販売戦略

そろそろクリスマスの季節。街もだんだんと賑やかになってきましたね(※執筆時は2014年11月末です)。わが家には子供が3人もいるので…クリスマスの時期が怖くてたまりません。涙

先日、子供たちに「今年はサンタさんに何を頼むの?」と希望を聞いたところ、6歳になる息子は「仮面ライダー ディケイドのベルト!」(ちょい古くね?)。3歳になる娘は「アンパンマンの掃除機!」(そ、掃除機?)。1歳の次男は「はっぱ!はっぱ!」(???)とのことでした。

…でも、子供が欲しいものって何十年経っても変わらないんですね。仮面ライダーとかアンパンマンとかって、確か30~40年前から放映されていたと思いますが、クリスマスプレゼントとしては今に至るまでずっと定番商品として定着してるわけです。

とてつもない商品寿命を誇るモンスター商品ですよね。どうしたら同じ商品を何十年も売り続けることができるのでしょうか?…これって実は、売り手側の“徹底した戦略”がガッツリと練りこまれているからなんです。

今回は「仮面ライダー」や「妖怪ウォッチ」などの子供向け玩具における、巧みな『売るための戦略・お金を稼ぐ戦略』をかんたんにご紹介しつつ、そのテクニックを“ブログの収益UPにつなげようぜ!”というテーマでお話をさせていただきます。

オモチャはなぜ売り切れるのか?

ブログ戦略

みなさん、子供のオモチャを買うために行列をつくっているシーンをTVなどで見たことはありませんか?

古いものだと「ドラゴンクエスト」や「たまごっち」。最近のものだと「妖怪ウォッチ」など。うちの長男が欲しがっている「仮面ライダーのベルト」なんかも、現行シリーズのものだと必ず品薄状態になります。

でも何十年も昔の話ならいざ知らず、2014年の日本で、かつ大手の玩具メーカーが絡むような大ヒット商品が“売れ切れるわけがない”んですよね。

なぜなら、現在は「POS連携システム」が発達しているので、お店で商品が1つ売れれば(ほぼ)リアルタイムで在庫状況の変化がわかるようになっています。

つまり商品の売れ行きが良ければ、その情報がすぐに仕入れ側にも、そしてメーカー側にも伝わり、売れ切れる前に追加生産を行うことはそれほど難しいことではありません。しかも何十年も続くようなシリーズならノウハウも貯まっているので、企画の時点で“どのくらい売れそうか?”の読みを大きく外すことはないはずです。

ではなぜ“オモチャの売れ切れ”という状況がこうも頻繁に発生するのでしょうか? …そうです。みなさんのご想像通り、これは「わざと売れ切れさせている」からなのです。

 

売り切れると余計に欲しくなる!

欲しいなと思っていた商品が売り切れの状態になると、消費者はよりその商品が欲しくなります。

これをマーケティングの世界では「カリギュラ効果」と呼ぶのですが、人間はなにかを禁止・制限されたり隠されたりすると、よりその制限を破りたくなるという無意識の習性をもっているのです。

玩具メーカーはこの心理的効果をうまく活用し、人気の新商品を品切れ・品薄の状態になるように“わざと生産量を抑える”わけです。

 

バイラル(クチコミ)効果でバズらせる!

では、品薄・品切れ状態になるとどうなるでしょうか?
どうしてもその商品を手に入れたい一部の人間は、残りわずかな在庫を追い求めて行列を作ったり、ネットオークションなどで法外な金額で取引したりします。良くニュースとかで報じられて問題になったりしますよね?

でも、これこそが販売側の狙いなのです(もちろん、彼らは口が裂けてもそれを認めないと思いますが…)。

TVやニュースサイトなどで話題になったり、FaceBookやTwitterなどでバズったり、クチコミで噂が広まったり…つまり今までその商品を知らなかった人たちにも「この商品は大ヒットしているんだ」という印象を植えつけ、結果として“抜群の宣伝効果”を生むわけです。

 

流行っているから私も欲しい!

ブログ戦略

“この商品は売れてる!” “この商品は流行している!”というイメージが広まれば広まるほど、その商品はより一層売れるようになります。この効果をマーケティングの世界では「バンドワゴン効果」と呼びます。

上記の流れを分かりやすく例えると…

①仮面ライダーのある新商品の販売予測が[100個]だったとします。
 ↓
②あえて[50個]しか商品を出荷せず、品切れ・品薄状態にしておきます。
 ↓
③少ない在庫に消費者が殺到し、話題になります。
 ↓
④それを見た他の消費者にも認知が広まり、より商品価値が上がり欲しい人が増えていきます。
 ↓
⑤商品をうまく小出しにして、入荷→即完売→再入荷→即完売…を繰り返していくことで人気をキープしつつ商品の売上を伸ばしていきます。
 ↓
⑤結果的に[150個](当初見込みの150%)の販売数を達成します。

…という流れです。
もちろん、すべてが狙った通りに上手く進むわけではないですが、要するに販売側の戦略としては上記のような絵を描いているということです。

 

その他にもこんな戦略が!

上記で説明した以外にも、仮面ライダーがおこなっている巧みな販売戦略はたくさんあります。

例えばシリーズ「仮面ライダーディケイド」以降は、新しいライダー作品に過去のライダーも登場させています。これはもう売れなくなってしまった過去のシリーズの需要を再度掘りおこし、シリーズ全体での売上UPを狙っているのです。

また、おなじ仮面ライダーの作品の中でも、子供・パパ・ママというそれぞれのターゲット毎にうまく戦略を立て世代を超えたファンの獲得を狙っています。つまり三段構えのターゲット戦略です。

例えば、
子供→ 変身・戦闘のカッコ良さをアピール。
パパ→ 大人の鑑賞にも耐えうるストーリーや、懐かしい旧ライダーの登場で、子供と一緒に楽しめる機会を与える。
ママ→ 若手のイケメン俳優を起用し、ファンを獲得。

…このようにそれぞれのターゲットにそれぞれが求めるものを提供することで、1作品あたりの売上を最大化することを目指しているわけです。

 

工夫次第でブログ売上も改善する!

さて、長々と仮面ライダーの巧みな販売戦略について説明してきましたが、“それって私たちのブログにどう関係あるの?”って思った方もいらっしゃるかも知れませんね。

実は、私がこの記事で伝えたかったのは以下の2点のみです。

さまざまな“売るための工夫”を凝らすことで、ブログ収益を最大限に伸ばすことができる!
ターゲット(つまりブログ読者)を徹底的に分析して、少しでも多くのお金を引き出すような“仕掛け”をしよう!

…ということです。
具体的な手法としては、こちらの記事[▶︎心理効果で売上UPを狙う9つのテク]で、“心理効果でブログの売上を向上させる具体的なテクニック”をくわしく紹介しています。

これらを参考にしつつ、ぜひあなたのブログの売上UPに活用していただければ幸いです。

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※期間限定 無料プレゼント※
サーバーを契約した方全員にもれなく

独自ドメイン1本 永年無料!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。