【WordPressの見出し】作成方法&効果的な見出しを作るコツ5選!

この記事をまとめ

WordPresの見出しについて解説!

見出しは記事の背骨とも言える重要な存在です。

本記事ではWordPresにおける「見出しの作り方」と

効果的な見出しを作る5つのコツ」について説明します。

見出しとは、その記事にあるトピック(話題)ごとのタイトルのことです。

通常1つの記事のなかには複数の話題が存在しますが、

見出しはその話題1つ1つの内容を端的に表現し、記事の要約となる重要な存在。

見出しの出来は、その記事の集客・収益を大きく左右してしまうのです。

今回は下記の3点について解説いたします。

  • 見出しを作るメリット
  • 魅力的な見出しを作る方法
  • WordPressで見出しを作る方法
目次

見出しを作るメリットとは?

ブログ記事を書いている、ノートパソコンで作業中

まずは見出しの役割、見出しを作るメリット(利点)について紹介します。

見出しにはユーザー(読者)にとっても、あなた(サイト運営者)にとっても、たくさんのメリットがあります。

記事の要約になる

見出しは各トピックのタイトルとなるとともに、目次にも表示されます。

ユーザー(読者)はそれを見て「この記事にはどんなことが書いてあるのか?」をおおむね判断します。

つまり記事の要約(サマリー)の役割を果たすということですね。

記事を読む前に要約を見ることができるのは読者にとってメリットですし、内容の理解も深まります。

SEOに好影響がある

見出しは検索エンジンがそのコンテンツの文章構造を理解することにも役立ちます。

キーワードの検索意図(検索した目的、検索者が欲している情報)に則した目次を作ることで、

SEO(検索エンジン最適化)にもプラスに働くということですね。

離脱率や読了率を改善する

もし目次が1つもなかったら… 読者はえんえんと続く長文を読み続けることになります。

長文がだらだら続くのはストレスなので、途中離脱が増えてしまうでしょう。

もし記事のなかに複数の話題(見出しと本文のセット)を作って内容ごとに区切りを入れれば、

読む側のストレスを減らし、テンポの良い文章を作ることができます。

つまり離脱率や読了率(最後まで読んでくれる率)を改善できるということですね。

見出しがある場合とない場合の印象の違い

見出しを入れた文章と入れていない文章の比較図

上記は見出しがある場合とない場合のイメージ図です。

どちらが読みやすいかが一目瞭然ですよね?

あまり細かく区切られすぎていても見難くなって逆効果ですが、

適切な位置に見出しを作り、話の流れ・順序を整理することで、

わかりやすく読みやすい記事を作ることができるのです。

効果的な見出しを作る5つのコツ!

ブログ運営に役立つツール、サイトを紹介

良い見出しはユーザビリティを向上させるとともに、SEO効果にも期待できます。

効果的な見出しを作るコツを、5つにまとめて紹介いたします。

見出しはキレイな階層構造にする

WordPressなどのWebメディアでは見出しタグ(h1~h6)を使って見出しを作りますが、

これはキレイな階層構造になっている必要があります。

たとえば下記のようなイメージです。

H2(Aの大話題)
 └H3(Aの中話題①)
 └H3(Aの中話題②)
  └H4(A②の小話題①)
  └H4(A②の小話題②)
 └H3(Aの中話題③)
H2(Bの大話題)
 └H3(Bの中話題①)
 └H3(Bの中話題②)
 └H3(Bの中話題③)
  └H4(B③の小話題①)
  └H4(B③の小話題②)
  └H4(B③の小話題③)
H2(Cの大話題)
 └H3(Cの中話題①)
 └H3(Cの中話題②)
……

このように、話題の「大きさ」の順にh2から順に見出しタグを使うようにしましょう。

見出しの優先度は(h2 > h3 > h4 > h5 > h6)で、この中ではh2がもっとも強い(重要)です。

※ちなみにほとんどのWordPressテーマでは、h1は記事タイトルなどに使われますので、本文ではh2以降を使います。

また、h2の次をh4にするなど、順番を飛ばさないようにしてください。

見出し以外の目的では使わない

見出し以外の目的とは、たとえば装飾などの目的で使うこと。

見出しのデザインを使いたくて、記事の内容に関係なく見出しタグを使う… なんてことは避けましょう。

なぜなら誤った文章構造を検索エンジンに伝えてしまうからですね。

なので見出しタグは見出しの目的だけに使用してください。

見出しには充分な本文とセットにする

たとえばh2の直後に本文なしでh3を使う… なんてことはあまりおすすめしません。

見出し+本文はかならずセットで使い、充分な文章量のコンテンツを不随させましょう。

見出しだけで内容が伝わるようにする

ユーザー(読者)は冒頭から一言一句すべてを読んでくれるわけではありません。

ざっと流し読みし、目次・見出し・本文の強調箇所などを見て、その記事に求めている答えが書かれているかどうかを判断します。

「この記事には探している情報はなさそうだな…」と感じたらすぐに離脱して他のライバルサイトに行ってしまいます。

なので、見出しはパッと理解しやすいように短くシンプルなものにするとともに、

見出しだけを読んでもおおよその内容が理解できるものにしましょう。

結論を先に、詳細は後まわしにする

これは見出しそのものというよりも、見出しの構成・順序についてです。

見出しの順序を考える際には、なるべく結論を最初にしてください。

ユーザー(読者)はわれわれが考えるよりも短気でせっかちです。記事を初めから最後までじっくりと読むなんてことはしません。

だいたいはサラッと流し読みをして、求めている答え・結論が書かれていないと判断するなりすぐに離脱してしまいます。

だからできる限り結論は早めに見せてしまい、その理由・詳細はあとからじっくりと説明するようにします。

もしどうしても難しい場合は、記事の冒頭のほうに結論へのショートカットを目立つように設置しましょう。

WordPressで見出しを作る方法!

WordPressとは

この章では、実際にWordPressで見出しを作成する方法を紹介します。

旧エディターでも新エディター(ブロックエディター、Gutenberg)でもやり方は同じです。

ビジュアルエディター/ブロックエディターの場合

まずはビジュアルエディター(旧エディター)、またはブロックエディター(新エディター)での見出しの作り方です。

STEP
見出しにしたいテキストを選択
見出しの作り方、見出しにしたいテキストを選択

WordPressの管理画面から、投稿の編集画面を開き、

見出しにしたいテキスト(またはブロック)を選択します。

STEP
見出しを選択
見出しの作り方、見出しを選択

段落を見出しに変更します。

変更の仕方はご利用中のエディターやテーマによって違います。

STEP
h2~h6を選択
見出しの作り方、h2~h6を選択

見出しタグの種類(h2~h6)を選択します。

STEP
見出しの完成
見出しの作り方、見出しの完成

これでWordPressの見出しが完成しました。

念のため下書き保存し、プレビューで確認してみてください。

テキストエディタ/HTMLの場合

次にテキストエディター、またはHTMLでの見出しの作り方です。

STEP
見出しにしたいテキストをhタグで囲む
見出しの作り方、見出しにしたいテキストをhタグで囲む

通常のテキストは段落タグ<p></p>で囲まれていますが、これを見出しタグ<h2></h2>に変更します。

見出しタグはh2~h6までありますので、状況に応じて最適なものを設定してください。

STEP
見出しの完成
見出しの作り方、見出しの完成

これでWordPressの見出しが設定されます。

念のため下書き保存し、プレビューで確認してみてください。

収益&アクセスを激増させるツール紹介

ブログ&アフィリエイトの収益SEO集客アクセス流入を改善させる、

筆者おすすめのツールを紹介します。

SEOに強い記事を作れるツール!

エクセル、事前準備シート

収益がなかなか発生しない…」
検索順位が上がらず、アクセスも少ない…」

このようなお悩みの原因の99%は、記事の書き方がダメだから。

そしてその記事の品質は、記事を書き始める前の調査・準備の段階でほぼすべてが決まってしまいます。

そんなあなたにおすすめのツールが『 事前準備シート』。

事前準備シートは、下記のような記事作成に必要なあらゆる要素を1枚のエクセルシートにまとめたツールです。

  • キーワード調査
  • 検索結果ページの調査
  • 競合サイトの調査
  • ペルソナ(中心的ターゲット像)の設定
  • 検索意図の調査
  • 仮タイトルの候補案を作成
  • 記事構成(見出し構成)を作成

これらの事前調査をしておくことで記事の質は格段に向上し、

アクセスや収益を上げやすい記事、検索エンジンに評価されやすい記事を作ることができます。

ブログで累計1億円の確定収益を上げた筆者がふだんから利用している自作ツールです。

長年にわたってカスタムを続けた自信作。一度購入すればずっと使うことができます。

下記から1,500円で購入できますので、ぜひご利用ください。

「売れる記事テンプレート」が収益UP!

ブログ記事を書いている、ノートパソコンで作業中

ブログやアフィリエイトで商品を売るためには、

売れるための話の進め方・記事の書き方があります。

トップ営業マンが使う「セールストーク」のように、

ブログやアフィリエイトにも「セールスライティング」が存在するのです。

私サンツォがふだんからよく利用している5つの記事テンプレートをnoteにまとめましたので、

ぜひ下記からご確認ください。

お悩み相談&コンサルティング実施中!

マーケティング、分析03
  • ブログやアフィでなかなか結果が出ない
  • このままでいいのか心配になった
  • 記事の書き方はこれでいいのかな
  • 分野やサイト設計で迷っている

…などで不安を感じたり、悩んでいる方は、ぜひ私サンツォにご相談ください。

チャットやオンラインMTGにて、お悩み相談コンサルティングを受けつけています。

有料にはなりますが、悩んで立ち止まっていたり、

間違った方法を続けていても時間と手間のムダになりますので、ぜひ一度ご相談ください。

以下からお申し込みいただけます。

超高速&格安レンタルサーバーが限定500円OFF!

国内最速!超高性能&格安レンタルサーバーの「ConoHa WING」。

今ならキャンペーン中につき月額640円~で利用することができます。しかも初期費用は無料

しかも当「ブログ部」なら、さらに500円OFFになる特典付き!くわしくは下記の記事をご参照ください。

WordPressのカスタム・引越し・問題解決なら!

もしWordPressに関することで困ったことがあったら「サイト引越し屋さん」に相談しよう

WordPressからWordPressへの引越し、ドメイン移管、テーマ変更。無料ブログからWordPressへの引越し。

WordPressのカスタムやサイト高速化、セキュリティ対策など、あらゆる問題・お悩みを解決してくれるサービスです!

サンツォのアイコン画像サンツォ

僕もいつもお世話になっているよ!
相談は無料なので、まずは問い合わせしてみよう!

\ WordPressで困ったことがあったら! /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる