ブログ部

ブログ・アフィリエイト・WordPress・SEOなど、収益&アクセスを改善させるノウハウ集!

WordPress

【サーバー移行】表示速度79点→94点!エックスサーバーからConoHa WINGへの移管方法を53枚の画像で解説!

投稿日:2019-12-11 更新日:

この記事のまとめ

エックスサーバーからConoHa WINGへサーバー移行する方法を、53枚の画像をつかって徹底解説!

サーバー移管の結果、WordPressの表示速度が79点から94点に大きく改善しました!

レンタルサーバーを引っ越しする際の注意点や、

トラブルの解決方法も含めてかんたん丁寧に説明します。

「国内最速」は果たして本当か!?

 

ブログやアフィリエイトサイトを運営するうえで重要な指標の1つが表示速度ですよね。

そしてその表示速度を大きく左右する要素の1つがレンタルサーバーの性能です。

 

では今現在もっとも高速で高性能なレンタルサーバーは何かと問われれば…

それは「ConoHa WINGコノハウイング」なのではないでしょうか。

 

今回は僕が運営するWordPressサイトを実際に使いつつ、

エックスサーバーからConoHa WINGにサーバー移行する方法を、すべての手順を画像付きで徹底解説いたします。

また、結果的に表示速度がどのように変わったか?なども含めて紹介します!

 

 

1.なぜ?エックスサーバーからConoHa WINGへ移行する理由

ConoHa WINGのTOPページ_キャプチャ

 

なぜエックスサーバーからConoHa WINGに引っ越しするのか?

それは一言でいうと「表示速度の追求」に他なりません。

 

ブログやアフィリエイトサイトの表示速度を速くすることには、下記のようなメリットがあります。

 

表示速度改善のメリット

ユーザビリティが改善する
直帰率・離脱率などが改善する
SEOに有利/検索順位が上がる
アクセスや収益が増える

 

この章ではサーバー移行のメリットや、エックスサーバーとConoHa WINGの比較について説明しておきたいと思います。

 

 

1-1.表示速度UPでアクセス/収益が改善!

表示速度UPでアクセス/収益が改善!

 

サイトの表示に時間がかかると読者はストレスを感じます。

ネットユーザーは私たちが思う以上に“せっかち”ですし、表示が遅いサイトからはすぐに離脱してしまいます。

 

実際に表示スピードが遅くなることで、以下のように直帰率が悪化することが知られています。

 

47%の消費者は2秒以内にWebページが読み込まれることを期待している。 40%のユーザーは読み込みに3秒以上かかるとWebサイトから離脱する。 表示が1秒遅れるとコンバージョン率が7%低下する。

引用:Kissmetrics 2017年 How Loading Time Affects Your Bottom Line

 

表示速度が遅いと、SEOにも不利になります。

2018年7月にGoogleの検索エンジンにてSpeed Updateスピードアップデートが導入されたのも記憶に新しいですよね。

 

表示速度が速いサイトは検索順位が上がりやすいってことね!
よめちゃん
サンツォ
結果的にアクセスや収益にもプラスの影響があるんだよ!

 

 

1-2.エックスサーバーとConoHa WINGを比較!

エックスサーバーとConoHa WINGを比較!

 

エックスサーバーとConoHa WINGの各種プランを比較してみました。

 

サーバー名 プラン 月額費用(税抜)
※12ヵ月契約
初期費用(税抜) 無料お試し期間 ディスク容量 転送量の目安 マルチ
ドメイン
MySQL 独自SSL WordPress 自動バックアップ メールサポート 電話サポート 簡単移行 移行代行 アダルト アクセス解析 モリサワWebフォント ディスク種類 Webサーバー 月間稼働率 大量アクセス耐性
ConoHa WINHG ベーシック 最大1,200円 0円 2週間 200GB 約85GB/日(2.5TB/月) 無制限 60個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上 約1000pv/分
スタンダード 最大2,400円 0円 2週間 300GB 約102GB/日(3.0TB/月) 無制限 80個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上 約1000pv/分
プレミアム 最大4,800円 0円 2週間 400GB 約119GB/日(3.5TB/月) 無制限 100個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上 約1000pv/分
エックスサーバー X10 1,000円 3,000円 10日間 200GB 70GB/日 無制限 50個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上 約1000pv/分
X20 2,000円 3,000円 10日間 300GB 90GB/日 無制限 70個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上 約1000pv/分
X30 4,000円 3,000円 10日間 400GB 100GB/日 無制限 70個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上 約1000pv/分

 

細かい説明はこちらのおすすめレンタルサーバー比較の記事に譲りますが、

一言でいうと下記のとおりとなります。

 

速さと最新技術なら「ConoHa WING」
老舗の安心・安定なら「エックスサーバー」

 

もし表示速度などの性能面を追求するのであれば、

エックスサーバーよりもConoHa WINGをおすすめいたします!

 

ちなみにConoHa WINGの中のおすすめプランは「ベーシック」です。

エックスサーバーのX10と容量的には同ランクですが、表示速度や各種性能はこれを上回っています。

月間100万PVくらいまでであればベーシックで十分だと思いますよ。

 

レンタルサーバー各社やプランを詳しく比較したい方はこちらの記事をご確認ください。

 

 

1-3.結果、表示速度が79点→94点に改善!

表示速度が79点→94点に改善!

 

今回、運営サイトの1つを実際にエックスサーバー(X10)からConoHa WING(ベーシック)に移行した結果、

PageSpeed Insightsで計測した表示速度は以下のように改善しました。

 

サーバー移行(表示速度の変化2)

 

 

表示速度の変化

PC:79点 → 94点
モバイル:28点 → 63点

※今回の検証は同じ平日の同じ時間帯、プラグインやテーマ、その他の設定についてもすべて同条件で行っています。

 

PCについては、表示速度が劇的に改善し、90点を超えました!

モバイルについては元々の評価が低いのでまだ改善の余地はあるものの、大きく改善しています。

 

サーバーだけでこんなにも速くなるのね!
よめちゃん
サンツォ
画像圧縮やプラグインでコツコツ改善するのもいいけど…

サーバーを変えるだけでもこんなに効果があるんだよ!

 

 

 

2.エックスサーバーからConoHa WINGへ移行する方法

 

ここからは実際に、エックスサーバーからConoHa WINGへサーバーの引っ越しを行います。

全53枚の画像を使って解説しますので、手順どおりに進めればとても簡単ですよ!

 

 

STEP0.サーバー移行前の準備

STEP0このはちゃん

 

まず実際の作業に入る前に、事前に準備しておくものをご紹介します。

クレジットカード
スマホの電話番号
プランを決めておく

 

これらを用意しておくとスムーズに進められるよ!
よめちゃん
サンツォ
プランは「ベーシック」がおすすめ!

 

STEP1.ConoHa WINGの申し込み

STEP1このはちゃん

 

この章では、ConoHa WINGに登録をおこないます。

ここではデータ移行などの実質的な作業は発生しません。

 

個人情報や支払い情報の登録のみなので、

早ければ2~3分、遅くとも5~10分で完了するはずです!

 

まずは下記ボタンからConoHa WINGの公式サイトを開いてください。

 

 

  • STEP1-1
    お申し込みボタン

    ConoHa001_申込ボタン

     

    画面右上の「お申し込み」ボタンか、画面真ん中の「14日間お試し」ボタンをクリックしてください。

    ※時期によってボタンの位置や文言が変更される場合があります。

  • STEP1-2
    個人情報入力

    ConoHa002_お客様情報入力

     

    氏名・生年月日・住所…などの個人情報を入力していきます。「※必須」の部分だけでOKです。

    パスワードはConoHaのパスワードなので、あなたの好きな文字列を設定してください。

    ※入力欄をクリックすると安全なパスワードを自動生成できるので、それでもOKです。

  • STEP1-3
    サービス選択

    ConoHa003_サービス選択

     

    利用するサービスを選択します。

    今回は「WING」を選び、「次へ」をクリックしてください。

  • STEP1-4
    SMS認証

    ConoHa004_SMS認証

     

    SNS認証をおこないます。

    スマホの電話番号を入力し、②SMS認証をクリックしてください。

    ※電話による認証でももちろんOKです。

     

    ConoHa005_SMS認証コード届く

     

    すると上記のような「ConoHa認証コード」が送られてきます。

     

    ※通常はすぐに送られてきますが、通信状態などによって送られてくるまでに時間がかかる場合があります。

    その場合はしばらく待ちましょう。どうしても送られてこない場合は、受信の設定を確認したり、ConoHaのサポートへ状態を確認してください。

     

    メールサポート(24時間365日)

    チャットサポート
      受付時間10:00~18:00(平日のみ)

    電話サポート:03-6702-0428
      受付時間10:00~18:00(土日祝を除く)
      ※音声ガイダンスで進むと担当に繋がります。

     

    ConoHa006_SMS認証コード入力

     

    ①送られてきた認証コードを入力し、②「送信」ボタンをクリックしてください。

     

     

    完了しました」というメッセージがポップアップで表示されます。

    ※ポップアップは自動で消えるので見逃す場合があります。その場合でも「お支払い方法」に進めれば認証されていますので問題ありません。

  • STEP1-5
    支払い情報入力

    ConoHa008_クレカ入力

     

    クレジットカード情報を入力し、確認後②「次へ」をクリックしてください。

    ※支払い方法はクレジットカードの他にも「ConoHaチャージ」「ConoHaカード」が使えますが、ここでは省略します。クレジットカードがおすすめです。

  • STEP1-6
    プラン選択

    ConoHa009_プラン選択

     

    プランを選択してください。今回は「ベーシック」で申し込みます。

    ②「初期ドメイン」には好きな文字列を入力してOKです。あまり使いません。

    ※将来的に複数管理する際に分かりやすいよう、ドメインと同じ文字列にしておくでいいと思います。

     

    ③問題なければ「追加」をクリックして先に進みます。

  • STEP1-7
    申し込み完了

    ConoHa010_ドメイン追加しない

     

    「サーバーの追加が完了しました!」というウインドウが出てきます。

    今回はドメイン移管はおこないません(時間がかかるため後日おこなう)。

    チェックボックスは触らずに、「今は追加しない」をクリックしてください。

     

    ConoHa011_ConoHaWING申込完了

     

    これでConoHa WINGの申し込みは完了です!

一旦ここで小休憩!
よめちゃん
サンツォ
次からは実際にサーバー移行の作業に入るよ!

 

 

STEP2.サーバー移行の注意点

STEP2このはちゃん

 

これ以降は、実際にサーバー移行の作業に入ります。

作業をスムーズに進められるようにいくつか注意点がありますので、事前にチェックしておきましょう。

 

バックアップは必ずとっておく!
できるだけアクセスの少ない曜日・時間帯を選ぶ!
時間に余裕をもつ!(DNS変更の反映には数時間~最大で72時間かかることも)
途中で記事の更新や新規作成はできないことを前提に!
移行が完了してもエックスサーバー側のデータは数日間は消さずに残しておく!

 

また、下記のようなWordPressサイトはサーバー移行できませんので、

必要に応じてバージョン更新や設定変更をおこなっておきましょう。

 

プラグインがエラーの原因になることもあるので、

下記のプラグインを使用している場合は、あらかじめ機能を停止しておくなどの対応が必要です。

 

ちなみに今回はドメイン移管(ドメインの管理をConoHaに移すこと)は行いません

一緒にやろうとすると1週間ほど時間がかかることがあるので、

そのままに他社(お名前.comやエックスドメインなど)にしておくか、後日移管するようにします。

 

STEP3.ドメインの追加

STEP3このはちゃん

 

この章ではConoHa WINGサーバーに、移管予定のサイトのドメインを追加します。

このステップは一瞬で完了するので、ささっと進めちゃいましょう!

 

  • STEP3-1
    ドメイン追加画面を開く

    ConoHa012_サーバー管理

     

     

    ConoHaの管理画面から①「WING」を選択。

    次に②「サーバー管理」をクリックしてください。

     

    ConoHa013_ドメイン選択

     

    ①「ドメイン」を選択し、②「+ ドメイン」のボタンをクリックします。

  • STEP3-2
    ドメインの追加

    ConoHa014_ドメイン入力

     

    ①ドメイン追加は「新規ドメインを追加」を選択します。

    ②サーバー移管するあなたのWordPressサイトのドメインを入力してください。

    例えばこのブログ部であれば[ebloger.com]と入力します。

     

    ③無料独自SSLは「利用しない」を選択します。

    ※現時点で「利用する」を選択してもエラーになってしまいます。あとで設定しますのでご心配なく。

    ④最後に「保存」をクリックします。

  • STEP3-3
    ドメイン追加完了

    ConoHa015_ドメイン入力完了

     

    先ほど入力したドメインが追加されているのを確認できますね。

これでドメイン追加の作業は完了だよ!
よめちゃん
サンツォ
めっちゃ簡単だったでしょ?

 

 

STEP4.DNSの変更

STEP4このはちゃん

 

この章では、エックスサーバーのIPアドレスを一時的にConoHa WINGに移し、

ConoHa WINGにアクセスした際にもSSL化したサイトを表示できるようにします。

…とまあ難しいことは置いておいて、手順通りに進めれば問題ありません!

 

  • STEP4-1
    エックスサーバーのIPアドレスをメモる

    下記のボタンからエックスサーバーの「サーバーパネル」にログインしてください。

     

     

    ConoHa016_エックスサーバー情報

     

    ログインしたら「サーバー情報」を選択します。

     

    ConoHa017_エックスIPアドレス

     

    「IPアドレス」をメモ帳などにメモっておいてください。

  • STEP4-2
    ConoHa WINGドメインリスト

    ConoHa018_コノハDNS

     

    ConoHaの管理画面から、①「WING」、②「DNS」の順に進んでいきます。

     

    ConoHa019_コノハドメインリスト

     

    ①今回移行するドメインを選択し、②編集ボタン(鉛筆のアイコン)をクリックします。

  • STEP4-3
    タイトルConoHa WINGのDNS変更1/2

    ConoHa020_コノハドメイン編集

     

    A(通常)@」「A(通常)www

    …の値に記載されているConoHa WINGのIPアドレスを、メモ帳アプリなどにコピペしておきます。

    ※後ほど使うので必ずメモしておいてください!

     

    そこに、先ほどメモっておいたエックスサーバーのIPアドレスを上書きします。

  • STEP4-4
    ConoHa WINGのDNS変更2/2

    ConoHa021_コノハドメイン編集保存

     

    同じ画面を下にスクロールし、一番下の枠に下記の内容を選択 or 入力します。

    ※枠がないときは、+アイコンをクリックして新しい枠を追加してください。

     

    タイプ:A(通常)
    名称:*
    TTL:3600
    値:エックスサーバーのIPアドレス

     

    最後に「保存」をクリックして先に進みます。

  • STEP4-5
    DNS変更の完了

    ConoHa022_DNS変更成功

     

    画面左下に「成功しました」のポップアップが表示されます。

    ※時間が経つとポップアップは消えます。

これでDND変更は完了だよ!
よめちゃん
サンツォ
ちょっと難しかったかな?

もしどうしても上手くいかない場合は、下記のサポートを利用してみよう!

 

メールサポート(24時間365日)

チャットサポート
  受付時間10:00~18:00(平日のみ)

電話サポート:03-6702-0428
  受付時間10:00~18:00(土日祝を除く)
  ※音声ガイダンスで進むと担当に繋がります。

 

サンツォ
次はいよいよ、ConoHa WINGにサイトを乗せ換える作業だよ!

 

 

STEP5.WordPressインストール

STEP5このはちゃん

 

この章では、ConoHa WINGのサーバー上にWordPressをスンストールし、

サイト乗せ換える(コピーする)作業をおこないます。

 

  • STEP5-1
    インストール画面を開く

    ConoHa023_サイト管理

     

    ConoHaの管理画面から①「WING」、②「サイト管理」の順で進みます。

     

    ConoHa024_アプリ追加

     

    ①「サイト設定」、②「+ アプリケーション」をクリックしてください。

  • STEP5-2
    アプリケーションのインストール

    ConoHa025_アプリ追加情報入力

     

    上の画像のとおり入力していきます。

    アプリケーション:WordPress

    インストール方法:かんたん移行

    バージョン:5.3.0
     ※WordPressのバージョン5.0以上を利用している人は「5.3.0」、4.9.12以下を利用している人は「4.9.12」を選んでください。
     
    移行元URL:あなたのサイトのURL
     ※https~すべてを入力します。
     
    サイトURL上:WWWなし

    サイトURL下:(入力不要)

    移行元ユーザー名:WordPress管理画面のユーザー名

    移行元パスワード:WordPress管理画面のパスワード

    データベース上:(変更不要)

    データベース下:(変更不要)

    パスワード:好きな文字列を設定
     ※データベースのパスワード。英数字と記号が使えます。

     

    最後に「保存」をクリックします。

     

    サンツォ
    僕はここでエラーが何回も出て躓いちゃったんだよね…
    うまくいかない人は、下記のリンクをクリックしてみてね!
    よめちゃん

     

     

  • STEP5-3
    インストール完了

    ConoHa026_アプリ稼働開始

     

    インストールには時間がかかる場合があります

    筆者の場合は数分で完了しましたが、場合によっては数十分~数時間かかる場合もあるようです。

    データ(記事数や画像数など)が多い場合は時間がかかってしまいます。

     

    インストールが終わると上の画像のようなポップアップが表示されます。

    ポップアップは時間が経つと消えてしまうので、その場合は下記の方法で状態を確認してみてください。

  • STEP5-4
    インストールの確認

    ConoHa027_移行完了

     

    対象のURLをクリックしてください。

     

    ConoHa028_アプリ稼働開始

     

    インストールが完了していない場合は、ステータスが「構築中」と表示されます。

    完了している場合は「稼働中」と表示されます。

  • STEP5-5
    動作確認URLをONに

    ConoHa029_アプリ稼働開始

     

    稼働中になったら、①「基本設定」、②「動作確認URL」の順にクリックし、③利用設定を「ON」にします。

     

    すると画面左下に④「成功しました」のポップアップが表示されます。

    ⑤URLが表示されているので、クリックしてWordPressサイトの表示を確認してみてください。

これでWordPressサイトの乗せ換えは完了だよ!

うまくいった人は下記のボタンをクリックして

次のステップ(STEP6)に進もう!

よめちゃん

 

 

サンツォ
エラーが発生しちゃった人は続きを読んでね。

 

  • STEP5-番外編①
    エラーが発生する場合

    WordPressをインストールする際(STEP5-2)にエラーが発生することがあります。

    僕の時は下の画像のように「移行元サイトログイン確認 入力形式が不正です」と表示されてしまいました。

     

    ConoHa030_かんたん移行エラー

     

    これは入力したパスワード(WordPressのログインパスワード)がConoHa側で使えない文字列だったらしく、エラーになっていました。

     

    ConoHa031_チャットサポート

     

    チャットサポートを利用して相談したところ、何度かパスワード変更するうちに無事解決することができました。

     

    ConoHa032_パスワード変更

     

    WordPressのログインパスワードについては上記の手順で変更することができます。

     

     

  • STEP5-番外編②
    ConoHa WINGのサポート

    チャットを始めとするConoHaのサポートはかなり便利なので、困った時にはぜひご活用ください!

     

    メールサポート(24時間365日)

    チャットサポート
      受付時間10:00~18:00(平日のみ)

    電話サポート:03-6702-0428
      受付時間10:00~18:00(土日祝を除く)
      ※音声ガイダンスで進むと担当に繋がります。

     

  • STEP5-番外編③
    その他のエラー

    ちなみに他にも色々なエラーがあるようです。

     

    マルチサイトエラー
    ファイルサイズが大きい、またはファイル数が多すぎます
    移行元にログインができません
    移行元にプラグインがインストールできません
    移行元サーバー接続エラー
    移行先にログインができません
    移行先サイトが存在しません
    テーブル容量・行数エラー
    予期せぬエラー

     

    これらはConoHaのサポートページに解決策が書かれているので参考にしてみてください。

     

 

STEP6.ネームサーバーの変更

STEP6このはちゃん

 

この章では、現在使っているドメインのネームサーバーを、

エックスサーバーからConoHa WINGに変更する作業をおこないます。

本記事では「お名前.com」「エックスドメイン」それぞれの設定方法を紹介します。

 

 

お名前.comの場合

  • STEP6-1
    お名前.com ログイン

    「お名前.com」のドメインを利用している方は、

    下記のボタンからログイン画面を開いてください。

     

     

    ConoHa39_お名前ログイン

     

    ID/パスワードでログインしてください。

  • STEP6-2
    お名前.com Naviを開く

    ConoHa40_お名前ロゴクリック

     

    ログイン後、左上のロゴをクリックします。

     

    ConoHa41_お名前更新画面から移動

     

    上記のようなポップアップが表示されるので、無視して「更新画面から移動する」をクリックします。

    ※状態によっては「このサイトから離れますか?」のようなポップアップが表示されることもあるので、「このページを離れる」をクリックします。

  • STEP6-3
    設定画面を開く

    ConoHa42_お名前ネームサーバーを設定

     

    ネームサーバーを設定する」をクリックします。

  • STEP6-4
    ネームサーバー設定

    ConoHa43_お名前対象ドメイン選択

     

    対象のドメインにチェックを入れます。

     

    ConoHa44_お名前ネームサーバー書き換え

     

    おなじ画面を下にスクロールすると「ネームサーバーの選択」があります。

    ①「その他」を選択し、②「その他のネームサーバーを使う」にチェックを入れます。

     

    ③ここにConoHaのネームサーバーを入力します。下記のコピペでOKです。

     

    ネームサーバー1: ns-a1.conoha.io
    ネームサーバー2: ns-a2.conoha.io
    ネームサーバー3: ns-a3.conoha.io

     

    ④「確認」をクリックし次に進みます。

  • STEP6-5
    確認/完了

    ConoHa45_お名前ネームサーバー確認

     

    内容に問題がなければ「OK」をクリックします。

     

    ConoHa46_お名前完了

     

    完了しました」の表示が出ます。

これでネームサーバーの設定は完了だよ!
よめちゃん
サンツォ
こちらをクリックして、STEP7に進んでね!

 

エックスドメインの場合

  • STEP6-6
    エックスサーバー ログイン

    エックスドメインを利用している方は、下記のボタンからインフォパネルのログイン画面を開いてください。

     

     

    ConoHa33_エックスサーバーログイン

     

    ID/パスワードを入力し、②ログインボタンをクリックしましょう。

  • STEP6-7
    ドメインパネル

    ConoHa34_エックスサーバー移行対象ドメイン選択

     

    ページ下部の「ドメイン」の項目から、移行対象ドメインの「ドメインパネル」を選択しクリックします。

     

    ConoHa35_エックスサーバーネームサーバー設定変更

     

    ネームサーバー情報」の「設定変更」をクリックします。

  • STEP6-8
    ネームサーバー設定変更

    ConoHa36_エックスサーバーその他サービス利用

     

    その他のサービスで利用する」にチェックを入れる。

     

    ConoHa37_エックスサーバーネームサーバー入力

     

    ①ここにConoHaのネームサーバーを入力します。下記のコピペでOKです。

     

    ネームサーバー1: ns-a1.conoha.io
    ネームサーバー2: ns-a2.conoha.io
    ネームサーバー3: ns-a3.conoha.io

     

    ②「ネームサーバーの変更(確認)」をクリックし確認画面に進みます。

  • STEP6-9
    確認/完了

    ConoHa38_エックスサーバーネームサーバー確定

     

    問題なければ「ネームサーバーの変更(確定)」ボタンをクリックします。

これでネームサーバーの設定は完了だよ!
よめちゃん
サンツォ
こちらをクリックして、STEP7に進んでね!

 

 

STEP7.独自SSL/DNS設定

STEP7このはちゃん

 

いよいよ最終章です!

この章では、ConoHa WINGで独自SSLの設定、

およびDNSの設定を元に戻す作業をおこないます。

 

STEP6のネームサーバーが反映されるには10分~30分、

場合によっては数時間かかることがあるから注意だよ!

よめちゃん
サンツォ
反映が追いついていないとエラーになるので、

なるべく時間をおいてから進めよう!

 

  • STEP7-1
    設定画面を開く

    ConoHa047_ConoHaSSLをONに

     

    ConoHaの管理画面を開き、①「WING」→ ②「サイト管理」→ ③「サイトセキュリティ」→④「独自SSL」の順で進みます。

    ⑤の利用設定を「ON」にします。

  • STEP7-2
    独自SSLをONに

     

    ConoHa048_ConoHaSSL設定中

     

    設定中」と表示されます。

    ※左下に「受け付けました」のポップアップが表示される。

  • STEP7-3
    ドメインリスト

     

    ConoHa049_ConoHaDNS設定

     

    ①「WING」→ ②「DNS」→ ③対象のドメインをクリック → ④鉛筆アイコンをクリック

  • STEP7-4
    IPアドレスを元に戻す

    ConoHa055_ConoHaIP

     

    ①の「A(通常)*」「A(通常)@」「A(通常)www」に、

    STEP4-3でメモしておいたConoHa WINGのIPアドレスを上書きします。

     

    ②最後に「保存」をクリックします。

  • STEP7-5
    すべて完了

    ConoHa056_ConoHaすべて完了

     

    画面左下に「成功しました」のポップアップ表示が出たら、

    すべてのサーバー移行作業が完了です!

お疲れさま!これで完了だよ!
よめちゃん
サンツォ
作業は完了したけど、重要な注意事項があるから

もうちょっとだけ続きを読んでね!

 

 

3.必見!サーバー移行後の注意点

サーバー移行後の注意点

 

サーバー移行の作業は完了しましたが、移行後にも注意すべきことがいくつかあります

ぜひ忘れずにお読みください。

 

3-1.ConoHa WINGサーバーで表示できているか確認!

サーバー移行後はきちんとWordPressサイトが表示できているかを必ずご確認ください。

準備段階で停止していたプラグインも元に戻しておきましょう。

 

確認のポイントは下記となります。

表示崩れはないか?
画像の読み込みエラーがないか?
リンク切れはないか?
プラグインは正常に働いているか?
SSL(HTTPS)になっているか?

…などなど、忘れずにチェックしましょう。

 

また、レンタルサーバーがエックスサーバーからConoHa WINGにちゃんと移行できているかも確認しておきましょう。

こちらは見た目では分からないので、以下の方法で確認します。

 

  • STEP8-1
    aguseを開く

    下記のボタンから「aguse」を開きます。

    「aguse」は、そのサイトがどのサーバーを利用しているかを調査できる無料ツールです。

     

     

  • STEP8-2
    aguseにURLを入力

    ConoHa057_aguse調査

     

    あなたのWordPressサイトのURLを入力してください。

  • STEP8-3
    逆引きホスト名を確認

    ConoHa058_aguse結果

     

    画像中の赤枠で囲った「逆引きホスト名」の部分をご確認ください。

    ○○○.conoha.ne.jp」になっていたら、無事サーバー移行が完了しています!

 

3-2.エックスサーバー側データはすぐに消さない!

サーバー移行の作業自体は完了していますが、実はDNSの反映はまだ完了していない可能性が高いです。

なのでエックスサーバー側のWordPressデータをすぐに消してしまうと、サイトが表示できなくなってしまう(エラーが表示される)のです。

最大3日間くらいかかる事もあるので、しばらくはエックスサーバー側のWordPressデータを消さずにおきましょう

 

3-3.すぐには表示速度は変わりません!

繰り返しますがDNSの反映には時間がかかります。

3日間くらいは表示速度がサーバー移行前と変わらない場合があるの

 

「なんだ…ぜんぜん速くなってないじゃん…」

とガッカリしないようにしましょう。

 

ちなみに僕もサーバー移行直後はまったく表示速度に変化が見られませんでしたが、

2~3日後には大きな変化が見られました!

 

サーバー移行(表示速度の変化2)

 

 

ConoHa WINGはたしかに「日本最速 No.1」の名にふさわしい、

おすすめのレンタルサーバーだと思いますよ!

 

-WordPress
-, , ,

Copyright© ブログ部 , 2020 AllRights Reserved.