レンタルサーバー比較!エックスサーバー、さくらサーバー、ロリポップ!

WordPressなどでブログやアフィリエイトをはじめる際にまず最初に必要になってくるのが『レンタルサーバー』です。

でもレンタルサーバーってたくさん種類があるのでどのサーバー会社を選ぶべきか?どのプランが良いのか?よく分からないですよね…。

最初から高性能すぎるものを選んでもお金がもったいないですし、低スペックなものを選んでしまって途中でアクシデントが発生する…なんてのもよく聞く話です。

そんな今回は「レンタルサーバー界の三強」である下記3サービスについてを徹底比較し、おすすめの1本を決めていきたいと思います。

エックスサーバー
さくらサーバー
ロリポップ!

それぞれの特徴やスペックの比較、メリット・デメリット、筆者が実際に使ってみての感想などなど…

これから新しくレンタルサーバーを契約しようとしている人、レンタルサーバーの移転(引っ越し)を検討している方は、ぜひ最後までお付き合いください!

レンタルサーバー 比較一覧表

まずはこの3つのレンタルサーバー「エックスサーバー」「さくらサーバー」「ロリポップ!」の比較を一覧でお見せしましょう。

※横にスクロールします。
※サーバー名をクリックすると公式サイトに飛びます。

 サーバー

プラン 月額費用
(税抜)
初期費用
(税抜)
ディスク
容量
マルチ
ドメイン
メール
アドレス
MySQL Word
Press
転送量
の目安
独自
SSL
自動
バックアップ
エックス
サーバー
X10 ¥900 ¥3,000 200GB 無制限 無制限 50個 70GB/日 無料 無料
X20 ¥1,800 ¥3,000 300GB 無制限 無制限 70個 90GB/日 無料 無料
X30 ¥3,600 ¥3,000 400GB 無制限 無制限 70個 100GB/日 無料 無料
WPX ¥1,000 ¥5,000 30GB 10個 無制限 10個 50GB/日 無料 無料
さくら
サーバー
ライト ¥119 ¥953 10GB 20個 無制限 × × 40GB/日 × ×
スタンダード ¥477 ¥953 100GB 20個 無制限 20個 80GB/日 × ×
プレミアム ¥1,429 ¥953 200GB 30個 無制限 50個 120GB/日 × ×
ロリポップ! エコノミー ¥100 ¥1,500 10GB 20個 410個 × × 40GB/日 × 無料
ライト ¥250 ¥1,500 50GB 50個 無制限 1個 60GB/日 無料 無料
スタンダード ¥500 ¥1,500 120GB 100個 無制限 30個 100GB/日 無料 無料

 ディスク容量
サーバーに保存できるデータ(文字・画像・動画)などの容量のこと。個人でレンタルサーバーを借りるのであれば10GBもあれば充分だと思います。

 マルチドメイン
1つのサーバーで複数のドメイン(≒サイト)を管理できること。

 MySQL
無料のデータベースソフト。WordPressはサイト情報をデータベースで管理しているのでWordPressを動かすためにはMySQLが必要。サイトを1つ運営するだけであればMySQLも1つでOK。

 データ転送量(目安)
サイトを閲覧する際にサーバー側からユーザー側に送られるデータ量の上限。アクセスが多くなった場合、サーバー側は負担抑制のためにデータ送受信の容量制限をする(=繋がらなくなる)。ただしレンタルサーバーなどの「共用サーバー」は、1サーバーを複数の運営者が共有することになるので、この数字にそれほど大きな意味はない。

 独自SSL
SSLとはデータを暗号化して送受信する方法で、データ改ざんやなりすましなどの不正を防ぐことができる。

次はそれぞれの特徴や使用感をそれぞれくわしくご紹介したいと思います。

 

エックスサーバー

エックスサーバーの会社エントランスのロゴマーク

【エックスサーバーの特徴】

◎ サイト表示が圧倒的に速い
◎ サーバー稼働が安定している
◎ 容量もかなり大きいので安心
◎ 初心者にもわかりやすい・迷わない
◎ 24時間365日のサポート体制
◎ 独自SSLが無料で使える
△ 料金が他のサーバーより高い

 

結論から先に書いてしまうと、筆者がもっともおすすめするのは『エックスサーバー』です。

エックスサーバーはとにかく速い!

エックスサーバーはHDDからSSDに変更

エックスサーバーで注目すべきは、その圧倒的なサイト表示速度の速さ

エックスサーバーはSSD式なので、物理的な待ち時間が発生する他のHDD式サーバーに比べ、なんと40〜50倍も速いのです。

表示速度が速いというのは、読者のストレスを軽減できるとともに、検索順位にも好影響をおよぼします。

収益に直結する部分なので、重要視したいですね。

エックスサーバーは超安定!

エックスサーバーは繋がりやすくて安定しています。なんとサーバーの稼働率は99.99%以上

稼働率とは1年間でサーバーが正常に稼働している割合のこと。99.99%なら正常に稼働していないのは年間で50分くらいだけということになります。

ディスク容量もデータ転送量も充分な量が確保されているので、個人サイトならまず問題になることはないでしょう。

 筆者も使ってる!高性能サーバー

実は、私もつい最近このブログ部を『さくらサーバー(スタンダード)』から『エックスサーバー(X10)』に移転させました。

さくらサーバーの時は頻繁にサーバーエラーを起こして繋がりにくい状態だったのですが…

エックスサーバーに移転してからはまったく問題なくサクサクと表示されています。さすが高性能と謳っているだけのことはありますね。

初心者にも分かりやすい!

また、エックスサーバーの管理画面は初心者にも分かりやすい作りになっています。初めてレンタルサーバーを借りる人でもほとんど迷いません。

電話によるサポートや、24時間体制のメールサポートもあり、休日や夜中に作業をする人にとっても嬉しいサポート体制が敷かれています。

親切で丁寧な対応で、私みたいなテクノロジー音痴にも嬉しいです。

独自SSLがなんと無料!

さらに、エックスサーバーでは独自SSLを無料で利用できます。

SSLというのはデータを暗号化することで、安全な通信をおこなうための仕組み。「http」を「https」にします。

エックスサーバー独自のSSLを無料で導入できるうえに、設定もとても簡単。

GoogleもSSLを推奨(逆にSSLにしていないと警告が表示される予定)にしていますので、検索からのアクセスを考えるとSSLは必須になります。

料金は高いが…コスパは優秀!

ブログの種類

エックスサーバーのデメリット(欠点や弱点)を挙げるとすれば…

今回ご紹介させていただいているレンタルサーバーのなかでは最も料金が高いことですかね。

ただし、どちらかと言うと他のサーバーの方が「安かろう悪かろう」というイメージです。

実際、私がさくらサーバーとロリポップを使ってみた感じでは、前述の通りアクセスが増えてくるとすぐにサーバーエラーになってしまうといった状況でしたし。

その点、安定性や性能面でみるとエックスサーバーは非常にコストパフォーマンスに優れた優秀なレンタルサーバーだと断言できます。

エックスサーバーのおすすめプランは?

エックスサーバーのおすすめプランは?

もしあなたがWordPressによるブログやアフィリエイトサイトの開設を考えているなら、このエックスサーバーが最適だと思います。

初心者なら最もベーシックな『X10』プランで充分。

ブログやサイトが大ヒットしてアクセスが爆増するようであればX20以上や専用サーバーなどを検討してください。

エックスサーバーX10はこちら

また、エックスサーバーにはWordPress専用のレンタルサーバーである『wpX』というプランもあります。

wpXはX10と比較してやや料金が高いのにスペックとしては見劣って見えますが…

WordPressだけに特化した高速化の仕組みを取り入れており、大量アクセスにも強い中・上級者向けのレンタルサーバーと言えます。

エックスサーバーwpXはこちら

※ちなみに、今ならエックスサーバーを契約すると無料で独自ドメインを1本プレゼントされます。更新料もふくめてずっと無料ですので、ぜひこの機会にどうぞ!(9月29日まで)

 

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーロゴマーク02

【さくらサーバーの特徴】

◎ 老舗の安心感
◎ 安い(初期費用がおさえられる)
△ 容量はそこそこ
△ マルチドメインに制限がある
△ MySQLに制限がある
△ 独自SSLがない
△ 自動バックアップがない
× サポート対応は遅いし不親切
× 初心者には分かりにくい管理画面

 

レンタルサーバーで最も知名度が高いのは、老舗のさくらインターネットが運営する『さくらサーバー』(さくらのレンタルサーバー)だと思います。

老舗の安心感!さくらインターネット

さくらサーバーを運営するさくらインターネットは、創業20年以上の歴史をほこる老舗です。

さくらインターネット: 1996年設立
ロリポップ: 2001年サービス開始
エックスサーバー: 2004年設立

今回ご紹介している3サービスのなかでももっとも歴史が古く、1996年からサーバーホスティング事業を展開しています。

…まぁ古ければ良いってわけではないですけどね。安心の材料にはなると思います。

ちなみに、2011年3月11日の東日本大震災のときにも、さくらインターネットのデータセンターは被害がゼロだったそうですよ。

WordPressはスタンダード以上から!

WordPress開設のステップ

さくらサーバーは最安の「ライト」プランではWordPressの開設ができませんのでご注意ください。

WordPressが開設できるのは「スタンダード」プラン以上からです。

スタンダードプランはディスク容量100GB、1日の転送量80GBと充分なスペックがあります。

…が、前述の通りこのブログ部でさくらサーバーのスタンダードプランを使っていた時はエラー出まくりで大変な思いをしました。。

まぁ偶然わたしが入っていたハコ(共有サーバー)が運悪くたまたまアクセス過多だっただけかも知れませんが、

そんなこんなで個人的にはさくらサーバーに良い想い出がありません。

安い!…けど割高感がある?

スタンダードプランは月額500円弱、初期費用1000円弱という大変お手頃な料金設定になっています。

ただ、正直に言って性能のわりには“割高感”があるというか…

月500円を払ってスタンダードプランを借りるよりはもう一段階上の「プレミアム」プランを借りるほうが安全ですし、

プレミアムプランよりはエックスサーバーのX10の方が高性能で安いという、なんとも中途半端なポジションなんですよね。

マルチドメインやMySQLにも制限があるので、正直“安い”という以外にはなんのメリットもないように感じます。

分かりにくい管理画面&塩対応サポート…

わたしがさくらサーバーをおすすめしない理由はこれ。

分かりにくい管理画面、不親切な説明やマニュアル、そして回答が遅く問題を解決してくれないカスタマーサポート

以前の記事(さくらインターネットの劣悪ユーザビリティと塩対応にマジ切れ5秒前!! )にも書きましたが、

さくらサーバーのサポートは基本的に塩対応。つまり不親切で冷たいです。

問い合わせしても返事がくるまでに平均3日間くらいかかるし、解決方法とかを聞いても丁寧に教えてくれることはありません。「自分で調べてね」というのが基本姿勢のようです。

「オレだけが嫌われてるのかなぁ?」とググってみると、さくらサーバーの塩対応はかなり有名なようでネガティブな評判や口コミが出てくる出てくる…。

もしあなたが自分自身でトラブルを解決できるノウハウを持っていないのであれば、さくらサーバーは避けたほうがいいかもしれないですね。

さくらサーバーのおすすめプランは?

ブログ開設の前に知っておきたいトピックス

さてさんざん腐してきましたが、それでもさくらサーバーは実力あるレンタルサーバー屋の一角であることは間違いありません。

もしあなたが「大きなアクセスは望まない趣味のブログを運営する」のであれば、まずはさくらサーバーの『スタンダード』プランを選ぶというのも悪い選択肢ではありません。

「ブログとアフィリエイトで稼いでいきたい!」という方であればエックスサーバーを推奨しますが、

「個人サイトをこれから開設するよ」というレベルであれば、さくらサーバーの『スタンダードプラン』でスペック的には充分なはずです。

さくらサーバー(スタンダード)はこちら

 

ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップロゴマーク

【ロリポップ!の特徴】

◎(3社のなかでは)最も安い
◎ 抜群に分かりやすい親切な管理画面
◎ 独自SSLが無料で使える
◎ リアルタイムチャットのサポートがある
△ サイトの複数運営には向かない
× サイト表示が遅い
×(3社のなかでは)スペックが低い
× 過去に大きな事故をおこしている

 

女性や若い世代をターゲットとした“初心者向けのレンタルサーバー”というのが『ロリポップ!レンタルサーバー』のイメージです。

GMOインターネットの子会社である「GMOペパボ」という会社が運営しています。

初心者向けの親切な管理画面!

ロリポップの特徴はなんといっても初心者のことを親身になって考えてくれているサービスになっていること。

「レンタルサーバー」なんて聞くとどうしても難しく感じてしまいますが、ロリポップはそんな「技術に明るくない人」向けにさまざまなツールやサポート体制が敷かれています。

分かりやすく使いやすい。だれでも気軽に簡単にできる。

コンセプト的には、さくらサーバーとはまったく逆のUI/UXでサービス設計がされているように感じますね(しつこい)。

とにかく安い!…でも貧弱?

上述の一覧表を見ていただければ分かると思いますが、ロリポップ!は今回ご紹介している3つのレンタルサーバーの中では最安値です。

「ホームページで作りたいけど、コスト面が心配」
「WordPressが良いのは分かるけど、お金がかかるし」

…なんて迷っている人には、その金銭的なハードルを下げてくれるとてもお手頃な料金設定になっていると思います。

ただしディスク容量や転送量、MySQLの限度数などのスペック面においては3社のなかでもっとも貧弱です。

比較的小さな個人サイトを運営するのであればそんなに困りはしないスペックだとは思いますが、

少しでも「サイトを成長させたい!」「ブログやアフィリエイトで稼いでいきたい!」という気持ちがあるのであれば、

個人的にはエックスサーバーのX10くらいは最低限あってもいいかなと思いますよ。

WordPressは「ライト」プラン以上

「エコノミー」プランだとWordPressに対応していないので注意してください。「ライト」プラン以上が必要となります。

また、ライトプランだとMYSQLが1個しか使えないので、のちのち複数サイトを運営する可能性のある方は、

「スタンダード」プラン以上か、もしくは他社のサーバーを選ぶことをおすすめします。

WordPress自体は、他の2サーバーと同様に「簡単インストール機能」ですぐに始めることができます。

アクセスが集中する時間は遅い…

無料ブログからWordPressへの引っ越し

私が実際に「ライト」プランを使ってみた印象だと、いつも動きが重くてのそっとしたイメージ。

とくに帰宅時間の19時くらいから夜中の1時くらいまでの時間帯は、サイトの表示スピードははっきりと遅かった記憶があります。

更新の少ない(=記事量の少ない)ホームページ型のサイトならいいですが、記事がどんどん増えていくブログなどのメディアはあまり向いていないんじゃないかなぁと思います。

公表されているスペック的には充分なように思うんですが、実際のパフォーマンスはかなり貧弱な印象。

まあ共有サーバーなので「運」の部分もありますけどね…。

過去に大きな事故をおこしている?

ロリポップは数年前に、ハッカーによる攻撃を受け大規模なクラッキング事故が発生した過去があります。

ちなみに狙われたのはWordPressユーザーで、少なくとも8,000件以上のサイトに改ざんなどの被害が確認されています。大事故ですよね。

この時のクラッキング事故によりロリポップは信用を大きく失墜させ、多くのユーザーがロリポップを離脱しました。

まあ、これを機にロリポップのセキュリティは結果的に安全性が高まったとも言えますので、

過去のことは過去のこととして、客観的に判断するべきと思いますけどね。

ロリポップのおすすめプランは?

ロリポップでレンタルサーバーを契約するのであれば、『ライト』もしくは『スタンダード』がおすすめです。

個人的にはライトだとちょっと心細い気がするので… スタンダードがよろしいかと思います。

スタンダードであればディスク容量も120GBと使い切れないほどの容量となりますし、1日のデータ転送量も100GBと理論的にはかなり安全な領域になります。

それでいて月額500円ですから、かなりお得ですよね。

ロリポップ!(スタンダード)はこちら

 

結論!おすすめはエックスサーバー

さて、今回はレンタルサーバー界の三強である「エックスサーバー」「さくらサーバー」「ロリポップ!」について比較してみました。

結論をまとめると下記のようになります。

※横にスクロールします。
※サーバー名をクリックすると公式サイトに飛びます。

サーバー名 おすすめ
プラン
どんな人におすすめ? 評価
エックス
サーバー
X10 ・初心者~中級者
・PVや売上を伸ばしたい
・高頻度で記事をUPしたい
・画像は気にせず使いたい
・ブログ・アフィで稼ぎたい
★★★
ロリポップ! ライト/
スタンダード
・初心者
・趣味のホームページ運営
・更新数の少ないブログ
・あまり画像などを使わない
・のんびり運営していきたい
★★
さくら
サーバー
スタンダード ・初心者~中級者
・あまり大きくないサイト
・普通に画像を使いたい
・ある程度は自分で解決可能

個人的なおすすめはやはり『エックスサーバー』です

私も実際に「ロリポップ!」「さくらサーバー」「エックスサーバー」のすべてを使ったことがありますが、最終的にはすべて「エックスサーバー」に移転させています。

「エックスサーバー」はコストが若干高いという側面もありますが…

そのパフォーマンスと安定感をふまえて考えれば、これほど費用対効果が良いレンタルサーバーは他にないと思いますよ。

エックスサーバー 公式サイトはこちら

 

簡単にサーバー移行(引っ越し)ができる裏ワザ!

最後に…

いま使っているレンタルサーバーから、他社のサーバーに乗り換えようと検討されている方も多いことかと思います。

でもサーバーの移行(引っ越し)ってけっこう面倒くさいんですよね。

 

私も先月このブログ部を「さくらサーバー」から「エックスサーバー」に移転させたばかりなのですが、

ID/PASSを忘れたところから始まって… 不明点をさくらインターネットに問い合わせて… ぜんぜん返事来やしねぇし… 来たと思ったら「自分で調べてください」的な回答だったのでムカつくし… 返信したらさらに3日間くらい待たされて…

みたいなことを延々とやってたらなにも進まないまま2週間くらい経過しちゃって。。

面倒くさすぎて途中で心が折れてしまいました。

 

で、怠け者の筆者はどうしたかというと…?

すべて他人に丸投げしちゃいました。

ココナラ」っていう自分の得意なスキルを売り買いできるアプリがあるんですが、

ここでサーバー移行とか、WordPressのカスタマイズとかをやってくれる専門知識をもった人たちがいるんですよね。

その中でも評価が良くて実績の多かった人に(確か5000円くらいで)サーバー移行を代行してもらっちゃいました。

2週間以上かかって何もできなかったものが、なんとわずか数時間でサーバー移行が完了したのです。

 

その時間短縮のメリットを考えれば、5000円くらいのお金はとっとと払って、代わりに記事作成に時間を使ったほうがよっぽど生産的ですよね。

ということで、技術的な知識に疎くてサーバーとか面倒くさいって人は、「ココナラ」で依頼しちゃうってのもありですよ。

「ココナラ」無料登録はこちら

 

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※11/30(木)18時まで限定
エックスサーバー契約で独自ドメインを
無料でプレゼント!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。