【文章の書き方】読んでもらえる文章を作る6つのコツ

もっと伝わる文章を書けるようになりたい!

もっとたくさんの人に自分の文章を読んでもらいたい!

…ブロガーやライターに限らず、企画書やプレゼンなどのビジネスシーンでも、誰もが一度は考えたことがある悩みだと思います。

僕は仕事柄、他人が書いた文章を読んだり構成したりする機会がひんぱんにあるのですが、

読みやすく伝わりやすい「うまい文章」を書けるひとって、なかなかいないんですよね…。

当然のことですが、いくら立派で壮大な文章を書いても、

それを読んでもらえない・内容が伝わらないと意味がありません

では、読んでもらえる文章っていったいどんな文章なのでしょうか?

今回はわたしが考える読んでもらえる文章の書き方(特にブログなどWeb文章の場合)をまとめてみました。

目次

文章の書き方1.小学生で読めるように!

もし相手に伝わる文章を書きたいのであれば、

小学生でも理解できるような簡単な言葉表現を使って文章を書きましょう。

たとえば漢字は少なくしたり、どうしても難しい漢字を使わなくてはならない時はよみがなを使うようにしてください。

難しい表現を使わなくてはいけないときは、かならず簡単な“例”を添えるなどしてわかりやすくする必要があります。

文章がヘタなひとって、やたら漢字が多かったり難しい表現を使いたがるんですよね…。

でもそんな文章、読みにくいだけでぜんぜん頭に入ってこないんですよ。

文章が好きな大人だって、難しい文章を読むときは脳に大きなストレスがかかってしまいます。

とくに流し読み・拾い読みが多いWeb文章では、いかにストレスの少ない文章を書くかがコツとなるのです。

なので、文章を書くときには「小学生程度の子供でもわかるように書く」が鉄則です。

小難しい文章を書くひとよりも、シンプルでわかりやすい文章を書く人のほうがレベルが高いんです。

文章の書き方2.結論から先に!

結論や重要情報は先に書く

これ、とても重要です。

文章でも、企画書や提案書でも、上司への相談でも、会議でのプレゼンでも…

「結論」と「根拠」を分かりやすく明確に伝えるようにしましょう。

もっとも大切なのは“結論”なので、それが相手に伝わらないとまったく意味がないですよね。

また、その根拠をシンプルに説明できないと相手に納得してもらえません。

回りくどい説明や、結論がどこに書いてあるか分からない文章は、ただただ迷惑でしかないのです。

だから結論を先に書く!

その根拠(の要約)も最初に説明しておく!

この2点を厳守するだけで、あなたの文章は格段にレベルアップします。

文章の書き方3.細かく区切る!

空白を入れた文と入れていない文の比較図

文章がヘタなひとは、文章が冗長長ったらしくムダが多い)です。

文章全体の文字数が多いのは別にいいのですが、一文(文章がはじまってから「。」で終わるまで)が長いのはダメです。

一文は50〜60文字くらいが理想です。

スマホで見たときに2〜3行になるようにするのがベストですね。

ほとんどの人はスマホでWEB文章を読むためです。

それ以上に長くなるととたんに読みにくくなりますし、主述の関係もわかりにくく理解が難しくなります。

 

WordPressで稼ぐなら!
【国内最速!超高性能&格安レンタルサーバー】

初心者なら迷わずコレ一択!高速&高性能&格安のレンタルサーバー

当サイトの限定特典500円OFF
しかもコノハなら初期費用無料

 

また、一文が終わったらなるべくスペースを空けて、文章のかたまりを長く続けないようにするのもテクニックのひとつです。

上記図のようにスペースをうまく使いましょう。

えんえんと続く文章のかたまりを見ると、読む気が失せますからね…。

文章の書き方4.わかりやすく“まとめ”る!

まとめるという作業は、文章の内容や意図を正しく伝えるうえでとても重要です。

要約(サマリー)としてまとめたり、箇条書きでまとめたり、やり方は様々ですが、

まとめがあるのとないのとでは、わかりやすさが天と地ほどに違ってきます。

まとめの記載箇所については、

  • 導入部分でまとめる
  • 最後にまとめる
  • 1章ごとにまとめる

…などいくつかのパターンがありますので、その記事の内容にあわせて工夫してみましょう。

複数を組み合わせてもOKです。

文章の書き方5.読者は読まない…を前提に!

文章を書くときは、相手は文章なんて読みたくない!のだということを前提にしましょう。

実際、読者(ユーザー)は僕たちが考えているほどには文章を読みこんでくれません。

だいたいの人は見出しや強調箇所だけをひろって流し読みするだけです。

これはGoogle Analyticsなどでページの滞在時間を調べてみればわかります。

びっくりするほど短いことに気づくと思います。

じっくり読んでくれないのであれば、少しでも伝わるように書きかたを工夫する必要がありますよね。

先に説明したように簡単な文章にしたり、読みやすく区切ったり、結論を先に書いたり、まとめたり…という工夫もそのためです。

そのほかにも重要な部分を太字にしたり、色をつけたり…という文字修飾

読んでくれない読者に、少しでも内容を伝えるようにするために大切なのですね。

※ただし過剰な修飾はよけいに文章を読みにくくするので注意が必要ですよ。

文章の書き方6.読者のセリフを代弁!

代弁

文章をじっくり読んでもらうためには、読者(ユーザー)に感情移入してもらう必要があります。

感情移入してもらうためには、読者の目線・読者の言葉で文章を書くしかありません。

読者のセリフを代弁するのです。

たとえば…「文章の上手な書きかたは○○です。」 ではなく、

文章を上手に書きたい!」「上手な文章を書くにはどうしたらいいの?」…のように、

読者を主人公にした表現を使うのです。

もちろん全体を読者目線の言葉にすることは難しいので、

タイトルや見出し、イントロ部分などにピンポイントで使うかたちになります。

別の方法としては、過去の自分や架空の人物を主人公にしてストーリー仕立てで文章を書くというのも効果的です。

ストーリー仕立ての文章は、読むひとをグッと物語のなかに引きこんでくれます。

まとめ|読んでもらえる文章の書き方とは?

今回の内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 小学生でも読めるくらい簡単で読みやすい文章に
  • 結論や要点は伝わりやすくシンプルにまとめる
  • 読者が感情移入できるように読者のセリフを代弁

繰り返しになりますが、読者は僕たちが期待するほどには文章を読んでくれません

だからこそ、少しでも長く文章を読んでもらえるように、わかりやすく内容が伝わるように工夫する必要があるのです。

今回ご紹介させていただいたのはほんの一例ですが、ぜひ取り入れていただければ幸いです。

WordPressを始めるなら!
【国内最速!超高性能&格安レンタルサーバー】

当サイト限定特典500円OFF!
しかもコノハなら初期費用無料!

 

 

 

 

コメント

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして!ヒロと申します。
    ランキングからご訪問させて頂きました。

    伝わる文章を書きたいと日々切磋琢磨しています。

    非常に簡潔に解かりやすくまとめられていて
    凄く理解しやすかったです。
    勉強になりました。

    これからも読んでもらえる文章を意識して
    工夫していきたいです。

    またお邪魔します。
    今後とも宜しくお願い致します。

    応援していきます!

    • ヒロさん、ご来訪&コメントありがとうございます!

      わたしも偉そうなことを書けるような文才もテクニックもないのですが…日々“伝わるもの”を書こうと頑張っています!

      また遊びにきてくださいね!

Sancho へ返信する コメントをキャンセル

CAPTCHA


目次
閉じる