WordPressで稼ぐなら!
【筆者愛用!SEOに強いレンタルサーバ】

初心者なら迷わずコレ一択!高速&安定&高性能レンタルサーバー

【SEO対策の基本】良質なコンテンツって結局なんなのよ!?

今回はSEO対策についてのお話です。

SEO対策について少しでも勉強をしたことのある方はわかると思いますが、

そこには必ずといってもいいほど“良質なコンテンツ(=記事)を作れ!”と書かれています。

こつこつと質の高いコンテンツを作り続けましょう
良い記事を書き続けることがSEO対策の基本です
ユーザーのニーズを満たす良質な記事を発信すべき

…などなど。

 

でも、私はいつも疑問に思っていました。

良質なコンテンツっていったい何なのよ!?」と。

具体的にどんなものが良質なコンテンツなのかいまいち明確じゃないですし、

どのように良質なコンテンツが書けばよいのかもハッキリしません。

 

そこで今回は、SEO対策の基本をわかりやすく解説すると共に、

良質なコンテンツとは何なのか? 良質な記事を書くためにはどうすればいいのか?をまとめてみたいと思います。

※関連記事:
2018年のブログSEO対策で重要となる4つの傾向とは?

 

SEO対策の基本とは?

SEO対策の基本とは?

SEO対策とは、GoogleやYahoo!の検索結果ページのなるべく上位に表示されるようにする対策のことです。

なぜSEO対策が必要かというと、検索上位に表示することができれば、毎日たくさんの人がブログやサイトに訪れ、アクセス&収益が増えるからですね。

検索結果の上位に掲載されるためには「検索エンジン」から良い評価を受ける必要があります。

現在Yahoo!はGoogleの検索エンジンを導入しているため、SEO対策とはすなわちGoogleへの対策ともいえます。

 

ちなみに、Googleの目的とは何でしょうか?

それは“世の中の検索ユーザーにとって、つねに最適ですばらし検索結果を提供すること”です。

Googleの検索エンジンに評価されるには、Googleの目指す目的に適うようなサイト作りをすることが一番の近道なのです。

つまり、検索ユーザー(=読者)が求める良質なコンテンツ(=記事)を作ることこそが、SEO対策の基本中の基本なのですね。

 

…では、ここで冒頭の疑問に戻ります。

良質なコンテンツとは、いったいどんなものなのでしょうか?

 

良質なコンテンツとは何か?

良質なコンテンツとは?

結論から書いてしましますが、良質なコンテンツとは次の7つの条件を満たしている必要があります。

※クリックすると詳細説明に飛びます。

まとめると、まずはそのコンテンツ(記事)が“検索ユーザーが求める情報”である必要があります。

検索ユーザーが求める情報とは、検索した人が抱えている“ニーズ(悩み・問題・欲求)を解決できる情報”でなくてはなりません。

また当然ながらその情報が“分かりやすく、信頼できる正しい情報”である必要がありますよね。

さらには、検索ユーザーがその情報に“素早く辿り着ける”ような記事設計・サイト設計にしておくことが大切です。

 

SEO対策というと「○○部分にキーワードを含めましょう」「○○文字以上にしましょう」「○○から被リンクを貼りましょう」…などと紹介しているものが多いですが、

そんな小手先のテクニックを身につけるよりも、今回ご紹介する“良質なコンテンツ”を作ることのほうが100万倍も大切です。

良質なコンテンツで読者のニーズを解決し、読者をHAPPYにすることこそが、

検索エンジンに評価されるためのもっとも効果的な方法なのですね。

 

では以下からは、上記に挙げた7つの条件を1つずつ詳しく説明させていただきます。

PR

LINE@で「裏ブログ部」やってます!
ブログには書けない裏話、収益報告、更新通知、友だち限定情報などを配信中(完全無料)
友だち追加

コソ~っとTwitterも始めました('ω')ノ

 

 

❶ 読者のニーズを解決できること

ユーザーのニーズを解決しよう

あなたはどんな時にネット検索をしますか?

それは知りたい情報や解決したい問題がある時ですよね。

世の中のすべての検索ユーザーもあなたと同様に、なんらかの欲求や問題を解決したいと思った時に検索をするのです。

このようなユーザーが抱える悩み・問題・欲求などのことを“ニーズ”と呼んでいます。

 

Googleは、検索ユーザーのニーズを解決できるコンテンツに高い評価を与え、ランキングの上位に表示しようとします

だからもしあなたがSEOで高い効果を得たいのであれば、

まずはユーザーのニーズを解決し、ユーザーを満足させられるような記事を作ることに注力すべきなのです。

これはもうSEO対策の大前提として覚えておいてください。

 

❷ 検索意図に沿った情報である

検索意図に沿ったコンテンツを作ろう

❶では検索ユーザーのニーズ(悩み・問題・欲求)を解決することが大切だと書きましたが、

そのためには“検索ユーザーが何を求めているのか?”を知らなくてはなりません。

 

検索ユーザーが何を求めているのかを知るためには“検索キーワード”をじっくりと考察することが重要です。

たとえば、「カフェ 渋谷」というキーワードで検索した人はどんなことが知りたいのでしょうか?

カフェという言葉の意味が知りたいのでしょうか? それとも渋谷にカフェが何店舗あるのかを知りたいのでしょうか?

…違いますよね。

この場合、ユーザーは“渋谷にあるおすすめのカフェ情報”を知りたくて検索したはずです。

 

検索した目的に合っていない情報をいくら一生懸命に書いたとしても、そんな情報はウンコの役にも立ちませんし、当然Googleにも評価されません。

なので、どんな人が・どんな目的で・どんなキーワードで検索するのか?をしっかりと考えてコンテンツを作る必要があるのです。

つまり検索意図に沿ったコンテンツを作りましょう、ということですね。

 

ちなみに筆者Sanzzoの場合、書きたい内容が思いついたら、それがどんなキーワードで検索されるのか?をまず考えます。

いくつかキーワードの候補をピックアップして、それがそれぞれどのくらいの検索数があるのかを調査し、キーワードを絞り込みます。

最終的により検索数が多いワード1つに絞り、それを元に記事を書きはじめるようにしています。

 

❸ 余計な情報が書かれていない

余計な情報が書かれていないこと

SEOを目的とした記事を書くのであれば、本筋と関係のない余計な情報・無駄な情報を書いてはいけません

すごく当たり前のことのように思えますが…

ついつい余計なことを書いてしまいがちな人って意外に多いんですよね。

(たとえば私Sanzzoとか。。)

 

最近のGoogleのアルゴリズムは“キーワードと内容の一貫性”をとても重要視するようになりました。

昔ほど長文SEO(とにかく情報を詰め込んで長文にする方法)が効かなくなったのは、実はこれが原因だったりします。

キーワードと内容の一貫性とは、タイトルなどに含めたキーワードと本文の内容とが、最初から最後まで合致しているか?ということです。

 

ユーザーは我々が思っている以上にせっかちですし、書かれている内容を最初から最後まで全部読むなんてことは絶対にしません

そんななかで本筋から外れた情報は邪魔なノイズでしかなく、なんの役にも立ちません。

ユーザーの検索意図と関係のない情報はなるべく排除し、ユーザー知りたいことだけが書かれていることが理想です。

筆者も最近出るは、記事を書き終わった後に余計な情報がないかをチェックして、なるべく無駄なものを削るようにしています。

 

❹ 求めている情報に素早くたどり着く

求めている情報に素早くたどり着く

前述の通り、ユーザーは我々が思う以上にせっかちです。

ほとんどのユーザーは記事の前半を流し読みするだけで、欲しい情報がないと判断するやいなや、すぐに離脱してしまいます

なので、コンテンツを作る際には“ユーザーがなるべくスムーズに素早く、求めている情報にたどり着くための工夫”をする必要があります。

そのためには次の3つのポイントに注目してください。

長文になり過ぎないこと
結論を先に書くこと
ページ内導線を充実させること

まず、長文になりすぎないこと。だらだらと回りくどくならないよう注意しましょう。

また、ユーザーが知りたいこと(結論)をなるべく先に書き、詳細は後回しにしましょう。

また、目次やアンカーリンクなどを設置して、読みたい場所にすぐにたどり着けるように工夫を凝らしましょう。

 

❺ 分かりやすく丁寧に書かれている

喜ぶ、笑顔の女の子

あなたが書いた記事にどんなに大切なことが書かれていたとしても、それが読者に伝わらなくては意味がありませんよね。

伝わらない文章、雑な説明で書かれた記事では、良質なコンテンツとは言えません。

伝わるコンテンツを作るためには、以下の4つのポイントに注目してください。

小中学生にも分かるように書く
図や表などで分かりやすく説明する
重要なことは表現を変えて何度も説明する
広告を(過剰に)貼らない

まずは、万人に理解できるように簡単に説明するという点。

小中学生でも理解できるようなるべく噛み砕いて説明し、

特に重要な箇所は、何度もくりかえし丁寧に解説することが大切です。

図・表・グラフ・イラストなどで説明することが大切というのもおすすめです。

 

また、バナー広告などは無いなら無いに越したことはありません。

特にインターステシャル広告(ページ遷移時にページ全面に表示される大型広告)や、アンカー広告(ページ下部に表示されるスクロールしてもいつまでも付いてくる広告)などはもってのほか。

広告なんて読者にとっては迷惑以外のなにものでもありませんからね…。

 

❻ 信頼できる正しい情報である

E-A-T(専門性、権威性、信頼性)とは?

あなたの発信する情報が検索エンジンから高い評価を得るためには、その情報が“信頼できる正しい情報”である必要があります。

これはGoogleが公表する「検索品質評価ガイドライン」にもしっかりとその旨が記載されています。

最新のガイドラインのなかには“記事の品質をどう評価するのか?”が書かれていますが、注目すべきは「E-A-T」についての記載です。

E-A-Tとは? Expertise(専門性)
Authoritativeness(権威性)
Trustworthiness(信頼性)

具体的には、筆者(あなた)はどんな人物か? その分野に専門的な知識をもつスペシャリストか?

インターネットやSNS上で「この分野ならこの人だよね!」と言ってもらえるようなオーソリティ(権威性)を、あなた自身やあなたのサイトがもっているか?

信頼に足りる根拠がある情報なのか? 信憑性があるか? 長年の経験があり充分なコンテンツ量があるか?

読者に役立つ発リンク、根拠のある参考リンクがあるか?

…などを総合的に評価して、Googleはコンテンツの検索順位を決めているのですね。

このE-A-Tは、直近のアルゴリズムアップデートでも重要視されるようになってきており、高品質なコンテンツとして認められるために不可欠なSEO対策の基本とされています。

 

特に「YMYL」(Your Money Your Life、あなたのお金やあなたの人生)に関する情報については、より一層このE-A-Tが大切となる分野です。

金融・お買い物や決済・医療・健康・育児・住宅・法律…などがYMYLに該当する分野となります。

 

この話を聞くと「じゃあ専門家じゃない個人サイト運営者は評価されないの?」と思うかも知れませんが、それはちょっと違います。

Googleは決して運営者の“肩書”を見て判断するわけではなく、サイトやコンテンツの状況を見て判断します。

前述のように、読者の役に立つ正しい情報を最適な形でこつこつと発信し続けていれば、それはユーザーの満足につながりますし、Googleの評価にもつながります。

E-A-Tは一朝一夕の小手先のテクニックでは手に入れることはできません。

あくまで日頃の努力の結果として得られるものだと考えましょう。

 

❼ オリジナルである

SEO対策の基本として昔からよく言われているものの一つが、“オリジナルコンテンツ”を作るという点です。

オリジナル、つまり他のサイトにはない独自性のある情報や、あなた自身の体験・意見、個性ある情報を発信しましょうということですね。

世の中にはたくさんの情報があふれていますので、他のサイトと似たようなことを書いたとしても検索ユーザーの役には立ちません。

 

オリジナルコンテンツの作り方については「個性あるオリジナルコンテンツを作る具体的なノウハウ10選」で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてお読みください。

ここでは詳細は省略しますが、下記のような具体的なテクニックを紹介しています。

人と違った発想/目線をもつ
実際に体験してみる/試してみる
物語(ストーリー)で語る
逆張りをする/否定をする
異常になる/執着する
面倒くさいことを積極的にやる
怒る/歓喜する
自分の個性をちゃんと把握する

…などなど。

ぜひ日々のコンテンツ作りの参考にしてみてください。

 

まとめ|SEOの基本は良質コンテンツを作ることである!

Googleロゴ

今回はSEO対策の基本と、良質なコンテンツを作るための方法を解説させていただきました。

検索ランキング(順位)の決定要素は全部で200項目以上あると言われていますが、Googleはそのなかでも特に重要な要素は下記の2つだと明言しています。

検索順位決定における2大要素 質の高い「被リンク」を得ていること
質の高い「コンテンツ」があること

今回の内容は後者の要素を解説したものになります。

(※被リンクについてはこちらの記事「被リンクを獲得する唯一の方法とは?」をご参照ください。)

また、質の高いコンテンツの条件は下記の7つです。

これらを満たすコンテンツ(記事)を発信し続ければ、あなたのサイトはいとも簡単に検索上位を獲得することができるようになります。

 

ちなみに、今回の内容はつねにGoogleが言い続けてきた基本的なSEO対策です。

Googleが言っていることは今も昔もほとんど変わりません

つまり、良質なコンテンツ作りに注力するということは、ずっと長い期間SEOの恩恵を受け続けれられるということ。

検索アルゴリズムのアップデートのたびに右往左往するのではなく、長いあいだ安定したアクセスと収益があげられるよう、

ぜひ今回ご紹介したSEO対策を日々のコンテンツ作りに反映していただければと思います。

 

 

WordPressを始めるなら!
【筆者愛用のレンタルサーバ&ドメイン】

▼迷わずコレ一択!TOPブロガー利用率No.1!高速&高性能の最優秀レンタルサーバ

▼国内最大級&最安値のドメイン取得サービス


※関連記事「スマホだけでWordPressを開設する方法
※関連記事「5分でよく分かるWordPressのはじめ方!
※関連記事「レンタルサーバー比較!おすすめ三強対決

※急告!! 11/15(木)18時迄限定!
エックスサーバーの初期費用が

半額に…!!

 

WordPress開設ならエックスサーバーが最適です。