ぜひ合わせてお読みください。
ブログのSEO対策|あなたのネット収入を劇的に増やす方法

 

6.「カテゴリ」「タグ」にも注意!

ブログ資料

ブログの記事をアップする際には、「カテゴリ」や「タグ」にも注意しましょう。これらを使いこなすことで、読者一人あたりが読んでくれるページ数が増えたり、SEOにも効果があります。

「カテゴリ」とは?

投稿した記事をグループ化するための機能です。読者が同じテーマの記事を探しやすくするメリットがあります。読者に伝わりやすいようにシンプルできれいな「カテゴリ」分けをしましょう。またカテゴリはサイト構造を整理する役割を果たし、検索エンジンにも好まれるためSEOにも効果があります。

「タグ」とは?

カテゴリを横断して、かつカテゴリよりも細かい単位でその記事のテーマを分類できる機能です。同じ話題が含まれている記事には共通のタグを設定しておくようにすると、ユーザーも検索しやすくなります。

 

7.SNSと連動させよう!

アップした記事は「Twitter」「FaceBook」「Google+」などのSNSにも投稿して宣伝するようにしましょう。SNSでシェアされると思わぬバズ(話題になり記事が広まること)を生んでアクセスが爆発的に増えることもあります。多くのブログサービスでは、これらのSNSと連動する(記事UP時などに自動的に投稿してくれる)機能がありますので、上手に活用しましょう。

また、基本的にSNSからのリンクはSEOに効果がないと言われていますが、唯一「Google+」だけはSEOへの効果が高いと言われていますので、活用を強くおすすめします。

 

いかがでしたか?
かなりざっくりと説明してしまいましたが、機会があればもっと詳しく具体的な利用方法を説明したいと思いますので、まずは自分ができそうなものから今すぐ実践してみてくださいね。

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※期間限定 無料プレゼント※
サーバーを契約した方全員にもれなく

独自ドメイン1本 永年無料!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。