無料ブログ比較

さて、世の中にはさまざまな無料ブログサービスがありますが、果たしてどれを選ぶべきでしょうか?

先に言っておきますが、わたくし個人的には、ブログを長期的に運用しなおかつブログでお金を稼ごうとするのであれば、「無料ブログ」ではなく「WordPress」を強くおすすめ致します

…しかし中には、“無料ブログで手軽にサクッとはじめたい” “どうしても初期投資するお金がない”という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、代表的な「無料ブログ」をいくつかピックアップし、さまざまな視点で徹底的に比較してみたいとおもいます。

中立性を保つために、広告誘導やアフィリエイトリンクは貼りませんのでご安心ください。また、今回の記事では特に「ブログ収益面」「アクセス流入面」「SEO面」に注目して比較してみたいと思います。

ちょっと長いので、時間がない人は結論から先にどうぞ。

※当記事は2014年12月に「無料ブログ徹底比較 2015年版」として初公開し、みなさまから寄せられたコメントや最新の情報をもとに順次アップデート&追記を行なっています(前回更新:2018年2月16日ライブドアブログのHTTPS化についてを追記)。  もし新しい情報や間違いを発見した際はコメント欄よりお知らせください。

 

実際の検索結果でどの無料ブログが強いか?を比較

無料ブログの比較一覧表

まずはじめに、もっとも単純な調査方法を試してみましょう。

下記は、さまざまな分野のキーワードをGoogleやYahoo!などを使い実際検索した際に検索上位にどの無料ブログが多いか?をまとめた結果です。(はい、人力でコツコツ検索して調べました…)

1位  FC2ブログ70pt
2位  Ameba
|アメーバブログ … 46pt
3位  livedoor
|ライブドアブログ40pt
4位  Seesaa
|シーサーブログ 27pt
5位  Hatena
|はてなブログ13pt
6位  So-netブログ 11pt
7位  gooブログ 6pt
8位  Yahoo!ブログ 1pt
8位  exciteブログ 1pt
8位  JUGEM … 1pt

11位  Blogger … 0pt
※WordPressなど独自ドメインのブログは判別できないため除外

 

検索したキーワードは、さまざまな分野(特にアフィリエイト広告が活発な分野)から偏りが出ないようにランダムに選んでいます。

1位~30位までにどの無料ブログのサイトが表示されるかを調べ、1ページ目(1~10位)に表示されたら3pt、2ページ目(11位~20位)で2pt、3ページ目(21位~30位)で1ptを加算していきます。

 

結果、今回の調査では「FC2ブログ」が圧倒的な差をつけて勝利しています。

ただし、FC2は特に動画まとめ系の分野で多くのポイントを稼いでおり、逆にその他の分野では「アメーバブログ」「ライブドアブログ」とそこまで大きな差はありませんでした。

アメーバブログは無料ブログとしては後発のイメージがあるものの、ライブドアブログとの激戦を制し、2位にランクインしています(この2つもそれほど大きな差はありません)。

はてな」「SeesaaあたりはSEOに強い無料ブログというイメージがありましたが、今回調べた感じではそれほどでもなかったですね。

 

機能面を一覧表で比較

次に機能面や広告まわりの条件について比較してみましょう。一覧表にまとめましたので、以下をご確認ください。

無料ブログ機能比較一覧表

FC2ブログ機能面・スペックでも優秀ですね。ほぼすべての項目で丸印がついています。運営側が表示させる広告も有料ではありますが削除は可能です。

アメーバブログはカスタム性やドメインの自由度に制限が多いです。そのためアフィリエイト広告の導入がやや難しい面があったり、Google AdSense(アドセンス広告)が入れられないという大きな欠点があります。

ブログサービスの利用者数・ユーザー間のコミュニティ機能・芸能人ブログなどでの集客力はとても魅力ですが、あなたが“収益”を目的としたブログをつくるのであれば、選択肢からは外してよいかと思います。

ライブドアブログ操作性がよくスペック面では優秀です。しかし、サービス側が表示させる広告を完全に消せないのがとても痛い。

アドセンス広告ではほとんどの売上がスマホから発生しますので、スマホの売上をサービス側の広告に邪魔されると中長期的に大きな損失となってしまいます。

 

Seesaa(シーサーブログ)も安定のスペックですが、これもスマホ広告が消せないのがデメリットです。

はてなブログはややスペックで見劣りするのと、アフィリエイト広告の導入にも制限があるのが痛いですね。

それ以外ではJUGEMがスペック、広告まわりの自由度などで優れているので注目です。

PR

LINE@で「裏ブログ部」はじめます!友だち追加ブログには書けない裏話、収益報告、更新通知、友だち限定情報などを配信(完全無料)!まずは友だち追加を♪

 

 

詳細コメント付きで解説

無料ブログ比較

では以上を踏まえつつ、代表的な無料ブログの特徴やメリット・デメリットなどを詳しく解説していきましょう。

FC2ブログ

FC2ブログ

Google PageRank =7
Alexa traffic rank =57
インデックス数 =14,500,000
被リンク数 =259,944
ドメイン取得 =1999年5月(fc2.com)

 

私は「FC2ブログ」を利用したことがありませんが、こうして客観的に見比べてみると、スペック・収益性・SEO面のいずれにおいてもとても優秀な無料ブログだということが分かります。

HTML、CSSの編集ももちろん自由ですし、デザインテンプートは6,000種類もあります。有料ではあるものの広告を非表示にすることでもできますし、アフィリエイト広告の掲載や商用利用も問題ありません。

初心者から上級者まで問題なく利用できる無料ブログサービスだと思います。

2015年6月 追記

注意したいのが、まれにFC2ユーザーからある日突然アカウントを凍結された!という話を聞くことがあります。

複数のユーザーから似たような報告があるため、これからFC2をはじめようという方はぜひご注意ください。

これはFC2だけでなく他のブログにも共通して言えることですが、ブログを運営する際にはこまめにバックアップを取り、万が一に備えておきましょう。(コメントをいただいたりゅうさん、ありがとうございました。)

2015年7月 追記

ちなみに、Google AdSenseのアカウント開設を行なうときには、広告を貼る先のサイトに審査が入りますが、FC2では登録自体ができません。つまりFC2ではGoogle AdSenseの開設は不可能です。

しかし、すでに別のサイトで審査に通っているAdSenseアカウントから発行されたコードをFC2ブログに設置することは可能だと思います。つまり、審査に出すことはできませんがAdSense広告を貼ること自体は可能ということ。

ただし、最近Google AdSenseの審査はどんどん厳しくなってきていますので、本来は審査に通らないようなドメインでAdSenseの運用をするのはとてもリスクが高いです。最悪アカウント停止もあり得ます。

FC2でブログを始める場合は、くれぐれもこの点にご注意ください。(コメントをいただいたごまちゃんさん、ありがとうございました。)

2016年9月 追記

FC2ブログはこの他にもスパム対策、高機能エディター、製本化サービスなどなど、無料ブログサービスの老舗らしくさまざまな機能&サービスが提供されています。

運営元が海外の会社だという不安要素があるものの、総合的に考えるともっともおすすめできる無料ブログサービスのひとつに数えても良いと思います。

2018年1月 追記

上記にFC2ではAdSenseの審査に通らないと説明しましたが、有料プランで独自ドメインを取得すれば審査に通るようです(つまりFC2のドメインを使わないということ)。

有料プランでかつ独自ドメインも有料ですので、だったらWordPressでいいじゃないかと個人的には思いますが…念のため追記させていただきます。

(情報をいただいた匿名さん、ありがとうございました。)

 公式サイト(機能説明ページ)はこちら

Ameba(アメーバブログ)

アメーバブログ

Google PageRank =7
Alexa traffic rank =129
インデックス数 =39,100,000
被リンク数 =28,724
ドメイン取得 =2004年7月(ameblo.jp)

 

「Amebaブログ」はブログサービスというよりもどちらかというとSNS(ソーシャルネットワーク)に近しいサービスだというイメージです。芸能人ブログも多いためとても派手なイメージがあり、利用者が多く集客力に強い無料ブログと言えるでしょう。

しかしブログ自体のスペックやカスタム性、広告まわりの自由度は決して高いとは言えません。HTMLのカスタムに制限があるため、アフィリエイト広告が難しい場合もあります。

さらに致命的なのがGoogle AdSence(アドセンス広告)が不可だという点ですね。

2015年8月追記

同じamebaのアカウント内でゲームなど複数のサービスを利用している場合、ブログだけを削除することはできないようです(ゲームなど他のサービスを含めてアカウント自体を丸ごと削除しなくてはならない)。

情報をお寄せいただきましたmatumotoさん、ありがとうございました。

2016年9月追記

前回調査時よりGoogle PageRankが7→3へ大幅ダウン(現在はPageRank自体が廃止されています)。Alexa traffic rankも前回129位→21,699位へ大幅ダウン。被リンク数も前回29,000→たった500件へ大幅ダウン。

アメブロがというよりは無料ブログサービス自体があまりGoogleの評価を得られなくなってきていますが、特にAmebaの落ち込みは他の無料ブログと比べても大きいように感じます。(※冒頭のデータは初回調査時のものを記載しています。)

2018年1月追記

実は直近で筆者Sanzzoもアメブロを始めました。正確にはameba公式トップブロガーとしてブログを作っていただいたのですが、使用感としては概ね上記に書いたとおりでした。

女性ユーザーが多く「読者登録」や「いいね」などの反応が付きやすく、運営していて楽しい無料ブログです。

一方でアドセンス広告が貼れない、デザインの自由度が極めて低い、xmlサイトマップが作れない…などなどの制限も多く、バリバリお金を稼ぐサイトとしては不向きですね。

 公式サイトはこちら

livedoor(ライブドアブログ)

ライブドアブログ

Google PageRank =7
Alexa traffic rank =153
インデックス数 =164,000
被リンク数 =3,309,652
ドメイン取得 =1999年10月(livedoor.com)

 

「livedoorブログ」はとてもカスタム性に優れた無料ブログです。トップページや、個別記事、カテゴリ、各種アーカイブページなど、各ページを個別にカスタムできるところが大きな魅力です。

しかし大きなデメリットとしてサービス運営側の広告を完全には消去できないという問題があります。

スマートフォンからの広告売上をサービス側の広告に邪魔されるのはとても痛いです(スマホの広告を消すプランもありますが、そのプランだと自分たちの広告を貼れないという鬼仕様)。

私もライブドアブログを現在進行形で運用していますが、この点でとても後悔しています…。

2015年6月 追記 

2015年5月1日より、PC版の広告非表示化が完全無料となりました。

しかし注意すべきは広告を消せるのはPCだけで、アクセスの70~90%を占めるスマホ版の広告を非表示にする手段はないということ。ブログの収益化を将来的に考えるのであれば、ライブドアブログは“なし”ですね。

なぜ、PC版の広告非表示化を完全無料化にできるのか?それはスマホ広告で十分に儲かるからであって、各プランの無料化は単なるまやかしと言っても良いでしょう。

2016年9月 追記

2016年9月2日前後より、いままで一定量以上のPVがあるブログじゃないと表示されなかったオーバーレイ広告(スクロールしてもついてくるウザい広告)が、スマホ版に強制的に表示されるようになりました。

これは運営側が自らの広告収益を増やすために導入した、まさに改悪以外のなにものでもないアップデートです(運営側の広告枠が増える=わたしたちの広告収入が減る)。

これが元でライブドアブログに見切りをつける人がけっこう増えましたね。

2018年2月 追記

2018年2月16日にとうとう「ライブドアブログもHTTPS化に対応する」とのリリースが出されました。(※参照:ライブドアブログのHTTPS対応について

大手サービスの中ではかなり後発での対応とはなりますが、無事対応の方針となり何よりですね。ただし現時点では対応完了の時期が未定となっているため、今後の動向に注目しましょう。

 公式サイト(機能説明ページ)はこちら

Hatena(はてなブログ)

hatenaブログ

 

Google PageRank =7
Alexa traffic rank =649
インデックス数 =630,000
被リンク数 =65,599
ドメイン取得 =2014年3月(hatena.ne.jp)

 

「はてなダイアリー」のイメージが強い「はてな」ですが、現在はHatenaBlog はてなブログというサービスが主流になっています。

おしゃれでシンプルなデザインが人気で、とくにソーシャルブックマーク機能の「はてなブックマーク(通称はてブ)」がネット業界の高リテラシー層で普及しているため、集客力に強いブログサービスだと言えるでしょう。

有料プランは1,008円と高額ですが運用側の広告を消すことができます。ただし、カスタム性がやや弱くアフィエリエイトなどの導入に難ありです。

2015年8月追記

はてなは「SmartNews スマートニュース」との連携をおこなっています(はてなチャンネル)。

Twitterなどのソーシャルの反応が良い記事であれば、SmartNews内に掲載される(通称:スマニュー砲)可能性があるのが魅力ですね。

2016年9月追記

2016年4月26日前後に事件(?)が発生。突然多くの「はてなブログ」にて検索順位の大幅な下落が起こるという事態に。

「はてなブログはオワコンだ!」などの記事やツイートが出まわり、アフィリエイト業界界隈では一時騒然となったのえ覚えている人も多いことでしょう。

これは、いままでGoogleから過剰な高評価を受けていたはてブなどはてな関連ドメインの評価が見直しされ、この効果に依存していた記事の順位が下落してしまったようです。

原因は「はてブ互助会」のようなグレーな手段が横行したからですかね?いずれにせよはてブには一時期ほどのSEO効果はなくなったと見て良いでしょう。

2016年10月追記

最近読者の方々から広告を貼っていたら突然Banされたというコメントをよくいただくようになりました。

広告はアドセンスやamazon、楽天アフィリエイトなどさまざまですが、まあどの広告を貼っても“商用目的”と判断された場合はアカウント停止になるのでしょうね。

これからはてなブログを始めようとされている方はぜひその点をご注意きださい。実質、はてなブログでお金を稼ぐことは難しいですよ。

コメントをいただいた皆様、ありがとうございました。

 公式サイト(機能詳細ページ)はこちら

JUGEM

jugem

Google PageRank =6
Alexa traffic rank =1,827
インデックス数 =7,600,000
被リンク数 =225,285
ドメイン取得 =2004年6月(jugem.jp)

 

機能&スペック的にも、広告まわりの自由度も、なかなか見逃せない存在なのが「JUGEM」です。昔から一定の人気がありますし、初心者にも使いやすい点も魅力です。

ちなみに筆者であるSanzzoが生まれてはじめて利用した思い入れが強いブログサービスがこのJUGEMです。(だから多少ひいき目である点をお許しください…。)

知名度はあまり高くないのですが、運営元のpaperboy&coはインターネット業界の大手GMOグループの傘下なので、一応安心はできます。

2015年7月 追記

一覧表にはHTML・CSSがカスタム可能と表記しておりますが、実際にはカスタムできるのはPC版のみで、スマホ版はカスタム不可のようです。

情報提供いただきました方、誠にありがとうございました。

 公式サイトはこちら

Seesaa(シーサーブログ)

seesaaブログ

 

Google PageRank =6
Alexa traffic rank =7,122
インデックス数 =318,00
被リンク数 =1,610,036
ドメイン取得 =2003年8月(seesaa.jp)

 

「Seesaaブログ」は機能面ではとても優秀です。しかし他の巨大ブログにくらべると知名度が低くあまり人気がありません(つまり集客力にやや難あり)。

Seesaaもスマホ広告を完全に消せないという点がデメリットです。また、表示が遅い(表示速度が遅いと検索エンジンのクローラーに対して悪影響がある)という意見もあるようなので、そのへんもデメリットとなります。

 公式サイトはこちら

WordPress.com

ワードプレス

2016年9月 追記

WordPressには「WordPress.org」「WordPress.com」の2種類が存在するってご存知ですか?

WordPress.orgとは?
あなたが独自ドメインレンタルサーバーを準備し、あなだけのWebサイトやブログを作ることができるサービス。通常WordPress(ワードプレス)という場合はこちらを指します。

どんな運営をしようがどんな広告を貼ろうが(合法である限りは)あなたの自由です。カスタムやプラグインを使った外部との連携など、果てしなく自由で便利なサービスがWordPressです。

WordPress.comとは?
WordPressの無料ブログ版です。アドセンスやアフィリエイト広告に大きく制限がありますし、運営側の広告が表示されたりもします(外すには有料プランに加入しなくてはならない)。

カスタムも不自由だし、基本的に英語で提供されているので不便。あえてこのサービスを選ぶ理由はありません(※関連記事:【簡単】5分でわかるWordPressのはじめ方!開設方法を教えます

 

Blogger(ブロガー)

無料ブログサービスbloggerのロゴ画像

2017年5月 追記

最近よく「Bloggerってどうですか?検討しているので評価してください」というコメントをいただくようになりましたので、追記させていただきました。

個人的にいろいろ触ってみた感想としては、Googleのサービスに慣れているWebリテラシー高めの人であれば扱いやすいかも知れませんが…

日本の無料ブログサービスのインターフェイスに慣れてしまっている一般の方には、ちょっと取っつきにくい所があるかな?という感じがします。

インターフェイスとしてはWord Pressに近い感じがしますね(第一印象では)。もっと言うとWord Pressより優れた点は見つからないので、Bloggerを使うくらいだったらWord Pressでいいのでは?と思います。

Bloggerのメリット(長所)としては以下の通りです。

●運営側の広告は一切表示されない
●自分の広告は自由に貼れる
●アダルトや公序良俗に反するものはNG
●カスタムの自由度が高い
●容量・転送量が無制限

広告が自由である点はBloggerの大きな魅力だと思います。

ちなみにBloggerはGoogleが提供する無料ブログサービスです。そのため「BloggerはSEOに有利!」「Google Adsenseに有利!」みたいなことを言っている人もいますが…

そんなわけないじゃないですか。Googleが自社の関連サービスだからって「えこひいいき」をするわけありません。他の無料ブログサービスも条件はおなじです。

ただし、Googleのポリシーに反するようなこともやらないでしょうから、有利ではないけど不利になる可能性は極めて低い…くらいの感じでしょうね。

ちなみにBloggerのデメリットは以下の通り。

●コミュニティがない(初期集客に苦労する)
●テンプレートが少ない
●海外サービスなので慣れてない人には分かり難い
●日本では利用人口が少ないのであまり情報がない
●知識がないとカスタムが難しい

…こんな感じです。

イメージとしては中級者~上級者向け、無料ブログとWord Pressの中間くらいのポジションですかね。

完全に無料で、ガシガシと好きにカスタムしたり広告を自由に貼ったりしたい人にはおすすめ。

ただ個人的には…繰り返しになりますが、Bloggerを使いこなせるならWord Pressの方がいいです。

Word Pressのほうが利用人口が多いから情報量も多いですし、テンプレやプラグインも多いので圧倒的に自由度も高い。

無料ブログとWord Pressのいいとこ取りのように見えて実は…「帯に短したすきに長し」というなんとも中途半端な存在になっている気がします。

 公式サイトはこちら

So-netブログ

so-netブログ

Google PageRank =6
Alexa traffic rank =948
インデックス数 =62,200,000
被リンク数 =16,846
ドメイン取得 =1997年2月(so-net.ne.jp)

 

基本的な機能はすべて備わっていますが、スマートフォンの広告が消せなかったり、アフィリエイトの導入などに制限があるのがデメリットです。

 

gooブログ

gooブログ

Google PageRank =6
Alexa traffic rank =239
インデックス数 =4,930,000
被リンク数 =10,024
ドメイン取得 =2004年6月(goo.ne.jp)

 

HTML・CSS・ドメインのカスタム性にやや難あり。有料版はリーズナブルで、広告まわりの自由度もあがりますが、スマートフォンの広告が消せないのがデメリット。

 

Yahoo!ブログ

Yahoo!ブログ

Google PageRank =6
Alexa traffic rank =17
インデックス数 =0
被リンク数 =9,165
ドメイン取得 =2000年11月(yahoo.co.jp)

 

インターネット業界大手のYahoo!が運営する無料ブログです。その昔は「Yahoo!ブログはYahoo!の検索にヒットされやすい」…なんて噂もありましたが、マユツバでしょうね。

カスタム性・ドメインまわり・広告まわりの自由度も、特に魅力的なものはありません。

 

エキサイトブログ

エキサイトブログ

Google PageRank =6
Alexa traffic rank =961
インデックス数 =185,000
被リンク数 =342,902
ドメイン取得 =2004年1月(exblog.jp)

 

特筆すべきことはありません。

※上記の数値データ部分はすべて2014年12月時点。被リンク数以外のデータは「SEOチェキ!」で調査。被リンク数は「SEOページランクチェッカー」で調査。同ドメインからの被リンク数を含まずでカウントしています。

 

結論!無料ブログはどれにすべき?

では、結論です。
もしあなたがこれから無料ブログをはじめようとするのであれば、まずは「FC2ブログ」が総合的にもっともおすすめできると思います。

FC2はSEOにも強く、広告まわりの自由度が他に勝っています。唯一不安なのが…運営企業が海外にあったり、家宅捜査が入った前例もあったりするので、このへんの安心感が他サービスにくらべて弱いかと。

もし次点を挙げるとすればJUGEMなどもおすすめです。スペック的にも十分ですし、広告まわりの自由度も高いです。FC2の下位互換といったイメージですので、特にFC2を避ける意味はありませんが…。

「ライブドアブログ」「アメーバブログ」「はてなブログ」「Seesaaブログ」なども、スペック面やSEO面では優秀です。しかし広告まわりに制限があるので、収益面を考えるとちょっと候補にはあげにくいところ。

特にアメーバブログはGoogle AdSense(アドセンス広告)自体がNGですし、HTMLの編集に制限があるため自由にアフィリエイト広告を導入することができません。

ライブドアブログはサービス側が表示させるスマホ広告を完全に消すことができないのが大きなデメリットとなっています。直近ではスマホに強制的に運営側のオーバーレイ広告が表示されるなどの改悪もありました。

それぞれ良い点・悪い点があると思いますが、まあ最終的にはあなたのヤル気次第です。

読者(ユーザー)が本当に求めているコンテンツを、120%満足してもらえるように、コツコツと発信し続けること。どの無料ブログを選択しようと、それが最も大切なポイントであることには変わりありません。

その点だけは忘れずに心にとめておきましょうね。

 

注意!そもそも無料ブログって…

で、いちおう最後に念を押しておきたいと思いますが、わたしはそもそも「無料ブログ」自体をおすすめしておりません。

その理由は以前の記事(無料ブログとWordPressどっちがいい?|実在の2サイトを比較)にて詳しく書いていますが、もしあなたがブログを長期的に運用し、なおかつブログでお金を稼ごうとするのであれば、「WordPress」のほうが絶対にメリットが多いと考えているからです。

「WordPress」は、独自ドメインを新しく取得する必要があったり、ブログ開設初期の集客が大変だったり、開設にあたって多少のコスト&手間が必要…というデメリットがあるものの、それゆえに自由度や将来的な収益性は、はるかに無料ブログよりも優位です。

もしあなたがこれからブログを始めようとしているのであれば、この「WordPress」によるブログ開設もぜひ選択肢の一つに入れていただければと思います。

こちらの記事(【簡単】5分でわかるWordPressのはじめ方!開設方法を教えます)にワードプレスによるブログ開設の方法を簡単にまとめてありますので、ぜひ合わせてご一読ください。

 

ではでは今回はこのへんで。

WordPressを始めるなら!
【筆者おすすめレンタルサーバ&ドメイン】

初心者なら迷わずコレ一択!スタンダードで優良対応の高性能レンタルサーバー
エックスサーバー『X10』

中級者向け!1つで複数サイト運用も可能なWordPress特化型レンタルサーバー
エックスサーバー『wpX』

国内最大級&最安値のドメイン取得サービス
お名前.com

※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!

※5/31(木)18時まで限定!
いまエックスサーバーを契約すると…

独自ドメイン1本を
無料プレゼント

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。