WordPressで稼ぐなら!
【SEOに強い筆者愛用のレンタルサーバ】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

※10/31まで限定!独自ドメインが無料!!

転職回数が多いと就職に不利か?

突然ですが私はいままでに6回の転職を経験しています

私は生まれもっての根性なしというか… 社会不適合者というか…

嫌なことがあるとすぐに「もうやだ!会社なんて辞めてやる!」ってなっちゃう生粋のダメ人間なんですよね。

 

しかし私も妻と3人の子供と2匹の犬と35年ローンをかかえて生きていかなくてはなりませんので…

そのためにはアフィリエイターみたいな水商売だけをやっているわけにはいかず、

ブログでそこそこ稼げるようになった今も相変わらず、会社員としてサラリーをいただいているわけです。

 

しかし、いざ仕事を辞めて再就職!ってことを考えると「転職回数が多いと再就職に不利になるんじゃないか?」と不安になりますよね…。

たしかに転職活動の際の書類審査や採用面接において、転職回数は判断指標のなかの1つであることは間違いありません。

 

でも、ぶっちゃけ転職回数が多いことって本当に印象が悪いのでしょうか? 本当に不利になるのでしょうか?

そんな今回は“転職回数”をテーマに、そのメリット・デメリットを解説するとともに、人事採用担当者へのアンケート調査なども紹介させていただきたいと思います。

 

転職回数が多いことでのデメリット

転職回数が多いことでの手メリットは何?

まずはじめに、“転職回数が多いことによるデメリット”をいくつか挙げてみましょう。

書類審査で落とされることもある
面接時の印象が悪い
すぐに辞める人だと思われる
転職のたびに新しい知識が必要
社内のことがよく分からない
社内の人脈が狭くなりがち
転職のたびに膨大なエネルギーを消費

…etc.

 

やはり最大のデメリットとしては、転職回数が多いと転職活動において採用に不利にはたらくという点ですよね。

本当にそうなのか?については人事採用担当へのアンケート結果をのちほどお見せしますが…

どちらにせよ影響がゼロということはありません。大なり小なり採用結果に影響をおよぼすはずです。

 

転職回数が多いとどうしても「すぐに辞めてしまのではないか?」「なにか問題があるのではないか?

という目で見られてしまいますからね。

これは判断しているのが人間である以上しょうがありません。

 

ただし、これは面接などの際に「そうではない!」「ちゃんと理由や信念があって転職してきたのだ!」と自己PRすることで挽回は可能です。

だって考えてもみてください。

採用側としてもこの史上まれに見る“人手不足”の時代(※44年ぶりの高い求人倍率を更新中)において、

転職回数が少なく能力も高い理想的な人材なんてめったに見つからないわけですから…

少しくらい転職回数が多くても大目に見ざるを得ない、というのが採用する側のウラ事情なのです。

なので、ちゃんと納得のいくポジティブな理由さえあれば、転職回数が少しくらい多くたって大きなマイナスポイントにはならないんですよね。

 

また、もう1つのデメリットとしては“新しい知識・人間関係・会社のルールを学び直さなくてはならない”という点です。

これはかなり膨大なエネルギーを消費します。

(私くらい転職をくりかえしていると慣れてなんとも思わなくなりますが…笑)

まあ新しい環境になるわけですから、このくらいのアドバンテージは当然といえば当然。

つぎに説明するようなメリットで挽回すればいいだけの話です。

 

転職回数が多いことでのメリット

ではつぎに転職回数が多いことによるメリットを見てみましょう。

色々な業界で経験を積んできた
だから色々な知識・情報をもっている
成功例・失敗例もたくさん知ってる
だからアイデアがたくさん出てくる
ちょっとやそっとの事ではあわてない
プロパー社員を「幼稚だなぁ」と思える
知り合いが増え、人脈が広がる
変化に寛容になる
転職によって評価・印象をリセットできる

…etc.

 

どうですか? 意外とメリットが多いことがわかると思います。

転職回数が多いということはそれだけ経験や知識が多く、たくさんの成功事例や失敗事例を見てきたということです。

数多くの修羅場をくぐりぬけてきた“歴戦の戦士”というわけですね。

(というより自分自身をそのように演出し自己PRすることができれば、内定の確率は格段にあがります)

 

1つの会社で長年働いてきたプロパー社員はその会社についてのプロフェッショナルかも知れませんが…

違う視点から見ると、1つの会社しか知らない見識の狭い人間とも言えます。

そういうプロパー社員にはない豊富な経験・見聞・人脈をもっているということは、企業側にとっても魅力的なんですよね。

 

人事採用担当者はどう考えている?

では、転職回数が多いことについて実際の人事採用担当者はどう思っているのでしょうか?

企業の 人事採用担当に取材したアンケート調査の結果があるので、彼らの本音を見ていきましょう。

 

転職回数が多いって何回くらいから?

転職歴が多いと感じるのは何回から?

上記は「転職回数は何回くらいあると気になるのか?」についてのアンケート結果です。

これを見ると1~2回くらいの転職であれば、採用・不採用にほとんど影響をあたえないことが分かります。

なかには「まったく気にしない」という回答が1割以上もあります。

 

その人が何歳なのか?どの業界なのか?によっても変わってくると思いますが、

30代は転職回数が3回 40代は転職回数が5回を超えたあたりから、人事採用担当社は「この人は転職が多いな」と感じるようですね。

 

転職回数が2回以上ある人を採用したことはある?

転職回数が2回以上ある人を採用したことはある?

転職回数が2回以上(つまり3社以上)の求職者を採用したことのある企業は、全体の80~90%にものぼります。

転職に対して寛容な企業が増えてきた証でもありますね。

 

いままでに最高で転職回数が何回くらいの人を採用した?

いままでに最高で転職回数が何回くらいの人を採用した?

これを見ると、転職回数3回~5回くらいであれば、まだまだ積極的に採用をしよう!という企業が多いようですね。

なかには10回以上転職している人を採用したことのある企業もチラホラあります。

 

「退職理由」でマイナスな印象をあたえるものは?

「退職理由」でマイナスな印象をあたえるものは?

採用面接でかならず聞かれる質問の1つが前の会社の“退職理由”です。

NGワードとしては「体調を崩してしまって…」などの健康面での理由

まあ、どこの企業だって病気がちな人やメンタル面に不安がある人は採用したくないですよね。あたり前ですが。

経営方針が合わなかったとか、給料などの条件が悪かったなどの理由もマイナスの印象をあたえる可能性が高いので注意しましょう。

 

「退職理由」でプラスの印象をあたえるものは?

「退職理由」でプラスの印象をあたえるものは?

圧倒的に心象がいいのが「キャリアアップ」「やりたい仕事があって」などのポジティブな理由によるもの。

あとは「会社の業績が悪化し、部署自体がなくなってしまいやむなく…」みたいな理由もそこまで心象は悪くないようです。

 

私も過去に100回以上の中途採用面接を経験してきましたが、

採用を勝ち取ることができたのは、確かにポジティブな自己PRが功を奏したパターンだけです。

 

個人的に考える必勝法としては“とにかく熱く!テンション高く!ポジティブにその企業で何を実現したいのか!をアピールすること”です。

また、この夢を語るためには「退職理由 → 志望動機 → その会社で実現したいこと」という一貫したストーリーが必要ですので、

単純に退職理由を考えるだけではなく、志望動機にいたるまで“矛盾のないようなストーリー展開”を考えておきましょう。

そうすればかなり高い確率で採用にいたるはずです。

※2006年9月に実施された「インフォプラント」による企業の中途採用担当者へのアンケート結果を当サイトがグラフに再構成

 

過去6回も転職している筆者はどうか?

私自身の話もさせていただきますね。

冒頭にも書かせていただいたとおり、私はいままでに6回の転職をし合計7つの会社を経験してきました

 

経験してきた業界は以下の通り。

1社目:教育業界
2社目:ゲーム業界
3社目:コンビニ業界
4社目:広告代理店
5社目:アプリ開発ベンチャー
6社目:人材サービス・転職業界
7社目:IT業界
※身バレ防止のため適度にぼかしています。

…はい、自分でも「転職しすぎだろ!」と思います。すみません。。

ちなみに面接で“転職理由”を聞かれたり、“転職回数の多さ”を指摘された際には

Webマーケティングの分野で自分を磨くため」という“キャリアアップの一貫性”と、

会社の業績が急激に悪化したため」「会社がM&Aされて部署自体がなくなったから」という“自分ではどうしようもできない理由”を伝えるようにしています。

もちろん面接の勝率は100%ではありませんが、この理由であればかなりの高確率で採用にいたることができています。

(そもそも転職回数が多いことに懸念をもたれた場合は、書類審査の時点でふるいにかけられているイメージですが…)

 

まぁ6回も転職してるこんなポンコツな私でさえ それなりの内定が出るのですから、みなさんもけっして悲観する必要はないと思いますよ。

 

転職回数が多くても採用されるコツ

この人手不足のご時世、人事採用担当もぜいたくを言ってられないので、ちょっとくらい転職回数が多くたって採用します。

というか採用せざるを得ないというのが実状なのです。

 

それどころか最近では、「転職したことがない人を採用するほうがリスクである」と考える企業も増えてきました。

これは1つの会社しか経験のない人材のほうが、多様性や変化への対応力において弱いので、

(言い方は悪いですが)即戦力にならない、使えない、という考え方が定着してきたからですね。

これは私自身もふくめ転職回数の多い人間にとってはあきらかな追い風と言えるでしょう。

 

しかし油断は禁物です。

健康面などのネガティブな理由、自分勝手な理由(金銭面・条件面とか)で会社を辞めてきた人は難しいです。

面接官に心象が良いのは、いままでの転職から得た経験・知識などをアピールし、ポジティブに転職をしようとする人です。

少なくとも「そういう人材である!」ということを“自己演出”して矛盾なくスラスラと話せるようになっていないと採用は難しいと思いますよ。

 

転職回数が多くても採用されるコツ

ポジティブな退職理由をアピール
「キャリアアップのため」が好印象
「体調を崩して…」などは避ける
退職理由→志望動機は一貫性あるものに
いままでの仕事内容・実績を整理
どんな経験・知識を得てきたか?
自分の強み・得意なものはなにか?
その強みをどう活かせるのかを自己PRする

 

まずは、いままで培ってきた実績・経験を整理しましょう。

そして、どんなことで業績に貢献できるのか?活躍できるポイントはどこなのか?をなるべく具体的にまとめておきましょう。

 

転職回数が多いからこそ、御社の●●●に貢献できるのです!!」 …くらいに自己分析&企業研究ができれば、まず間違いなく面接官を納得させることができるはずですよ。

 

今が「転職の絶好期」といわれる理由とは?

あなたは「有効求人倍率」という言葉を知っていますか?

有効求人倍率とはかんたんに言うと、求職者数(仕事を求める人)に対する求人数(仕事の数)のことです。

つまり求人倍率が1.0を上回ると仕事が欲しい人よりも人手が欲しい企業が多くなる、いわゆる「人手不足」の状況になります。

で、いま現在(2018年3月)の有効求人倍率は1.59倍。

なんと1973年以来44年ぶりの高水準で、バブル期を超える“史上空前の人手不足”というわけです。

これほどの人手不足ですから、当然 転職したい人にとっては希望通りの(いや希望以上の)理想的な転職を実現させるビッグチャンスなんですよね。

この好景気がいつまで続くか分かりませんから、少しでも転職の可能性があるひとは、いまから転職に関する準備をはじめておくべきなのです。

 

転職の準備を進めるには、まずは「転職エージェント」「転職サイト」に登録することです。

下記におすすめの転職サービスのランキング(求人数・顧客満足度・転職実績などで判断)をまとめておきましたので、

まずは自分に合いそうなサービスに複数(2~3くらいがおすすめ)登録しておきましょう。

いずれも完全に無料ですし、登録したからといって必ずしも転職してなくてはいけないわけではありませんので、ぜひお気軽にどうぞ。

1位:パソナキャリア

オリコン顧客満足度70.39pt
転職支援実績は25万人も
年収アップに力を入れている
人材ビジネス大手のパソナが運営

筆者も毎回お世話になっているパソナ。 顧客満足度が高く、親切できめ細かい対応が個人的にかなり気に入っています。求人数は業界トップクラス。 転職支援実績は25万人、取引実績企業は1万6千社以上という圧倒的な実績です。

 無料登録はこちら

2位:DODA

転職者満足度No.1
日本最大級の求人数
非公開求人:約8~9万件以上
オリコン顧客満足度69.74pt

人材ビジネス大手のインテリジェンスとテンプスタッフが統合してできたパーソルグループの正社員転職サービス。他では手に入らないDODA限定非公開求人はなんと8~9万件以上!20~30代の大卒がメインターゲットです。

無料登録はこちら

3位:マイナビエージェント

20代の転職で信頼度No.1
取引社数1万5,000社以上
オリコン顧客満足度69.51pt
親切・丁寧な転職サポート

マイナビの人材紹介サービス。キャリアアドバイザーからの親切・丁寧なサポートで、20代の転職で信用されている転職エージェントNo.1に。求人案件数でやや見劣りはするものの、転職がはじめての人でも安心して活動を進められる。

無料登録はこちら

4位:リクナビNEXT

圧倒的な求人数は日本No1
新規求人が毎週1,000件以上追加
全年代対応&幅広く多種多様な求人
オリコン顧客満足度66.10pt

求人企業の多さは国内No1!圧倒的な求人数と信頼のリクルートブランドが魅力。20~40代以降の全年代に対応しており、幅広く多種多様な求人があります。

ちなみに転職エージェントがサポートする形式ではなく、自分で求人を検索してエントリーする方式のWebサービスです(もちろん並行してエージェントに相談することも可能)。

無料登録はこちら

5位:ワークポート

IT・Web・エンジニア系の転職に強い
IT業界未経験でも徹底的にサポート
最近もっとも勢いのある転職サービス

他と比べてやや知名度は落ちますが、IT・インターネット業界を中心に、幅広い分野で事業をおこなう総合人材紹介会社です。常時15,000件以上の求人案件があり、転職相談実績は25万人を超えています。 リクナビNEXTの「転職決定人数部門」で1位を獲得。

無料登録はこちら

 

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※10/31(水)まで限定!
いまエックスサーバーを契約すると…

独自ドメイン1本を
無料プレゼント

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。