ブログ

さて、ブログの記事を書くにあたってその「記事タイトル」はもっとも大切な要素のひとつです。

記事タイトルは読者がいちばん最初に目にするものであり、そこで魅力的な見せ方ができなければユーザーはクリックさえしてくれないわけですから。

しかし中には“絶対に自分のブログを読まれたくない!”“PVなんて欲しくない!”…なんてひとがいるかも知れません。そこで今回は「誰にも読まれない記事タイトルの作り方」を考えてみましたので、ぜひご参考にしてください!

1.ターゲットを絞らない

記事を読まれないようにするためには、まずその記事が誰に向かって書かれたものなのか?どういうひとをターゲットにしているのか?を判らなくする必要があります。

「○○なひと必見!」「△△で困っていませんか?」「□□するなら知っておきたい3つの事」「◇◇なあなたへ!」…などのターゲットを特定するような表現は間違っても使ってはいけません。“あ、これ私のことかな?”と勘違いされてクリックされてしまってはお終いだからです。

記事タイトルは“あなたとはまったく関係のない内容ですよ…”というのが明確に伝わる内容にするか、もしくは誰にも興味を持たれないような内容にするなど、できるだけ一瞬でスルーされるように工夫しましょう。

 

2.誰の役にも立たないように

ブログ101

“この記事は役に立ちそうだなぁ”“知りたい情報がありそうだなぁ”と思われてしまってはクリックされる率が高まってしまいますので危険です。

できる限り“何の役も立たない”と思われるように書き方を工夫しましょう。そのためにはどうでも良い日常のできごとや、つまらない独りよがりな内容がうかがえるタイトルにするのが鉄則となります。

間違っても、読者が得をしたりメリットがあるように思わせてしまってはいけません。

 

3.具体的な数字を入れない

記事タイトルに具体的な数字を入れてはいけません
例えば、「3ヶ月で100万pvにする魔法のテクニック」「ブログランキングで上位3位以内に入るための7つの秘策」「Google AdSenseで10万円稼ぐためのコツ」…などはもっての他です。

記事タイトルはなるべく抽象的に、ぼんやりした表現にするようにしましょう。そうすることで、ユーザーの流入を極限まで防ぐことができるはずです。

 

4.内容を想像できないものに

結論,疑問,質問

記事タイトルからは記事の内容が想像つかないように工夫しましょう。

できるだけ読者の関心が薄いようなタイトルにすると共に、意味不明で内容の感じられないタイトルにすることが大切です。

また、記事本文とまったく関連性のないタイトルをつけてしまうのもおすすめの方法です。記事タイトルと内容のミスマッチを生むことで、実際にクリックされてしまったとしても早い段階での離脱を誘うことができます。

 

5.ハードルを上げる

閲覧を未然にブロックするためには、タイトルの時点で“この内容は難しそうだな…”“自分のレベルに合っていないな…”と思わせるのも効果的です。少なくとも「初心者は必見!」「はじめて○○する人が読んでおきたい△△」などの表現は避けるようにしたいですね。

また、即効性のあるウラ技としては「有料」「クリックすると課金」などの、お金がかかってしまう感を演出することも大切です。乱発は避けたいですが、これらの表現をうまく取り入れることができれば、0pvも決して夢ではありません。

 

6.読者を完全に無視する

比較,選択,選び方

読者(ユーザー)を自分のブログに近づけさせないためには“読者の存在”を意識してはいけません。誰かに向かって発信するのではなく、常に自分のためだけにタイトルや記事を考えることが必要となってきます。

例えば、自分や身内だけにしか分からない内輪話をしたり、一般的ではない表現・言葉づかいを頻発するなどのテクニックが効果を発揮するでしょう。

ユーザーがどんな人なのか?どんな情報を求めているか?なんて、間違っても想像してはいけません。この世の中には自分一人しかいないと思ってブログを綴ることが重要なのです。

 

7.検索されないように工夫する

0pvを目指すひとにとってもっとも怖い存在が検索エンジンです。

GoogleやYahoo!などの検索ポータルは世界中の多くのインターネットユーザーが利用するためとても影響力が強く、やり方を間違えるとあなたのブログにどんどんユーザーが集まってきてしまいます。

ちなみに、多くのブログサービスでは記事タイトル内に入れた文言(キーワード)が検索に引っかかりやすくなるように作られています。そのため、記事タイトルには絶対に重要なキーワードを入れないようにすると共に、どうしてもキーワードが入ってしまう場合はなるべく文末にするなどの工夫をしましょう。

また検索エンジンは、タイトルに含まれている文言と記事内容に関連性があればあるほど上位表示をしようとしてきます。これを防ぐためにはタイトルには本文と関連のないフレーズを使うなどの対策が必要です。

これらの工夫をすることで、検索結果で“圏外”(100~200位以下)を狙うようにしましょう。

 

8.目立たないようにインパクトを弱く

burogu

せっかく超絶つまらないブログ記事を書きあげたとしても、タイトルが目立ってしまってはユーザーに発見されるリスクが高まってしまいます。

記事タイトルを考える際はなるべく周囲に溶け込むように、陳腐な言い回しや月並みの表現を使うようにしましょう。見たひとの印象に残らないように、インパクトの薄いタイトルを考えることが大切なのです。

 

9.ダラダラと長く30文字以上にする

記事タイトルの文字数を32文字以上にするというのも効果的なテクニックです。

なぜなら、Yahoo!やGoogleなどの検索結果に表示される記事タイトルは30文字前後までなので、長くすれば検索結果に途中までしか表示されなくなるからです。

なるべく意味のある言葉は文末に寄せてしまい、30文字以上にすることで、検索ユーザーからの流入を最小限に抑えることが可能となります。

 

これなら読まれない?pv0の記事タイトルとは

集客,アクセス,人が集まる

いかがでしたか?
今回ご紹介したテクニックを一つひとつ実践することで、誰にも注目を浴びることなく1人でひっそりとブログを運用することが可能となるでしょう。

最後に、わたしが考える“絶対に読まれない記事タイトル”の具体例をいくつかピックアップしておきましょう。

2月16日の体重と食事

今日の出来事(有料)

晩ごはんのお献立は美智子が好きなかぼちゃとジャガイモと鶏肉の煮つけにしようと思うがなにか問題でも?

…あれ?おかしいな。
これはこれでちょっと読んでみたいぞ。。

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※期間限定 無料プレゼント※
サーバーを契約した方全員にもれなく

独自ドメイン1本 永年無料!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。