無料ブログからWordPressへの引っ越し

みなさん、ドラクエⅪはもうやりましたか?

Sanzzoは発売当日にPS4のデジタル版を購入しました。

でもブログ更新が忙しくてまだ1秒もやれてないんですよね。

その代わりに長男と奥さんが絶賛プレイ中なので、それを横目にいまこの記事を書いています。悲しい。

 

…さて、今回はブログの引っ越しについてです。

読者の方から下記のようなご質問をいただいたので回答していきたいと思います。

無料ブログからWordPressに引っ越しするにあたって気を付けることはありますか。

両方に同じ内容の記事を掲載するとあまりよくないと聞きました。回避する 方法がありましたら教えてください。

※質問内容は一部筆者が抜粋し加工しています。

無料ブログからWordPressへの引っ越し

簡単なことのように思えるんですが、意外と障壁が多くてややこしいんですよね、これ…。

今回は「ブログの引っ越し方法」についてまとめるとともに、その注意点やおすすめの方法について解説していきます。

 

無料ブログからWordPressに引っ越しする方法一覧

まず最初に、無料ブログからWordPressに引っ越しする方法について一覧表をつくりましたのでご覧ください。

番号 方法 概要 デメリット メリット
旧ブログに告知 旧ブログに引越しの告知を出し新ブログへのリンクを貼る ・検索エンジンの評価は引き継がない
・既存の記事は旧ブログに残したまま
・新ブログは記事0本からリスタート
・もっとも楽な方法
・来訪者・ファンを新ブログへ誘導
リライト引越し 記事を1つ1つ大幅リライトしつつ、徐々に引越していく ・時間と手間がかかる
・検索エンジンの評価は引き継がない
・リライトにより記事内容が充実する
・重複コンテンツにならない
削除して引越し Googleインデックス削除をしながら徐々に記事を移していく ・時間がかかる
・検索エンジンの評価は引き継がない
・新記事は評価ゼロからのリスタート
・旧記事の内容をそのままUPできる
・重複コンテンツにならない
301リダイレクト 旧ブログにおとずれたユーザーを新ブログに強制的に転送 ・対応できる無料ブログは(ほぼ)ない
・初心者には難しい
・検索エンジンの評価を引き継ぐ
・全記事を一気に引越し可能
meta refreshで転送 meta refreshで0秒指定し、旧ブログから新ブログへ転送 ・ページ単位で対応できる無料ブログは(ほぼ)ない
・初心者には難しい
・検索エンジンの評価を引き継ぐ(らしい)
・全記事を一気に引越し可能
location.hrefで転送 javascriptのlocation.hrefで0秒指定し、旧ブログから新ブログへ転送 ・初心者には難しい
・確実に検索エンジンの評価を引き継ぐかは不明
・無料ブログでもページ単位で対応可能
・検索エンジンの評価を引き継ぐ(かも)
・全記事を一気に引越し可能

これだけ見てもよく分からないと思いますので、ぜひ続きをお読みください。

 

おなじ内容の記事はコピペだからNG!

ブログのSEO対策

ちなみに読者様からの質問にあった「両方におなじ内容の記事を掲載するとあまりよくない」というのは

たぶん「旧ブログにあった記事をそのまま新ブログにコピペする」という意味だと思うのですが、

それはつまりインターネット上にまったくおなじ内容の記事が2つ同時に存在することになるということですよね?

これがなぜ良くないかと言うと、検索エンジンから「コピー」「パクリ」「重複コンテンツ」と見なされるからです。

 

重複と見なされるとどうなるか?

Googleの検索エンジンは重複コンテンツを無視するので、重複と見なされた記事はGoogle・Yahoo!などの検索結果に表示されません。

(以前はペナルティを受けましたが、最近は無視される=評価ゼロとなります)

つまり検索からのアクセスが期待できなくなるということですね。
 

「別に検索からのアクセスなんていらんし〜」というのであれば別にやっていただいても構わないですが…。

ちなみに私の所有するブログたちはアクセスの8〜9割がGoogleやYahoo!からの検索流入なので、私ならそんなバカなことはやりません。

だって検索流入がゼロになったらおいら死んじゃうしな…。

なので、ブログを引っ越しする際には旧ブログにある記事をそのまま新しいブログにUPすることだけは絶対にやめましょう。

 

さて、次の章からはブログの引っ越し方法について1つ1つ詳しく解説していきたいと思います。

 

①旧ブログに引っ越しのお知らせを出す

旧ブログに引っ越しのお知らせを出し、新ブログへのリンクを貼って読者を誘導する方法です。

「ブログを移転しました! 新しいブログはこちら→」みたいな感じで各ページの目立つところにお知らせを出しておきましょう。

 

メリットとしては、全ページにお知らせとリンクを貼るだけなのでとても楽ちん。

また、旧ブログに来てくれた来訪者や、昔からのファンを新ブログへ誘導することができます。

ただし、今までの記事は旧ブログに残したままなので、新ブログは記事0本からリスタートすることになります。

 

まあ、これ単体で引っ越しをするというよりは、他の方法と組み合わせながら引っ越しを進めるようにしましょう。

 

②大幅にリライトしてから新ブログにUP

正しい文章作成

まったく同じ内容の記事をそのまま新ブログにUPすることは、前述の通りNGです。

でも大幅にリライトや追記を施したものであればコピーと見なされない…可能性が高いです。

“大幅”というのがどんなレベルかというと、正確には分かりません。Googleのロボットが判断するものなので。

ただ個人的な感覚値だと、50%リライトはまだまだコピー、80%リライトくらいからOKかなと思っています。

大幅にリライトすればそれぞれの記事が“別々のコンテンツ”だと検索エンジンに認識されるので、2つの記事が同時に存在しても大丈夫。

 

ただし記事を大幅にリライトしていくのって、かなりの時間と手間を要しますよね。

でも、情報・図表を追加したり最新の情報に書き換えることで元の記事よりもより素晴らしい記事にリライトできれば、

旧記事よりも検索エンジンからの評価が上がることは間違いありません。

長期的にみるとメリットが大きいのではないでしょうか。

 

③旧記事を完全削除してから新記事をUP

ブログの収益化

逆に、旧ブログの記事をリライトなしでそのまま活かすならこちらの方法です。

まず、旧ブログの記事を新ブログの記事にコピペし、下書き状態で保存(バックアップ)しておきます。

つぎに旧ブログの記事は削除してしまいます。

削除後はGoogleのインデックス(Googleの記憶みたいなものと考えてください)から消えるのを待ちます。

Googleに忘れてもらうには数週間(〜ものによっては数ヶ月)かかります。

ちゃんと忘れてもらったか?をチェックするには、旧記事の記事タイトルを検索窓に打ちこんで検索してみることです。

検索結果に出てこなくなったらGoogleのインデックスから消えた(記憶がなくなった)と考えてもいいでしょう。

 

これを数記事ずつまとめて実施していき、引っ越しのお知らせを出しつつ徐々に引っ越しを進めます。

リライトの手間はかかりませんが、インデックスが消えるには時間がかかりますので、記事数が多い場合は果てしなく長い時間がかかります

しかも新記事がUPできても、検索エンジンからの評価はゼロからのリスタートになります。

…まぁ正直あまり良い方法とは言えませんね。

 

④301リダイレクトで強制的に転送

ちなみにプロのWebマーケティングの世界でサイトの引っ越し(ドメイン変更など)をする際は、

まず間違いなく「301リダイレクト」という方法を使います。

 

301リダイレクトとは簡単に言ってしまうと「転送」の一種です。

古い記事にアクセスした人を強制的に新しい記事に転送してしまう、という方法ですね。

 

この方法はGoogleが推奨する方法であるとともに、旧サイト(のドメイン)がGoogleから得ていた評価を新サイトにも引き継ぐことができます。

つまりあなたのブログ記事が検索結果で上位にいる場合、ブログの引っ越しでドメインやURLが変わってしまったとしても

301リダイレクトならその評価を引き継いでくれる(検索上位のままにできる)ということ。

すでに検索エンジンからの評価をある程度得ているサイトにとって、これ以上のメリットはありませんね。

しかも何百何千もの記事があったとしても、すべてのページを設定変更のみで転送できてしまうので、手間も時間もかかりません。

 

しかし、ここにその具体的な方法は書きません。

なぜならよく知らないから(笑)。私より詳しい人がたくさんいると思うので頑張ってググってください。すみません。

 

でも実は、301リダイレクトができる無料ブログは(ほぼ)ありません

なぜなら簡単に301リダイレクトができてしまうと、無料ブログから引っ越ししてしまう人が増えるので、

わざわざそんな方法を公開しない、もしくはできないようにしている無料ブログサービスがほとんどだから。

実質、無料ブログからWordPressに引っ越しという今回のテーマにはあまり関係のない方法と言えます。

(私がこれからブログを始めようとする人にWordPressを勧めているのは、実はこの理由からなのです。)

 

⑤⑥その他の転送方法

システム,管理,設定

meta refreshで0秒指定し、旧ブログから新ブログへ転送する

javascriptのlocation.hrefで0秒指定し、旧ブログから新ブログへ転送する

この2つの方法は、301リダイレクトが不可能である場合に仕方なしに利用する方法です。

しかもある程度の技術的な知識が必要なため、初心者にはかなり難しい方法と言えます。

 

さらに、そもそもGoogleが推奨している方法ではないため、

肝心な“検索エンジンの評価を引き継ぐ”という機能が働くかどうかは正直わかりません

筆者自身もやったことがないので、どうなるか不明です…。

 

筆者おすすめの「ブログの引っ越し手順書」は?

結論。

もしあなたの無料ブログが「④301リダイレクト」が可能なのであれば、現時点でそれ以上に良い方法はありません。ぜひ301リダイレクトで進めてください。

301リダイレクトに対応はしていないが、ある程度の技術的知識がある人であれば「⑤meta refresh」「⑥javascriptのlocation.href」で転送する方法を試してみてください。

301リダイレクトほど検索エンジンの評価を引き継ぐ確実性はないですが、近い効果が得られるかも知れません。それに全記事へ一気に対応できるので楽ちんです。

 

それが難しい場合は「①旧ブログに告知」と「②リライトして引っ越し」の組み合わせがもっとも現実的です。

この際の理想的な手順は下記の通り。

ⅰ.新ブログをWordPressで開設
ⅱ.旧ブログでの記事更新はストップ
ⅲ.新しい記事を書く場合は新ブログでUP
ⅳ.旧ブログには移転のお知らせを出す
ⅴ.旧ブログの記事を大幅にリライト
ⅵ.大幅リライトした記事を新ブログでUP

…こんな感じで徐々に引っ越ししていくのが一番いいんじゃないでしょうかね?

 

実は私もいま現在、この方法で無料ブログからWordPressへの引っ越しを画策しているので、

今後その具体的な効果なんかをみなさんにシェアしていきたいと考えています。

お楽しみに!

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※9/29まで エックスサーバー契約で独自ドメインを無料プレゼント

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。