WordPressと無料ブログの比較

WordPress」と「無料ブログ」のどちらが良いか?同時期に立ち上げた実在の2ブログを比較しつつ白黒ハッキリさせよう!というシリーズ第2弾です。

※第1弾はこちら(無料ブログとWordPressどっちがいい?|実在の2サイトを比較)をご確認ください。

前回はブログ開設50日時点でしたが、今回は70日時点のレポートです。開設から10週間以上が経過し、両ブログの状況がどのように変わったか?また、私自身が感じた“成功するブログの秘訣”についてまとめておきます。

スタート当初は無料ブログが優位

まずは前回の記事でも書いたとおりですが、ブログの開設当初においては、無料ブログの方が集客に有利でした。理由を簡単にまとめると下記の3点です。

集客導線が多い

無料ブログでブログ開設をすると、“ブログサービス側が運営するサイト”に新着記事や人気ランキングなどの形でリンクが貼られます。つまりそこから一定数の集客が期待できるということです。WordPressにはこのメリットはありません。

また、無料ブログのなかにはアメブロやハテナのように“コミュニティ”が充実しているものが多いため、一匹狼状態のWordPressに比べ集客がしやすいと言えます。

はじめから被リンクが付く

無料ブログでは、SEO上でとても重要な要素となる「被リンク」がつきやすいと言えます。前述のとおりブログサービス側からリンクが貼られるため、これがバックリンクとなるのです。前回の記事でもご紹介したとおり、実際のテストでも被リンクかつくことを確認しています。

ドメイン運用期間が長い

WordPressでは自分で独自ドメインを取った時点からドメインの歴史がはじまるのに比べ、無料ブログはすでにブログサービス側が取得しているドメインを借りる型になるため、最初から歴史が古いドメインを使うことができます。

ドメインの歴史が古いほうが検索エンジンから評価されるため、無料ブログは初期のSEOに有利と言えます。

 

やはりWordPressはSEOに強い

しかし、今回の調査では早くもWordPressが無料ブログを上回り、大きく差をつける結果となりました。

まず、前回の記事(開設50日目)と現時点(開設70日目)における、Google PageRank(グーグルページランク)やAlexa traffic rank(アレクサトラフィックランク)を比較してみましょう。

WordPressと無料ブログ,実績推移

開設2ヶ月を過ぎたところで、WordPressにもようやくAlexa traffic rankがつきました。しかし今のところ無料ブログのほうがランク評価は高くなっています。インデックス数も被リンク数も、無料ブログのほうが多いままです。

しかし実際のPV数や検索表示回数(検索結果ページに何回表示されたか)を見てみると、WordPressの方が圧倒的に多くなっていることが分かると思います。

もちろん、この二つのブログは中身が違うので正確な比較にはなりませんが、WordPressでしっかりSEO対策をすれば、無料ブログが持つ開設初期の集客メリットを大きく上回ることができるということです。

 

SEO対策をすれば2ヶ月で上がる

また、開設当初から現在までの「検索クエリ」の推移も見てみましょう。検索クエリとは、ユーザーがインターネット検索をする際に検索ボックスに入力する単語 or 複数語のことです。

下記表のAが無料ブログ、BがWordPressです。

検索クエリの推移

開設から1ヶ月目くらいまでは、両ブログともにほとんど検索結果への表示もクリックもありません。しかし、徐々にBのWordPressが検索クエリからの表示回数・クリック数を伸ばし、2ヶ月が経過するころには無料ブログの8~10倍の表示回数とクリック数がWordPressに発生しています。

つまりしっかりとSEO対策をおこなうことで、ブログ開設からわずか2ヶ月という短い期間であっても、検索エンジン経由からの多くの集客を得られるようになるのです。もちろん、このまま正しいSEOを続けていけば、数ヶ月後・1年後には驚くほどの集客効果を期待できるはずです。

 

更新頻度にこだわる必要はない

ペンと紙,記事作成

この二つのブログ、実は更新頻度にも違いがありました。無料ブログ(A)はほぼ毎日記事をアップし頻繁に更新を行なっていました。一方でWordPress(B)のブログは週に1~2回の更新しか行っていませんでした。

しかし、SEOの効果(検索クエリ数の増加)で見ると圧倒的にWordPressの方が高くなっています。

もちろん、更新頻度が少ないほうが良いという意味ではありません。更新頻度が多いに越したことはないのですが、より大切なのは更新する内容(コンテンツの質)やしっかりとSEOを意識することなのです。

では、どうすれば更新頻度を過剰に増やさなくても集客が得られるか?(SEO効果を高められるか?)を、以下にいくつか紹介させていただきます。

 

最低限のSEO知識は必要

SEO効果

この二つのブログを見比べた際に、改めてわたし自身が感じたのは「SEO検索エンジン最適化)」の大切さです。…とは言っても、私はSEOのプロではありませんし、難しいことは分かりません。

逆に言うと、ブログ運営に必要なSEO知識なんてそんなに難しいことではないということ。では以下に“最低限必要なSEO対策”をまとめておきます。

SEOキーワード

どの文言(キーワード)で検索された時に自分のブログを表示させたいのか?を考えること。これはどんな内容の記事を書くときにも、いちばん最初に考えるべき重要ポイントです。

SEOキーワードを決めるときはあまり欲張らずに、1個だけ(多くても2個くらい)を選ぶようにしましょう。“この記事は●●●というキーワードを意識する!”と決めてから書き始めるだけでも、かなりのSEO効果があります。

タイトル

検索エンジンからの評価に最も影響を与えると言われている「titleタグ」。ほとんどのブログでは「記事タイトル」と「ブログ名」がtitleタグ内に反映されるようにしている場合が多いので、記事タイトルには必ずSEOキーワードを入れるようにしましょう。

また、記事タイトルは対・検索エンジンへの影響だけではなく、読者が“この記事面白そうだな”と記事をクリックし読んでくれる決め手にもなります。

見出し

記事中の見出し、つまり“h1〜h6タグ”も重要です。意識するSEOキーワード、またはそれに類似 or 関連する言葉を見出し内に入れるようにしましょう。

文字数

記事の文字数もブログを運営する際に気になる要素の一つですよね。何文字以上だとSEO効果がある、とは一概には言えませんが、一定以上のテキストボリュームの中で対策キーワードが使われていた方が、SEO効果が高まります。

ちなみに先に説明したブログAでは平均500〜1,000文字、ブログBでは平均2,000〜5,000文字以上のテキスト量で記事を書いていました。筆者としては(その分野の競合具合にもよりますが)最低2,000〜3,000文字くらいはあった方が良いと考えています。

文字数の少ない(≒質の低い)記事を毎日アップするくらいであれば、たっぷりとしたテキストボリュームでしっかり書かれた記事を週1〜2回アップした方が、SEO効果が高いはずです。

サイトマップ送信

無料ブログであろうがWordPressであろうが、サイトマップXML Sitemap)をGoogleに送信することは必須です。

サイトマップはクローラーによるインデックスを促進し、検索エンジンに自分のサイトの更新情報をいち早く知ってもらう手助けになります。

WordPressでは各種プラグインで簡単にサイトマップの作成&送信ができます。無料ブログでは各ブログサービスによって方法が違いますのでヘルプや問い合わせから調べてみて下さい。

各種ツールとの連携

ウェブマスターツール」や「Google Analytics(アナリティクス)」のようなツールと連携することも大切です。

連携自体にSEO効果があるわけではなく、自分のブログを管理・分析・対策をすることによって、より良い状態に少しずつ近づけることができるのです。

※ブログに効果があるSEOについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事(ブログSEOに必要な鉄板テク39連発)をご参照ください。

 

まとめ|WordPressと無料ブログの比較

アイデア,インターネット

いかがでしたか?いまいちど今回の内容を簡単にまとめると、下記の通りとなります。

無料ブログは初期集客に強い。しかしWordPressでも基本的なSEOをしっかり行なえば、開設から数ヶ月で検索エンジンから評価を受け安定した集客を得られる。

つまり、ブログで安定した集客とお金を稼ぐなら、WordPressを選ぶべきということです。無料ブログでは、サービス側の広告を消したい場合に“お金がかかってしまう”というデメリットがあります(WordPressでかかるコストよりも高くつく場合すらある)。かつ有料版にしても完全に広告を消せるわけではなく“自分の広告収入を邪魔されてしまう”というデメリットもあります。

さらに“ドメインが自分のものにならない”というデメリットも忘れてはいけません。ドメインはあなたの大切な資産ですので、ぜひ独自ドメインを取得し大切にじっくりと育てていきましょう。

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※期間限定 無料プレゼント※
サーバーを契約した方全員にもれなく

独自ドメイン1本 永年無料!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。