dd32daba75352a7f8569afdeee15fd84_s

全国3000万人の“足の臭い”みなさま、こんばんは。今日もあいかわらず臭いですね。

今回は感動の物語をお伝えしたいと思います。ある足の臭い男の話です。

その男は子どもの頃から足が臭く、中学のころについたアダ名は“足くさゴリポン”。

高校生でも大学でも足のスメルは消えず、足の臭さが原因で失恋したことも一度や二度じゃありません。

社会人になっても、まわりの女子からは「スメハラだ!」と言われ、部長には足の匂いについてマジ説教をくらう始末…。

そうです。僕の話です。

致命的なニオイを放っていた僕の足が、いったいどのように無臭に生まれ変わったのか?

さまざまな消臭方法をためしてもダメだった僕が、最後の最後にたどり着いた方法とは…?

今回は、衝撃そして感涙のノンフィクションをお届けいたします。

【筆者イチオシ!足のニオイ対策3選】

薬用クリーム「ノーノースメル」
ユーザー満足度93%!足の殺菌・制汗・防臭・角質ケアをこれ1つで解決できる♪
薬用石鹸「柿渋エチケットソープ」
殺菌・角質分解効果で足をとことん洗う!
靴の消臭パウダー「フットクリア」
靴にふりかけ殺菌&防臭!楽天市場で1位

 

猫が飛びあがるほどのニオイ

まず、取り急ぎこの動画を見ていただけますか?

猫ちゃんです。かわいいですね♪ ご主人様の足の匂いを嗅いで悶絶しちゃってます。

これはうちの猫ちゃんではありませんが…うちの場合はもっと激しかったです。

なんせ仕事帰りのホッカホカの生足を近づけると、0.3秒の反射速度で2mは飛びあがっていましたからね。

その猫は「もやし」という名前だったのですが、もやしは去年の夏8歳の若さで亡くなってしまいました…。

お医者さんの話によると“がん”が原因だという事ですが…きっとわたしの足の匂いを8年間かぎ続けたからだと思います。

もやしには、本当にかわいそうなことをしました…。

 

中学のころのアダ名は「足くさゴリポン」

image

なにを隠そう、わたしの足が臭くなったのはけっして最近のことではありません。

わたしが物心ついた頃から、ずっとです。たぶん幼稚園とか、小学校の低学年のころから足が臭かったと記憶しております。

わたしは中学時代バスケ部に所属していたのですが、あまりにもバッシュ(バスケットシューズの略)が臭すぎて、ついたあだ名が「足くさごりポン」。

足がくさい + ゴリラ臭がする + ポン(?) = 足くさゴリポン

最後のポンの意味はちょっと不明なのですが(たぶん語呂がいいからだと思う)、まあつまり“足が臭い” “ケモノ臭がする”という意味合いですね。

多感な思春期まっただなかの中学男子には、とても耐えられない屈辱のあだ名ですよね。

 

足が臭すぎてベッドインできない

0514110cbcd3f5e85ee3103c77214bf1_s

高校生になっても大学生になっても足の匂いは消えませんでした。

合コンで女の子をお持ち帰りしても… 何回目かのデートでようやく彼女の家にあがることが許されても…

家にあがった瞬間にしかめっ面をされてしまうのが普通でした。

なかには、「そのまま上がらないで!靴下ぬいで、まずは足を洗って!」と直接言ってくれる優しい女の子もいましたが、だいたいの子はその日を最後に音信不通になります。

ベッドインなんて夢のまた夢…。

なので、大学時代の僕は一年のほとんどを通気性のよいサンダルで過ごし(足がムレないので臭くならない)、

どうしても靴を履かなくてはならないデートでは、1時間おきにトイレで足を洗い、靴下をはきかえ、消臭スプレーで匂いを隠す…というとっても面倒くさいことをしていました。

いつも近所のユニクロで大量の靴下を購入していたので、きっと店員のあいだでは、「靴下の人」というあだ名がついていたことでしょう。

 

スメハラで部長にマジ説教される

image

社会人になると、ただでさえ臭い僕の足の匂いはさらに酷くなりました。

一日中、通気性の悪い革靴をはき、汗を吸わないナイロン靴下を履き続けるのですから、当然といえば当然です。

世の中のサラリーマン・OLのほとんどは社会人になってから徐々に足が臭くなりますが…幼いころから足が臭い僕なんかは超エリートなわけです。サラブレッドです。

もし僕が100年前に生まれていたら、旧ドイツ軍の大量虐殺用の化学兵器として軍事研究に奉仕するはめになっていたことでしょう。

VXガス(神経ガス)、CGガス(窒息ガス)と共に、AKガス(足くさガス)として毒ガス兵器の1つに数えられていたことと思います。

そんな事件・事故レベルの悪臭を放つ僕の足が、職場でもトラブルを引き起こすことは想像に難くないと思います。

正面や隣に座った女の子たちから「スメハラ」扱いをされることも1度や2度ではありません。

一度、直属の上司(部長)から「お前ほんま、足をなんとかせなあかんぞ!」とマジ説教をされたこともあります。

そうです。僕はもうこれ以上、症状の悪化を進行させるわけにはいかず、早急に足の匂いを解消する必要に迫られていたのです。

そこで僕は36歳にしてはじめて、臭い足との“a perfect divorce”(完全なる離別)を心から決意したのです。

【筆者イチオシ!足のニオイ対策3選】

薬用クリーム「ノーノースメル」
ユーザー満足度93%!足の殺菌・制汗・防臭・角質ケアをこれ1つで解決できる♪
薬用石鹸「柿渋エチケットソープ」
殺菌・角質分解効果で足をとことん洗う!
靴の消臭パウダー「フットクリア」
靴にふりかけ殺菌&防臭!楽天市場で1位

 

臭い足の原因はあの“悪臭物質”だった!

image

僕はまず足が臭くなるしくみ、悪臭の原因を徹底的に調査しました。

科学的に足の臭さを分析していくと…だいたい下記のような流れ・要素で足が臭くなることが分かったのです。

簡単に箇条書きでまとめてみましょう。

足の雑菌について

●足のにおいは雑菌が原因である
●人間の皮膚にはもとから「常在菌」がいる
●常在菌のなかにも善玉菌と悪玉菌がいる
●足が臭いのは悪玉菌の働きによるもの
●悪玉菌は白癬菌や雑菌、バクテリアなど

雑菌が悪臭を発生させる

●雑菌が足の角質・皮脂・汚れなどを分解
●分解の際に発生する悪臭物質が匂いの原因

悪臭物質の正体とは?

●悪臭物質は「イソ吉草酸」「酢酸」である
●特にイソ吉草酸が臭い足のニオイの原因
●イソ吉草酸があのチーズ臭?納豆臭?となる

雑菌が好む環境とは?

●雑菌の繁殖には温度(体温)、湿度(汗)、菌のエサ(角質や皮脂)などが影響する
●雑菌は、温度15℃以上/湿度70%以上になると増殖する
●靴をはいた足は、温度は30℃以上/湿度90%以上にもなる

 

…いかがですか?
簡単ではありますが、上記が「足が臭くなるメカニズム」となります。

雑菌が角質などを分解するときに発生する「イソ吉草酸(いそきっそうさん)」が臭い匂いの原因だったのですね…。

でも、これらの基礎知識を得ただけでは足の匂いを消すことはできません。もうちょっとつっこんで足の消臭方法を考える必要があるのです。

 

“光の無臭四戦士”と“闇の悪臭三魔人”の戦い!

ここからは、話を分かりやすくするために“たとえ話”で説明させていただこうかと思います。

光(無臭 四戦士)と、闇(悪臭 三魔人)の戦いについてです。

闇の三魔人によって牛耳られた悪臭ただよう世界を、ふたたび無臭の光り輝く世界に戻すため、光の四戦士たちが戦いを挑む…という話になります。

とっても大切な話ですので、ぜひしっかりと理解していただければと思います。

 

闇の“悪臭三魔人”とは?

image

まずは、この世を悪臭で支配しようとする「悪臭三魔人」の話です。

この世界を支配しているのは強大な闇の力をもつ1人の大魔王…ではなく3人の魔人がそれぞれパワーバランスを保ちながら世界征服を目論んでいます。

●臭い足|あし

三魔人のなかでも特に絶大な力をもっているのは、この“足”です。

あなたの足には古くなった角質・皮脂・汚れがこびりついており、これらが吹き出した汗とぐちゃどろに混じりあい、雑菌たちの“巣窟(そうくつ)”となっているのです。

●臭い靴|くつ

靴には、あなたの足から角質や皮脂、汗などとともにたくさんの雑菌が移り住み、繁殖を繰り返しています。

足はお風呂に入ったりすることで雑菌たちが洗い流されることがあるが、靴は洗われることが滅多にないため環境の変化が少なく、雑菌たちの格好の住処となっているのです。

●臭い靴下|くつした

意外と見落とされがちなのが、この“靴下”の存在です。靴下は足と靴のあいだにあり、両者の仲立ちをしています。

いくら足と靴をキレイにしても、通気性と吸水性の悪い靴下をはいていてはその効果は半減してしまいます。

 

光の“無臭四戦士”とは?

image

これら世に悪臭をふりまく闇の三魔人に対抗せんとするのが、かつての無臭の世界を取り戻そうとする光の賢人たち“無臭四戦士”です。

●殺菌(菌を死滅させる)

悪臭の原因となる雑菌たちを死滅させることで、匂いの根本を絶とうとする四戦士のリーダー。清廉潔白の勇者だ。

●角質ケア(菌のエサを断ち切る)

古くなった角質や肌の皮脂汚れなどをごっそりとキレイに洗い流すことで、雑菌たちのエサを断ち切るパワーファイター(戦士)。

●消臭(発生したニオイを消す)

すでに発生してしまった匂いを、魔法の力で包みこみ消失させるマジシャン(魔法使い)。

●制汗(汗をおさえる)

これ以上の汗が流れ出ないよう、汗腺を封印するプリースト(僧侶)。いつもサラサラでさっぱりがモットー。

【筆者イチオシ!足のニオイ対策3選】

薬用クリーム「ノーノースメル」
ユーザー満足度93%!足の殺菌・制汗・防臭・角質ケアをこれ1つで解決できる♪
薬用石鹸「柿渋エチケットソープ」
殺菌・角質分解効果で足をとことん洗う!
靴の消臭パウダー「フットクリア」
靴にふりかけ殺菌&防臭!楽天市場で1位

 

バラバラで戦っても、バラバラに倒しても、戦いは終わらない!

b8b0e0c62ccddba6b8464fb2c1d39134_s

闇の三魔人(足・靴・靴下)は、別々に倒してもあまり意味がありません

足だけをキレイにしても靴をはけば靴から足に雑菌が移動するだけですし、靴だけをキレイにしても生足が汚ければ雑菌がまた靴に移動するだけです。

これでは雑菌が全滅することはなく、一時的に減少したとしてもまたすぐに元の状態に戻ってしまいます。

また、光の四戦士(殺菌・角質ケア・消臭・制汗)も別々に戦っては大きな成果をあげることはできません

この世から足の悪臭を一掃し、二度と過去の過ちを繰り返さないためには、光の四戦士たちが力を合わせ、闇の三魔人たちを一気に絶滅させることが大切なのです!

*       *       *

…と茶番はここまでですが、意味は伝わりましたかね?

え?余計に分かりにくかったって?
すみません、オリジナリティをねじ込もうとして失敗しました…。

つまり、部分的にちょこちょこ対策を打ってもダメで、やるなら一気に雑菌を根絶し尽くすように対処しましょう!ということです。

中途半端にやっても雑菌の繁殖がぶり返してしまうため、それまでの努力やお金がムダになっていまします。

無臭の足をめざすなら、効果の高い方法を組み合わせまとめて雑菌を死滅させ、以降は菌を発生させないように清潔な状態をキープさせることがポイントとなるのです。

 

光の四戦士が一堂に集う「薬用クリーム」がある!

image

実はこの光の四戦士(殺菌・角質ケア・消臭・制汗)の役割を、たった1つの商品でまかなってしまう薬用クリームというのが存在します。

筆者おすすめNo.1の消臭クリーム

のちほど僕のおすすめを解説したいと思うのですが、この薬用クリームだけは飛びぬけてオススメなのでちょっとだけ先にご紹介してしまいましょう。

●スプレーだけでは意味がない!

通常、足のにおい対策としてみなさんが思いつく方法は“消臭スプレー”や“制汗剤スプレー”を足にシューっとひと吹きする方法ですよね。

でも、それだけだとただ“匂いをごまかしているだけ” “汗をおさえてサラサラにしてるだけ”ですのであまり意味がありません。

先に説明したように、制汗や消臭とともに、臭い匂いの根本原因である雑菌を殺し、雑菌のエサを断ち増殖を防ぐ必要があるのです。

しかし、これらそれぞれの役割のために、いちいち別の商品を買うのは大変ですよね?

●4つの効果をこれ1つで得られる!

この薬用クリーム「ノーノースメル」のもっとも大きな特長はやはり、光の無臭四戦士の機能をすべて兼ね備えている点です。

①殺菌 …殺菌成分で菌を死滅させる
②角質ケア …角質分解成分で菌のエサを断つ
③消臭 …発生してしまったニオイを消す
④制汗 …汗をおさえてサラサラを保つ

 

例えば、薬用成分の「イソプロピルメチルフェノール」が悪玉菌を殺菌・防臭したり、

有効成分「柿タンニン(柿渋エキス)」が古い角質を分解して雑菌のエサを取り除きます。

その他もローズマリー、ハッカ、セージ、オトギリソウ、オランダカラシ、セイヨウニワトコ、ヒノキ、マツ、ローマカミツレ、ニンニク、ホップ、レモン、オドリコソウ…

などなど、20種類以上の植物エキス(殺菌・消臭成分)が配合されています。

このように各種成分をバランスよく配合し、臭い足のニオイを根本から改善するのが、薬用クリーム「ノーノースメル 」の特長なのです。

●僕の足が無臭になった奇跡!

この「ノーノースメル 」ですが、僕は実際に1年間くらい使っていますが…めちゃくちゃオススメです。

とゆーか、この半年間くらいは自分の「足が臭いこと」を意識したことさえありません。

あれだけ臭かった僕の足が、無臭になったのです。これは奇跡ですよね。

まあ、あくまでのちほど説明するケア(足を清潔に保つ・靴や靴下にも注意する)もあわせての結果です。

クリームをただ塗るだけではダメですので、足や靴を清潔にキープするための対策もあわせて実施しましょうね。

●東証一部上場の信頼性・安心性

この「ノーノースメル 」をつくった北の快適工房という会社は、東証一部上場企業です。

日本国内でもっとも権威ある東証一部への上場を果たしていますので、その信頼性・安心性は折り紙つきです。

●利用者の満足度は93%

モニター調査では利用者の93%が「足のにおいが消えた」と実感しているようです。

僕自身もたしかに「ノーノースメル 」を使った頃から臭い足のにおいが消えました。

角質がおちて足の皮膚がツルツルと柔らかくなり、朝クリームをぬれば足が一日中ずっとサラサラして気持ちいい!

実際に使ったひとが効果を実感できているかは、とても重要な指標ですよね。

●男女関係なく効果を発揮

足が臭くなる原因は男女ともに同じです。

女性の方はブーツをはく冬の時期にだけ足のにおいを気にしていますが、じつは足に雑菌が大繁殖するのは冬ではなく夏です。

夏の汗と皮脂で繁殖した雑菌が足に住みつき、冬のブーツで蒸れてさらに大繁殖をする…という流れですので

ぜひ今のうちに雑菌を絶滅しておいて欲しいですね。

●足を清潔に保ち、靴や靴下にも注意しよう!

前述のとおりですが、ただクリームを塗りたくればいいというわけではありません。

効果を最大限に発揮するには、足を殺菌作用のある薬用せっけんでこまめに洗い、古い角質や皮脂汚れを取り除いたり…

吸水性にすぐれた、抗菌・防臭効果のある靴下を併用したり…

靴のクリーニングや中敷きの交換など、靴の抗菌や除菌対策もあわせて実施することが大切なのです。

次の章では、薬用クリームとあわせて実施したい、さまざまな足の匂い対策について解説いたします。

【筆者イチオシ!足のニオイ対策3選】

薬用クリーム「ノーノースメル」
ユーザー満足度93%!足の殺菌・制汗・防臭・角質ケアをこれ1つで解決できる♪
薬用石鹸「柿渋エチケットソープ」
殺菌・角質分解効果で足をとことん洗う!
靴の消臭パウダー「フットクリア」
靴にふりかけ殺菌&防臭!楽天市場で1位

 

僕が実践した足の匂い対策まとめ!

image

上記でおすすめした「薬用クリーム」以外にも、もちろん効果のある方法は存在します。

というか、どれか1つだけをやれば良いのではなく、いろいろと組み合わせて対策をすることで、菌を根絶やしにすることができるのです。

根絶やしにできなければ、また雑菌が復活してしまいますからね…。

*       *       *

下記にご紹介するのは、いままでに僕が実際にためしてきた「足の匂い対策」の一部です。

僕はこの2年くらいのあいだで、お金のかからない消臭テクから、薬用品などでケアするものまで…60パターン以上の方法を試してきました。

消臭・デオドラント系の商品も20~30個は買いましたね。効果のあったものもあれば、なかにはぜんぜん効果のなかったものもありますけども…。

そんな経験のなかから、僕が試して良かった(効果があった)方法や、買って良かったと思った商品をみなさんにもいくつか共有したいと思います。

●薬用せっけんで足を洗う

image

僕がまずいちばん最初にためしたのはこの方法。殺菌成分入りの薬用せっけんで足をよく洗うことです。

これは足にこびりついてしまう古い角質や皮脂をキレイに洗い流したり、雑菌を消毒するために有効なもっとも基本的な対策ですね。

もちろん普通のせっけんでも足を洗うことはできますが、できれば薬用せっけん(殺菌、防臭、角質分解などの成分がふくまれるもの)を使うとベストです。

ちなみに僕がつかっているのは「柿渋ソープ」という薬用せっけんです。

柿渋にふくまれる「柿タンニン」には、古い角質を分解する作用や殺菌の効果がありますのでおすすめですよ。

もちろん、他の薬用ソープでも効果があるものはあると思いますので、ぜひ自分にあうものを探してみてください。

公式サイトはこちら

●指と指のあいだまでしっかり洗う

足を洗う際には、指と指のあいだまでしっかりと洗うようにしてください。

指と指のあいだやツメのまわりなど、細かいところにこそ雑菌は溜まり繁殖しやすいからですね。

僕はカラダを洗うのとは別途で、ちゃんと足だけを洗う時間をとっています。カラダを洗うついでだと、なんとなくおざなりになりがちですので…。

●重曹で足湯をする

d0edf0e0756b7bb977bf87940ebaaef4_s

ちなみに、せっけんなんかにお金を使いたくない!という人には「重曹」がおすすめ。

重曹は値段が安く、100円ショップなどにも売っているので経済的です。

重曹は「炭酸水素ナトリウム」のことで弱アルカリ性の性質をもっており、足のにおいの原因となる「イソ吉草酸」を洗い流すことができます。

洗面器にぬるま湯と重曹を入れて足湯にしたり… 重曹をそのまま足にもみこんだり… いろいろな使い方ができますよ。

●除菌シートで小まめに拭く

お出かけの途中で足を消臭したいならこの方法がおすすめ。

足を水道で洗ったり、「除菌シート」でキレイにふいて消毒したら、靴下を取り換え、靴にも消臭スプレーをすれば完璧!

デートの途中で急きょ靴をぬぐシーンになってしまった!…なんて場合はこれで応急処置をしましょう。

まあ、あくまで一時的な対応です。雑菌の死滅にはなりませんのでご注意を。

●爪をこまめに切る

足を洗うのと同じくらい基本的かつ重要な対策がこれ。

足の爪のあいだには、爪アカやゴミなどがつまっており、とうぜん雑菌が繁殖しやすい場所になっています。

足の爪はこまめに切って、雑菌の住処にならないように注意しましょう。

●足をこまめに乾燥させる

足が臭いのは、足が雑菌の繁殖に絶好の環境だからです。

靴のなかで汗をかき、熱がこもるため、湿度と温度が上昇しやすいのですね。

だから、勤務中などには小まめに靴をぬいで通気性のよいサンダルなどに履き替えるなどの工夫をしましょう。

●靴の中敷き、消臭スプレーを使う

靴の中敷きを換えたり、消臭スプレーをするというのは皆さんよくやりますよね。

中敷きは小まめに交換すれば、もちろん消臭・抗菌・除湿などの効果があります。

消臭スプレーも、ただ匂いを消すだけでなく殺菌効果が強いものを使えば一定の効果が見込めるでしょう。

しかしこれらはいずれも“一時的な効果”ですので、他の対策をあわせて実施することが大切です。

●靴を冷凍する

靴を冷凍するとバクテリアが死滅するのでニオイが消える」と紹介しているサイトがあり試してみたのですが、

…結果ぜんぜん消えませんでした。これはガセネタですね。

バクテリアがどうかは知りませんが、少なくとも足のにおいの原因となる雑菌は冷凍庫(マイナス10℃くらい)では死にません

菌が活動を休止して繁殖しなくなる…という効果はありますが、死滅するわけではないので、冷凍庫から出してしまえばまた活動を再開します。

僕がためしに革靴を冷凍したところ、霜がついてしまったのか、解凍したら靴がビチョビチョになってしまい結局お亡くなりになりました。チーン…。

みなさん、ガセネタには十分注意しましょうね。

ちなみに、雑菌は高温(121度で20分くらい)で熱することができれば死滅させることができるようです。

もしかしたらスニーカーとかなら煮沸消毒できるのかな?…分からないですけど興味があるかたは自己責任で実験してみてください。

●靴の消臭パウダーを使う

逆に、明確に効果を感じられたのは靴の消臭パウダーです。

僕は「フットクリア」という商品をつかっていますが、楽天市場の消臭防臭ランキングでも1位をずっとキープしているスゴイ商品です。

靴のなかにパウダーをふりかけるだけ、というとっても簡単な仕様で、新しい靴のにおい予防にも、すでに臭くなってしまった靴の消臭にも使えます。

ニオイに関する国家資格である臭気判定士が監修している商品で、完全な日本製という点も信頼できますよね。

公式サイトはこちら

●靴をクリーニングに出す

汚れやニオイが強烈!でもお気に入りなので捨てるのは惜しい!

…という靴があるのであれば、いっそ「靴のクリーニング」に出してしまうのもありですよ。

ブーツ、革靴、スニーカー、ビジネスシューズ、ハイヒール…などなど、どんな靴でもクリーニングできます

宅配なので楽チンだし、なんと送料は無料!

革靴であっても丸洗いが可能で、もちろん消臭や除菌の効果もあります。

ATP検査(公的機関による汚れ・細菌の検査)では、減少率96%以上という結果が出ているそうですよ。

公式サイトはこちら

 

最後に…|僕の足を無臭にした最強の組み合わせはコレ!

130bb259d3f11877258874c9d0d4a095_s

くりかえしになりますが、足のにおい対策は単発では効果を発揮することがむずかしく、複数の対策を組み合わせることで匂いを根絶することができるのです。

最後に、僕の足を無臭にした最強の組み合わせをまとめておきたいと思います。

この2年間いろいろと試した経験をふまえた最強の組み合わせは下記の3点です。

●薬用クリーム「ノーノ―スメル」

足そのものの殺菌・制汗・防臭・角質ケアをおこないます。足くさ対策の柱となる薬用クリームです。

公式サイトはこちら

●薬用せっけん「柿渋ソープ」

汚い足にクリームをぬってもあまり意味がありません。殺菌効果・角質分解の効果がある「柿渋ソープ」で日々汚れを洗い流してキレイな足をキープしましょう。

公式サイトはこちら

●靴の消臭パウダー「フットクリア」

靴のニオイ対策はこれ。ふりかけるだけで殺菌、防臭の効果があります。楽天市場のランキング1位をキープする売れ筋商品です。

公式サイトはこちら

*       *       *

さて、いかがでしたか?
今回は僕の経験をもとに、「臭い足」の消臭・防臭対策についてくわしく解説させていただきました。

この2年間いろいろな方法を試してきましたが、僕の足は今回ご紹介した方法で“無臭”になりました。

この半年間は自分の足のニオイを意識したこともなく、自信をもって仕事にのぞみプライベートを過ごすことができています。

「臭い足が治った」ということよりも「自分に自信がもてるようになった」ということの方が、得られた収穫としては大きいのかも知れませんね。

ちなみに僕は2年間という時間と、10万円を超えるお金がかかってしまいましたが、今回ご紹介した方法を実践すればあなたは最速・最短距離で足を無臭にできるわけですよね。うらやましい…。

でも、いいんです!!

世の中の「臭い足」に悩むすべての人を救うことができたなら、僕の投資なんて小さい小さい…。

ちょっとでも足のニオイに悩んでいる人がいたら、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

では、今回はこのへんで♪

[文:Sanzzo]

【筆者イチオシ!足のニオイ対策3選】

薬用クリーム「ノーノースメル」
ユーザー満足度93%!足の殺菌・制汗・防臭・角質ケアをこれ1つで解決できる♪
薬用石鹸「柿渋エチケットソープ」
殺菌・角質分解効果で足をとことん洗う!
靴の消臭パウダー「フットクリア」
靴にふりかけ殺菌&防臭!楽天市場で1位