ハイブリッド会社員

こんばんは。夫婦二人分の確定申告がようやく終わり、燃え尽きて真っ白になってしまったSanzzoです。

毎年毎年ぜったいに2月中に終わらせようと思ってるのに、結局いつも直前にほぼ徹夜で仕上げる…という夏休みの小学生みたいな自分に反省している今日この頃です。

さて話は変わりますが、あなたは去年1年間にいったいどのくらいの会社が倒産し、どのくらいの会社員がリストラになったかを知っていますか?

 

大企業の人員削減が止まらない…!

東京商工リサーチ社の調査レポートによると、2015年に倒産した企業はなんと約8,800社。その負債金額は21兆円超におよびます。

もちろん、倒産しているのは零細企業だけではありません。最近ではむしろ中小企業の倒産は減り、大企業の倒産が増えているのです。

去年もたくさんの大企業が大規模な人員削減を実施しました。たとえば…

2015年3月には、東証一部上場の日本たばこ産業株式会社(JT)が、1800人近くを人員削減しました。

5月にはシャープ(これも東証一部上場)が、全社員の13%にもあたる3,200名の人員削減をおこないました。

12月には巨額の粉飾決済にゆれた東芝(またまた東証一部上場)が7,800名のという大リストラを発表。

さらにあのソニー(もちろん東証一部上場)も2015年度末までに2100名のリストラをすると発表しています。ソニーは1999年から2015年までになんと8万人(!?)もの従業員をリストラしているんですよね…。

ちなみに1999年といえば私が就職活動でソニーの面接に挑み、見事に砕け散った年でもあります。

もし私が入社していたら…絶対にその8万人のうちの1人に入っていたでしょう。むしろ先陣をきってね。

もちろん大企業のリストラはこれだけではありません。

マクドナルド、ニッセン、アシックス、タカタ、旭化成、フォルクスワーゲン、損保ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和損保…などなど、数えあげればキリがないのです。

ほんの2、3年前までは飛ぶ鳥を落とす勢いだったあの会社が、気がつけば大赤字で大量のリストラをしていた…なんて話はもはや「あるある」なんですよね。

こうやって改めて見てみると、世の中にはもはや死ぬまで安心して勤められる会社なんて存在しないのだ!という事がわかります。

 

もうアンタ(会社)になんて頼らないんだから!

かくいう私なんぞは就職運が史上最強に悪く、新卒で入社したセブンイレブン会社を筆頭にどこに行ってもブラックだし…

いままでに勤めた会社のうち3社は入社後に吸収合併されて上場廃止になるし… 思い返せば、ひとつの会社にゆっくりと落ち着いて勤められたことなんて一度もありません

会社の業績が良いときも悪いときも、いっつも不安でした。

死ぬほど働いて業績を300%に伸ばし、次期取締役の内定を受けたこともありましたが…TOBで急きょ役員がみんな飛んでしまい、あっさりと話が流れてしまったこともあります。

そんなこんなで色々ジタバタと会社員を続けてきた結果、私はもう会社に希望をもつのをやめたんですよね。

もうアンタ(会社)になんて頼らないんだから!自分一人の力で生きていくんだから!」…と。

 

定年までに3,000万円の貯金が必要!

ちょっと私の話は置いておいて…将来のことを考えてみましょう。

わたしたちの老後には一体いくらお金がかかるでしょうか?所説ありますが、定年までにはだいたい3,000万円くらいの貯金が必要だと言われています。

なんで3,000万円なのかというと…下記の計算を見ていただければと思います。

【収入】
・60歳~65歳までは収入0円
・65歳から夫婦で手取り18万円の年金収入(固め予測)
・現時点の男性の平均年齢80+5年生きるとすると…
・収入合計=18万円×12か月×20年間=4,300万円

【支出】
・生活費=24万円/月(総務省の家計調査より)
・支出合計=24万円×12か月×25年=7,200万円

収入から支出を差し引くとマイナス2,900万円ですから…つまり定年までに3,000万円の貯蓄が必要なのですね。

実際には85歳で死なずにもっと長生きすることだってありますし、マイホームの修繕費(10年ごとに100~200万円)もかかります。賃貸の方は家賃や更新料がかかり続けますよね。

あとは医療費、葬儀代、趣味やレジャーなどのお金、人によっては高齢者向け施設に入る方もいることでしょう。そうなると、必要なお金は5,000万円を超えてしまうかも知れません…。

あなたは会社からもらう給料だけで、この巨額な貯金を作ることができますか?

 

副業をしないことの方が、もはやリスクなのだ!

繰り返しになりますが、こんな世知辛い世の中ですから、安定した大企業の社員だっていつ倒産やリストラになるか分かりません

リストラまでいかなくとも、給与の削減・ボーナスカット・退職金の減額…の可能性だって十分にあり得ますよね。または病気で働けなくなるかも知れませんし、ストレスでうつ病になってしまうかも知れません。

そうなったら収入はゼロになり、3,000万円の貯金どころか毎日の 生活さえ危うくなってしまいますよね。

会社からもらう給料だけに依存して生きていくなんて…もはや、そんなリスキーな方法で生きていく時代ではないのです。

つまり現代人にとって、「収入源を増やすことは必要不可欠である!」「副業をしないことの方がもはやリスクである!」と言えるでしょう。

 

副業(攻め) × 貯金術(守り)の両輪が大切!

ところで、あなたは貯金を増やすための方程式を知っていますか?

貯金=収入-支出

これが貯金を増やすための方程式です。

当たり前でしょ!って思いますか?しかし実際にはこれを実践できている人ってほとんどいません。

この方程式はつまり、貯金を増やすためには「収入を増やす」「支出を減らす」の2通りの方法があることを示しています。

しかしほとんどの人は、お金を貯めよう!貯金を増やそう!という時には「節約して支出を減らす」ことばかりを考えて、収入を増やすことには目がいかないんですよね。

大切なのは「副業(攻め) × 貯金術(守り)」の両輪を、同時に動かすことです。

誰もがうらやむ高収入を得ている人でも、実は借金まみれで貯金がゼロ…なんて人は意外と多いもの。逆に節約や家計管理に優れていても、収入が少なくてはなかなかお金が貯まっていきません。

「お金を稼ぐ力」と「お金をコントロールする力」の両方を手にして、ハイブリッド会社員ハイブリッドサラリーマンを目指すべきなのです。

 

「貯金力」と「副業力」の両立をめざすオンラインサロンを始めました!

今回こんな話をさせていただいたのは、ひとつ裏話がありまして…。

実はこのたび某企業と共同で、貯金力と副業力の両立をめざす貯金と副業塾」(PC閲覧がおすすめ)というオンラインサロンを開設させていただきました。

わたくしSanzzoのほか、株・不動産投資・マネー術…などさまざまな分野のプロフェッショナルが講師を務めています。

月1,600円の有料サロンではありますが、正直このくらいの金額なら最初の3か月ですぐにペイできてしまうほどの能力が身につくことと思いますよ。

インターネット副業のノウハウを学び、お金を稼ぐ能力、「攻めの力」を手に入れる

そして、家計管理・節約・貯金・資産運用…などのマネーテクニックを学び、「守る力」も手に入れる

副業 (攻め)×貯金術(守り)の両輪をフル回転させるハイブリッド会社員(ハイブリッドサラリーマン)をめざすオンラインサロン「貯金と副業塾」で、会社に依存せず自分の手で生きていく力を身につけましょう!

 

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※期間限定 無料プレゼント※
サーバーを契約した方全員にもれなく

独自ドメイン1本 永年無料!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。