文書作成
みなさんは、句点[。]読点[、]の“正しい使い方”を意識したことはありますか?実は、最後まで読まれる文章、読んでいてストレスにならない文章を作るために、句読点はとても大切な役割を担っています。

そこで今回は、句読点のルールを9個のトピックにまとめてみました。

“まちがった句読点”は離脱の原因に?

ブログ記事をはじめ、あらゆる文書を作成するうえでとても大切なポイントとなる句点(くてん)[。]と読点(とうてん)[、]の使い方。

普段なにげなく使っているこの句読点ですが、正しい使い方を知っているという方は意外と少ないのではないでしょうか?

句読点のルールが無視された文書は、とても読みにくく内容が頭の中に入ってきません。これでは読者に余計なストレスを与えてしまい、直帰率を高めたりリピート率を下げてしまう原因にもなるでしょう。

逆に、正しいルールに則ってつくられた美しい文書は、すいすいと読み進めることができ内容もスムーズに伝わります。ストレスを感じないため、記事を最後まで読んでもらえますし、他のページへ移動してくれる率も高まるでしょう。

 

最適な文章の“黄金比”とは?

正しい文章作成

具体的なルールの説明に入る前に、1つの文(文頭から句点[。]まで)における“最適な文字数と最適な読点[、]の数”について解説しておきましょう。

上手な文章テクニックは文章のプロに学べ!ってことで、プロのライター・記者が書いた美しい文章をいくつか選び、それぞれ「一文の文字数」と「一文の読点の数」について計測し平均値を出してみました。それが下記です。

一文の文字数=52.2文字
一文の読点数=1.49個

つまり、1つの文は約50文字で書かれており、1つの文中に1〜2個の読点が使われているということですね。
(↑ちなみにこの一文がその黄金比率になっています。)

 

読点の使い方・ルール

では具体的なルールを解説していきましょう。まずは読点[、]のルールからです。

1.長い主語の後に

読点[、]は通常、文章の「主語」「主題」のあとに打つのがルールです。特に長くなってしまった主語のあとに打つことで、“ここまでが主語ですよ”と分かりやすく読者に伝えることができます。

逆に短い文章の場合は、読点がないほうが読みやすい場合が多いです。文章の読みやすさや意味の伝わりやすさを考慮し、上手に読点を使いこなせるようにしましょう。

例:戦いに疲れた悟空は、ブルマと一緒にお風呂に入った。
例:白い筋斗雲に乗った少年が、家の前を横切っていった。

2.重文・複文の区切りに

ひとつの文章の中に[主語+述語]のかたまりが複数あるものを、「重文」または「複文」と言います。重文では、途中で読点[、]で区切りをつけた方が読みやすくなります。

例:悟空は明日の天下一武道会のため早めに寝たが、クリリンは夜の街にくりだした。

3.接続詞・副詞のあとに

接続詞(しかし・だから・また・あるいは 等)や一部の副詞(もし・なぜなら・決して 等)、またはこれらと似たような働きをする語句の後に打ちます。

必ずしも必要なわけではないですが、意味が強調されるため文章の意味が伝わりやすくなり読みやすい文章になります。

例:実はクリリンだってそれなりに強い。しかし、サイヤ人の前ではなすすべがない。

4.並列関係にある単語の区切りに

並列関係にある語句をいくつか並べる場合、その区切りに使う場合があります。

例:これはクリリン、天津飯、ヤムチャの分!

ちなみに、私は上記のように単語をいくつか並べる場合、読点ではなく中黒(なかぐろ)[・]を使う方が好きです。好みの問題ですが、要は読者にとって読みやすいように配慮されていればOKだと思います。

5.誤解釈を防ぐために

読点[、]を打つ位置によっては、同じ文章がまったく違う意味に変わってしまうことがあります。修飾語と修飾される語句との関係が分かりやすいように読点を打つ必要があります。

例:ベジータは嬉しそうに闘うトランクスを眺めた。

意味1:ベジータは、嬉しそうに闘うトランクスを眺めた。
意味2:ベジータは嬉しそうに、闘うトランクスを眺めた。

このように、読点の位置によって文章の意味が変わることもあります。伝えたい内容が正しく伝わるように注意しましょう。

6.漢字・カナの連続を防ぐために

漢字・ひらがな・カタカナなど、同種類の言葉が連続すると読みにくくなってしまいます。この連続を避けるために読点を打つことがあります。

例:そのためには、ただただこのカリン塔を登るしかないのだ。
例:その瞬間、桃白白の顔色が変わった。

 

句点の使い方・ルール

次に句点[。]のルールです。句点は基本的にその文章の終わりに使いますが、それ以外にも下記のようなルールがあります。

7.句点はカッコの後に

文章の最後にカッコ()を使うときには、カッコの後に句点を打つのが基本的なルールです。

例:孫悟空の師は亀仙人である(亀仙人の別名は武天老師)。

8.カッコの前に打つ例外も

参照元、筆者名などを文章の最後に記載するときは、カッコの前に句点を打つこともあります。

例:へっ!きたねぇ花火だ。(ドラゴンボール名言集より)

9.感嘆符・疑問符の後には打たない

感嘆符[!]や疑問符[?]の後ろには句点は打ちません。

例:クリリンのことかーーー!!!!

 

最後に|文章作成の鉄則

文章構成

以上、句読点に関するさまざまなルールをご紹介させていただきましたが、その上で読者の皆さま方には是非とも守っていただきたい“文章作成の鉄則”がございます。

それは、「読者にとって読みやすい文章を作ること」です。

…あたり前ですみません。しかし、さまざまなルールの目的はすべてこの「読みやすい文章」に帰結します。ルールを何がなんでも遵守するというよりは、読者にとって最も読みやすく理解しやすい文章を最優先で意識するようにしたいですね。

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※9/29まで エックスサーバー契約で独自ドメインを無料プレゼント

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。