ブログ記事のリライト

みなさん、ブログ記事やアフィリエイト記事の「リライト」ってやっていますか?

「リライト」とは、過去に公開した記事の内容やタイトルを修正したり、追記するなどで手を加えて再度公開することです。

以前にこのブログ部でも[【劇的リライト術】過去記事のリライトでPV&収益が激増する5つのステップ]という記事でそのノウハウをまとめさせていただきました。

 

最近「検索順位が上がるテクニック」「SEOに効くテクニック」として知られるようになってきたリライト術ですが、

理論としてはわかっていても自分のなかで成功体験がなかったので、いまいち積極的になれなかったんですよね…。

 

ただ今回実際にリライトをおこなってみて、自分でもビックリするような結果が出たので

ぜひ共有させていただきたく、筆を取らせていただきました。

今回の内容は、必見ですよ!!

 

リライトの結果報告

今回リライトをおこなった記事は“足のニオイ対策”について解説した下記の記事です。

「足が臭い」は100%治る!30年間足のニオイと闘ってきた僕が無臭になった理由。

まずは下記のグラフをご確認ください。

リライトによる検索結果順位の推移グラフ

 

もともと3ページ目前後でふらふら漂っていた記事なんですけど、リライト直後にいきなり1ページ目に入ってきたのでビックリ!

なかには100位圏外から一気に上位5位以内に入ってきたキーワードもあります!マジかよ!?

「足 臭い」系のキーワードっていずれも検索数の多いビッグワードなので、これは美味しいですよね。

 

ちなみに効果をわかりやすく数値化してみると下記の通り。

(スマホは横スクロールします↓)

キーワード 月間検索
ボリューム
リライト前
 平均順位
リライト後
平均順位 
足 臭い 41,630 63 9
足が臭い 24,201 27 8
足の匂い 13,201 33 17
足 におい 3,681 23 16
足 消臭 2,300 46 22
足がくさい 1,180 44 76
臭い足 960 (未計測) 2
足 殺菌 220 (未計測) 2
足 防臭 161 (未計測) 11
足 雑菌 69 (未計測) 10

※リライト前は直前1ヵ月間の平均値
※リライト後は直後4日間の平均値

めちゃくちゃ爆上げしてますね。

…まあ、もうちょっと観察してこの順位をキープできることを確認しないとなんとも言えないですが、

とりま、初速としてこの結果はほんと凄いです。

まさか圏外から1ページ目に上がるとは思いませんでした。

 

「リライト」は本当に効果が、ありま~す!(小保方 晴子 風)

ブログやアフィリエイトでお金を稼ごうとする人なら、リライトを知らないないと本当に損をしますね。

 

ブログ記事のリライト手順(おさらい)

効果が実証されたところで、記事のリライト手順についておさらいをしておきましょう。

【記事リライトの5ステップ】

❶検索順位2~3ページ目にある自記事(=リライト対象の記事)をピックアップ

❷1ページ目にいるライバル記事を読んで、自記事になにが不足しているのか?を調べる

❸そこからユーザーの悩み&求めている情報が何か?を考える

❹今よりユーザーの役に立つ記事になるよう、新しい要素を加えつつリライトする

❺本文はもちろんのこと、「記事タイトル」「見出し文」「話題の順序」も見直す

 

それぞれの詳細については、前述した過去記事にくわしく書いてありますので、そちらをご確認ください。

 

簡単に説明すると、

まずはリライト対象となる記事をピックアップする作業。

サチコ(=Google Search Console)などを利用して検索結果の2〜4ページ目くらいにある自記事に狙いをさだめます。

 

なぜ2〜4ページ目かというと、

Ⓐ 1ページ目 …高評価の記事

Ⓑ 2〜4ページ目 …一定の評価をうけてはいるが、他サイトよりも評価が劣る記事

Ⓒ 5ページ目以降 …評価が低い記事

 

AはすでにGoogleの検索エンジンから高い評価を得ているため対策をおこなう必要がなく、 Cはリライトしても順位を上げるのが難しい。

Bはすでに一定の評価を得ているので、リライトすることで順位が上がる可能性が高いからですね。

 

上位(1ページ目)にいるライバルサイトに書かれている内容をチェックするのは、

検索上位にいるGoogleに評価されている検索ユーザーのニーズに応えているからです。

ユーザーのニーズ、つまりその語句で検索してきた一般消費者が抱えている悩みや問題を正しく知り、

それを解決してあげるための内容を、リライトによって自分の記事にも盛り込んでいくのですね。

 

もちろん不必要な内容があれば削ります

ユーザーが求めている情報と関係のないことが長々と書いてあっても喜んでもらえませんから、

時にはバッサリと削除することが必要なのです。

 

ただしあなたの記事にしかない情報(=オリジナリティ個性)までを消してしまわないようにしましょう。

オリジナリティがすべてなくなってしまったら、それは単なるコピー記事ですからね。

オリジナリティの薄いコピーコンテンツはGoogleにまったく評価されませんので注意です。

 

具体的にどうリライトしたのか?

リライトのためのキーワードマッピング

今回私が実際にどんなリライトをおこなったのか?を簡単に説明しておきましょう。

記事タイトルのリライト

【元のタイトル】
足が臭いヤツ感涙!猫が狂うほどクサイ僕の足が無臭になるまでの感動ストーリー(涙)

【新しいタイトル】
「足が臭い」は100%治る!30年間足のニオイと闘ってきた僕が無臭になった理由。

 

意図としては、元のタイトルは自分なりにキャッチーかな?と思ってつけたのですが…

反応はイマイチ(汗)だったので、小細工なしの正攻法っぽいタイトルに変更しました。

 

また、元のタイトルには「臭い」「クサイ」と無駄なキーワード重複がありましたが、

新しいタイトルには「臭い」「ニオイ」と重複を解消し新しい語句を加えました

 

冗長な“前置き”を削除

元の記事は、本文の冒頭に長々とした前置き(過去の体験エピソード)が結構なボリュームで書いてあったのですが…

これをバッサリと削除して、最低限のエピソードに圧縮させました。

意図としては、読者がなるべく早い段階で“本題”に進めるようにです。

 

変な“例え”をリライト

元の記事には、足のニオイの原因を「闇の魔王」、ニオイ対策を「光の戦士」に例える変な比喩がありました(笑)

私なりにこの強豪のひしめくレッドオーシャンの分野で、オリジナリティを出そうと頑張った結果だったのですが…

これも全然おもんないし、逆に分かりにくいだけだったので、正攻法な内容にリライトしました。

 

比較表を追加

読者がニオイ対策を比較検討しやすいように、各施策ごとの効能や料金、メリデメを一覧化。

 

ビジュアルで分かりやすく

比較表もそうですが、箇条書きや、重要な部分を枠で囲むなど、

ビジュアル的に分かりやすいように書き方を工夫しました。

 

…まあ大体こんな感じでリライトしました。

 

“セールス ライティング”の技術を導入

今回、リライトの指針として取り入れた方法として「セールス ライティング」の技術があります。

セールス ライティングというのは“読者の直接的な行動(購入)をうながす文章術”のことです。

今回はそのなかでも特に“話の順序”や“話題の進め方”にセールス ライティングを反映させました。

【売れる話の順序テンプレ】

❶読者が抱える悩みを列挙(共感)

❷悩みの原因はなにかを解説(納得)

❸悩みの解決策をいくつか提示(提案)

❹おすすめの解決策を提示(絞り込み)

❺おすすめの理由を書く(商品の説明)

❻どんな人におすすめか?(自分事化)

❼口コミやQ&A(安心)

❽今すぐ買うべき理由(行動促進)

 

すべてこの通りに書く必要はないのですが、だいたいこんな順序で話を進めていくと

スムーズにご購入いただけると思います。

 

「リライト」はブログ運営のルーティンに

さてさて、そんなこんなで話が長くなってしまいましたが…

(余計な話を盛り込んで話が長くなるのが私の悪いクセです)

今回はブログ記事やアフィリエイト記事の「リライト」というテーマでお話しさせていただきました。

 

偉そうに「劇的リライト術」なんて大それたタイトルの記事を過去に書いてしまっていただけに…

無事に検索順位を爆上げできて本当によかったです。ホッとしました。

 

まだ順位が安定するかどうか分かりませんが、こんなに効果があるならブログ運営のルーティンとして積極的に取り入れていきたいですよね。

記事をとりあえず生産する!

惜しい順位の記事はリライト!

得られた示唆を活かしてまた記事生産!

 

このルーティンを繰り返していけば、かなり効率的にアクセス(検索流入)を伸ばしていけるんじゃないでしょうか。

新しい記事をどんどん生産していくのも大切ですが、

リライト術を駆使して、過去記事のアクセス改善に取り組むのも、おなじように大切ですよ!

みなさんも是非、リライトに取り組んでみてください!

ではまたね〜☆
[文:Sanzzo]

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※11/30(木)18時まで限定
エックスサーバー契約で独自ドメインを
無料でプレゼント!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。