沖縄画像3

突然ですが、来月お休みをいただいて石垣島に行ってきます。

将来的に石垣島周辺に移住するかもしれないので、その下見も兼ねての家族旅行です。

サラリーマンを早期リタイアして、余生は南の島でネットビジネスしながらのんびり暮らしたいな…というのはわたしの長年の夢だったのですが、

ブログ収入が安定してきたので、やっと夢の実現にむけて動きだせる状況になりまりました。

一方で、わたしは東京暮らしも気に入っているので、なにがなんでも移住したい!という強い意志をもっているわけではないんですよね。

逆に移住への情熱は年々冷めてきていて、「別にこのまま東京でも全然いいんじゃねーかな」とも感じてきている今日この頃なわけです。

*       *       *

そういえば先日イケダハヤト某とかいうブロガー?のひとが、東京についていろいろと否定的な意見を書いたのを見たんですが…

限界集落から東京に出張して消耗して感じたこと|まだ東京で消耗しているの?

東京は飯がまずいとか、トイレが少ないとか、移動が多すぎるとか…いろいろと頭の悪いことを書いていて思わず笑っちゃったんですけど、このひとは大丈夫なひとなんですかね?

私的には

え?東京ってそんなに消耗しますか?
それってドロップアウト組の負け惜しみでしょ?

と思うんですが… どうなんでしょう。

そんな今回は“東京は本当に消耗するのか?”というテーマで、このイケダハヤト某の主張をいろいろ検証して参りたいとおもいます。

東京は飯がまずい?食べる物がない?

まずはじめに「東京は飯がまずい!田舎は飯がうまい!」についてです。

これは正直、逆なんじゃないかと思いますけどね。総合的に考えて。

だって田舎で飯がうまいと言えるのは、その地域で取れた食材だけでしょ?

地域によっては名産品といえる食材がない場所もあるわけであって。つまり都会・田舎関係なく、住んでいる場所しだいなんですよ。

わたしも社会人になってから2年ほど田舎暮らしをした経験がありますが、その地域の名産品はイモでした。

イモはまあ、美味しいっちゃ美味しかったですけど…

だからって特別「住んでて良かった!」なんて感じたことは一度もありません。毎日イモ食うわけじゃあるまいし。

あとは田舎だと飲食店が少ない

国道とか駅前にいけば外食チェーン店みたいなものはいくつかありますが、そうじゃない「町角の美味しいお店」みたいなところはごくわずかです。

わたしも社会人になってから2年ほど田舎暮らしをした経験がありますが、おいしい店が少なくて東京が恋しかったですもん。

それに比べて、東京の選択肢の多さはハンパじゃないです。

日本全国、いや世界各国から美味しいお店が集ってきて各店しのぎを削っているから、いつでも食べたいものを食べたい時においしくいただくことができます。

食材だって、全国からじゅうぶんに新鮮なものを取り寄せることができますからね。

だから、“東京の飯がまずい”というのは間違い。

東京でまずい飯を食っているのは、情弱・貧乏人・囚人のいずれかだけです。

[判定]東京の飯はまずい?
× 間違い

 

東京は家賃や生活コストが高すぎる?

これはその通り…かと思いきや、必ずしもそうではないと言えます。

だって、東京はコストは高いけど収入も高いでしょ?田舎はコストは低いけど収入も低いでしょ?

政府が公表しているさまざまな調査データを見ても、その傾向は明確に出ています。

都道府県別ランキング

物価が高い都道府県ランキングでも、家賃が高いランキングでも、収入が高いランキングでも東京は1位です。

ちなみにいずれのランキングでも2位が神奈川県。4位は大阪府。千葉・愛知・兵庫なんかも上位の常連です。

逆に下位の常連は沖縄・青森・宮崎・秋田などですね。

上位・下位ともに、これらのランキング順位はおおきく変わりません。都会は上位、田舎は下位です。

つまりなにが言いいたいかというと、相対的にみれば都道府県によって収支のバランスは変わらない生活の大変さは変わらないということなんですよ。

収入が変わらないことが前提であれば、もちろんコストが安い田舎に越したことはないですけどね。

田舎に移住して金銭面で優位になるのは、アフィリエイターやブロガーのように“どこで働いても収入が変わらない職種”だけです。

[判定]東京は生活コストが高い?
× 相対的にはそうでもない

 

東京の満員電車は非生産的?

これは間違いなく非生産的ですね。

満員電車で消費されちゃうエネルギーとか、ほんとうにムダでしょ。あれなんの罰ゲームですか?

まあ幸いにもわたしは、9時に始業する会社に勤めることが少なかったので、そんなにものすごいラッシュに巻き込まれることは少なかったですが…。

たまに満員のピークとかに乗っちゃうとそれだけで1日働いた分くらいの疲労とストレスをお見舞いされちゃいますよね。

9時出社にこだわっている会社の役員連中とか、なに考えてるんでしょう。明らかにフレックスとか自宅勤務とかにしたほうが生産性あがるのに。

[判定]満員電車は非生産的?
 とんでもなく非生産的

 

東京は仕事に集中できない?

イケダ某ハヤトに言わせると、東京は仕事に集中できないんだそうです。

東京はアポ地獄。限界集落に越してきて、生産性が格段に向上した話。

人と会うアポが多くて、仕事に集中できないんだそうです。

田舎だとビデオチャットができるから人と合わなくてもいいし、週末はバーベキューとかキャンプに行けるから、平日に仕事をする気力が湧いてくるんだそうです。

…みなさん意味わかりますか?わたしはさっぱり理解不能です。

ちなみにわたしは東京のど真ん中で仕事をしていますが、会議はほとんどPCの画面共有によるチャット会議ですし、週末はバーベキューや森の中でサバゲーをして遊びます。

[判定]東京は仕事に集中できない?
× 自分次第

 

東京は移動が多すぎる?

これもイケダハヤト某の持論ですが、東京は移動が多すぎてムダが多いんだそうです。

う~ん。これも意味がわからない…。

なんで東京だと移動が多くて、田舎だと移動が少ないんですかね?それって仕事の仕方次第じゃないのかな?

おなじ仕事をこなすなら、バスや電車やタクシーなどの公共交通機関が発達している都会のほうが移動時間は短いんじゃない?

中途半端な田舎だと車が交通手段のメインになるけど、そういう地域ってめちゃくちゃ道が混むのよ。自分で運転せにゃならんから移動中に仕事できないし。

もっとド田舎になったら、そもそも交通手段自体がないんじゃない?

東京だって田舎だって、人と直接会う機会を減らせばいいだけだと思うんすけどね。

会社員だったらそういうわけにもいかんでしょうが、ブロガーみたいなWebメインの仕事だったら、東京とか田舎とか関係ないと思うんだけどな。

そもそも、仕事ができる人間というのは移動時間を上手に有効活用できるんですよ。

移動が多いから仕事ができないなんて言っているヤツは、アホ丸出しです。

[判定]東京は移動が多すぎる?
× そんなことない

 

東京はトイレがなさ過ぎる?

これに至っては正気を疑っちゃいます。

田舎ってトイレが多いんですか?それって野グソってことですかね?

それならそれで納得ですが…

[判定]東京はトイレがなさすぎる?
× 意味不明

 

東京は子育てに適さない?

まあ、これはどちらかというと両親の教育方針次第ですよ。子育てなんて“親のエゴ”でしかありませんから。

田舎でのびのび育てるべきか?都会で適度な競争とストレスにさらすべきか?

保育所が充分にある待機児童の少ない地域で育てるのか?なくても大丈夫なのか?

幼児教育や学習塾が充実した地域で育てるのか?野山で駆けまわることを重要視するのか…?

どれが正解かなんて答えは出せません。どう育てたって子供はそれなりに成長していきますからね。

個人的には… 本人が将来なにかを「やりたい!」と思い立ったときに、それが妨げられないように最低限の環境と選択肢を用意しといてあげればいいと思います。

それで十分なんじゃないでしょうか?

[判定]東京は子育てに適さない?
 人それぞれでしょ

 

田舎には仕事がない、はウソ?

これは(おおむね)ウソです。田舎にも仕事はあります

仕事の内容や収入を選ばなければ…の話ですけどね。

その地域に仕事があるかないか?は有効求人倍率(求職者1人あたりの求人数)を見ればだいたい分かります。

下記は2015年2月~2016年1月までの、各都道府県別の有効求人倍率を平均したものです。

有効求人倍率

…どうですかね? 田舎でも求人倍率が高いところもあるし、都会でも倍率が低いところもあります。

まあ、日本全体で考えると2017年4月の有効求人倍率は1.34倍と高い値を示していますので、全国で人手不足の傾向が続いていると考えてください。

でも、繰り返しますがこれは仕事の内容や収入を選ばなければの話。求人があっても、あなたの望む仕事であるかどうかは分かりませんよ。

そういった意味では、やはり仕事を探すのは東京がもっとも有利と言えると思います。

ちなみにイケダハヤト某は下記エントリーで「田舎にも仕事はある!」と言っていますが…

しつこいけど、「田舎には仕事がない」はウソ。どう見ても人手不足です…。] 

訪れたお店の1つがスタッフ募集してるだけで「人手不足だ!」って言ってるだけですから、これはなんの根拠にもなりません。

ちなみにイケハヤ某の住む高知県は、求職者1人あたりの求人数が1に足りません。東京の半分くらいの倍率になりますね。

[判定]田舎には仕事がない、はウソ?
 ある。ただ望む仕事はないかも

 

東京は労働時間が長い?

これ、よく勘違いされがちなんですけど、東京みたいな都市圏の労働時間ってじつはそんなに長くないんですよ。

2013年の厚生労働省の調査では、労働時間の長い都道府県は、1位 岩手、2位 福島、3位 山形、4位 佐賀、5位 青森…と東北の各県が上位にランクインしています。

ちなみに東京は36位。大阪、愛知、神奈川、兵庫、京都、千葉、埼玉…などの都市圏はそろって下位です。

つまり、長時間労働という意味では地方のほうがよっぽど消耗していると言えるんですよね。

[判定]東京は労働時間が長い?
× むしろ地方がブラック

 

東京はみんなイラついている?

これはあるかも知れないなスね。人口密度が高くなると、生物は攻撃的になるものですし。

とくに満員電車とかね。あれ無性にイライラしますもん。

[判定]東京はみんなイラついている?
 そうかもね

 

東京は生き方を選べなかった人が集まる場所?

イケダハヤト某はこう主張しております。

どれほどの人が、確信を持って「私は東京で暮らし、仕事をすることを選んだ」と言えるのでしょう?

自覚的に「この街で暮らそう」と考えている人が、少なすぎるんですよ。

「消去法」で東京に住んでいる人ばっかり。みなさんもそうじゃないですか?自覚的に選んで、東京に住んでいるんですか?

東京って、自分の生き方を選べなかった人たちが集まっている場所なのかもしれませんね。

もっともらしいことを言っていますが…わたしには単なる“負け惜しみ”にしか聞こえません。

実際には、東京で生き残れず、競争とかプレッシャーとかストレスに負けちゃった人が地方に逃げてるだけです。

それはそれで別にいいんですけど…逃げてったひとが後からイタチの最後っ屁みたいに捨ぜりふを吐いていくのって格好悪くないですか?

本当に優秀なひとは東京だって地方だって関係ないですから。

 

まとめ|東京は本当に消耗するのか?

では、結論です。 東京の人口密度と満員電車は酷いです。あれはマジで消耗します。

でもまあ、将来的には東京でも過疎化するエリアもあると言いますし、これ以上酷くなることはないでしょう。

それ以外の諸問題は、なんというか、好き嫌いの問題じゃないすかね?

相対コストで考えれば東京より田舎のほうがコスト安とは言えません。田舎は物価も安いですが年収も低いです。

田舎にも仕事はありますが、その内容と収入は選べません。労働時間も地方のほうが長く、東京は短いです。

東京のひとは早く仕事をくりあげて、おいしいご飯を食べ、うまい酒を飲み、クラブで踊り明かしているわけですね(?)。

仕事環境はそのひとの仕事のやり方次第でどうにでも変わります。東京だから消耗するとか、田舎だから生産性が上がるとか、そんなのはまったくもって関係ありません。

とくにプロブロガーのように“すべてネット上で完結する仕事”の場合は、そのひとのワークスタイル次第ですからね。

…で、総合的に考えると、東京はそんなに消耗しません

もっと言うと、東京で消耗するひとというのは、どこに行っても消耗するもんです。

[文:Sanzzo]


WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。




いつも応援クリックありがとうございます!
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
少しでもお役に立てましたらポチください!