ブログ部

ブログ・アフィリエイト・WordPress・SEOなど、収益&アクセスを改善させるノウハウ集!

WordPress

【レンタルサーバー比較】おすすめレンタルサーバー頂上決戦!No.1はどれ?

投稿日:2019-12-05 更新日:

おすすめレンタルサーバー比較

この記事のまとめ

おすすめのレンタルサーバーを徹底比較

ブログ&アフィリエイト歴6年、WordPressで年間3500万円を稼ぐ筆者が、

本気でおすすめの最強レンタルサーバーを選びます。

代表的な5サービスの中から、機能・スペック・表示速度・安定性・コスパ・操作性を分析&比較。

頂点に立つレンタルサーバーはどれだ!?

レンタルサーバーをさまざまな面で比較!

 

WordPressなどでブログやアフィリエイトをはじめる際に

まず最初に必要になってくるのが『レンタルサーバー』です。

 

でもレンタルサーバーってたくさん種類があるので

どのサーバー会社を選ぶべきか?どのプランが良いのか?よく分からないですよね…。

 

そんな今回は、ブログ&アフィリエイト歴6年・月間収益300~400万円の筆者が

代表的なレンタルサーバーを徹底比較し、おすすめの最強レンタルサーバーを決定します!

 

 

それぞれの特徴やスペックの比較、メリット・デメリット、筆者が実際に使ってみての感想などなど…

これから新しくレンタルサーバーを契約しようとしている人、レンタルサーバーの移転(引っ越し)を検討している方は

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

1.おすすめレンタルサーバー徹底比較!

おすすめレンタルサーバー比較

日本を代表する5つのレンタルサーバーについて、さまざまな面で比較をしてみました。

※サーバー名をクリックすると、詳細説明までスキップします。

 

1-1.ざっくりと比較!

各社のレンタルサーバーを、まずは感覚的にざっくりと比較してみます。

サーバー名 おすすめ度 速さ 性能 安定 歴史 利用者数 サポート 操作性 安さ
ConoHa WING
エックスサーバー
ロリポップ!
さくらサーバー ×
Mixhost × ×

 

1-2.しっかりと詳しく比較!

各社のレンタルサーバー&各プランを機能・スペック・料金などでくわしく比較します。

※分かりやすく比較できるように、各社の容量200GBのプランを太字で表記しています。

サーバー名 プラン 月額費用(税抜)
※12ヵ月契約
初期費用(税抜) 無料お試し期間 ディスク容量 転送量の目安 マルチ
ドメイン
MySQL 独自SSL WordPress 自動バックアップ メールサポート 電話サポート 簡単移行 移行代行 アダルト アクセス解析 モリサワWebフォント ディスク種類 Webサーバー 月間稼働率
ConoHa
WING
ベーシック 最大1,200円 0円 2週間 200GB 約85GB/日(2.5TB/月) 無制限 60個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
スタンダード 最大2,400円 0円 2週間 300GB 約102GB/日(3.0TB/月) 無制限 80個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
プレミアム 最大4,800円 0円 2週間 400GB 約119GB/日(3.5TB/月) 無制限 100個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
エックス
サーバー
X10 1,000円 3,000円 10日間 200GB 70GB/日 無制限 50個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
X20 2,000円 3,000円 10日間 300GB 90GB/日 無制限 70個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
X30 4,000円 3,000円 10日間 400GB 100GB/日 無制限 70個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
ロリポップ! エコノミー 100円 1,500円 10日間 10GB 40GB/日 20個 × 無料 × × × × × × × HDD/RAID10 Apache 不明
ライト 250円 1,500円 10日間 50GB 60GB/日 50個 1個 無料 × × × × × HDD/RAID10 Apache 不明
スタンダード 500円 1,500円 10日間 120GB 100GB/日 100個 30個 無料 × × × × HDD/RAID10 Apache 不明
ハイスピード 1,000円 3,000円 10日間 200GB 100GB/日 無制限 70個 無料 × × × × SSD/RAID10 LiteSpeed 不明
エンタープライズ 2,000円 3,000円 10日間 400GB 100GB/日 無制限 100個 無料 × × × × HDD/RAID10 Apache 不明
さくらの
レンタル
サーバー
ライト 131円 1,048円 2週間 10GB 40GB/日 20個 × 無料 × × × × × × HDD/RAID10 Apache+NGINX 99.99%以上
スタンダード 437円 1,048円 2週間 100GB 80GB/日 100個 20個 無料 × × × HDD/RAID10 Apache+NGINX 99.99%以上
プレミアム 1,310円 1,048円 2週間 200GB 120GB/日 150個 50個 無料 × × × HDD/RAID10 Apache+NGINX 99.99%以上
ビジネスプラン 2,183円 5,238円 2週間 300GB 160GB/日 200個 100個 無料 × × × HDD/RAID10 Apache+NGINX 99.99%以上
Mixhost スタンダード 980円 0円 10日間 200GB 約85GB/日(2.5TB/月) 無制限 無制限 無料 × × × SSD/RAID10 LiteSpeed 99.99%以上
プレミアム 1,980円 0円 10日間 300GB 約137GB/日(4.0TB/月) 無制限 無制限 無料 × × × SSD/RAID10 LiteSpeed 99.99%以上
ビジネス 3,980円 0円 10日間 400GB 約205GB/日(6.0TB/月) 無制限 無制限 無料 × × × SSD/RAID10 LiteSpeed 99.99%以上
ビジネスプラス 7,980円 0円 10日間 500GB 約239GB/日(7.0TB/月) 無制限 無制限 無料 × × × SSD/RAID10 LiteSpeed 99.99%以上

 

1-3.主力プランの比較!

各社のレンタルサーバーのなかから、もっとも人気のある主力プランを抜き出して比較しています。

サーバー名 プラン 月額費用(税抜)
※12ヵ月契約
初期費用(税抜) 無料お試し期間 ディスク容量 転送量の目安 マルチ
ドメイン
MySQL 独自SSL WordPress 自動バックアップ メールサポート 電話サポート 簡単移行 移行代行 アダルト アクセス解析 モリサワWebフォント ディスク種類 Webサーバー 月間稼働率
ConoHa
WING
スタンダード 最大2,400円 0円 2週間 300GB 約102GB/日(3.0TB/月) 無制限 80個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
エックス
サーバー
X10 1,000円 3,000円 10日間 200GB 70GB/日 無制限 50個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
ロリポップ! スタンダード 500円 1,500円 10日間 120GB 100GB/日 100個 30個 無料 × × × × HDD/RAID10 Apache 不明
さくらの
レンタル
サーバー
スタンダード 437円 1,048円 2週間 100GB 80GB/日 100個 20個 無料 × × × HDD/RAID10 Apache+NGINX 99.99%以上
Mixhost プレミアム 1,980円 0円 10日間 300GB 約137GB/日(4.0TB/月) 無制限 無制限 無料 × × × SSD/RAID10 LiteSpeed 99.99%以上

 

1-4.メリット/デメリットを比較!

各社のレンタルサーバーの特徴(メリット/デメリット)を比較しています。

サーバー名 メリット デメリット
ConoHa
WING
表示速度が速い!国内最速No.1
しかもめっちゃ安定している!
管理画面がわかりやすい!
初期費用がなんと0円!
他社サーバーからクリック1発で移行!
プラン変更が可能!簡単&即反映!
電話サポート他、お助け機能が充実!
利用者が少ない共有サーバーに移動可!
歴史が浅い…(2018年9月~)
利用者がまだ少ない…
エックス
サーバー
国内シェアNo.1(170万件)
歴史が長い老舗(2003年7月~)
障害が少なく大きな事故がない!
大量アクセスに強く安心!
利用者数が多く情報も多い!
電話サポートもある!
簡単引越し機能もある!
プラン変更が難しい…
初期費用がやや高め…
ロリポップ! とにかく安い!100円から始められる!
歴史が長い老舗(2001年11月~)
ハイスピードプランの登場で本命に!
利用実績200万サイト!国内シェアNo.1
初心者に優しくわかりやすい商品設計!
表示速度などサーバー性能で見劣り…
過去に大きな事故をおこしている…
最安のエコノミーではWordPress不可…
さくらの
レンタル
サーバー
最も歴史が古い!(1996年12月)
障害や震災などにも強い!
トラブルへの対応が早い!
機能面でややイマイチ…
サポートが塩対応…
管理画面が使いにくい…
プラン変更が不可…
Mixhost 初期費用が無料!
表示速度が速い!
スペックも優秀!
プラン変更が可能!簡単に即反映!
アダルトや出会い系がOK!
障害が多く安定稼働に不安…
歴史が浅い…(2016年6月~)
利用者がまだ少ない…
電話サポートがない…

 

 

2.おすすめレンタルサーバー第1位は?

結論を書いてしまうと…

筆者がさまざまな比較をおこない、実際に利用してみた上で

本気でおすすめするのはこの2つのレンタルサーバーです。

 

速さと最新技術なら「ConoHa WING

老舗の安心・安定なら「エックスサーバー

本来であればどちらかを選びたかったのですが、今回は同率1位としています。

 

サイトの表示速度など、サーバーの性能&スペックで選びたいあなたは「ConoHa WING」にしよう!
よめちゃん
サンツォ
性能はふつう以上あればいい。でも安心できる老舗を選びたいあなたは「エックスサーバー」がおすすめだよ!

 

2-1.速さと最新技術なら「ConoHa WING」!

ConoHa WINGのTOPページ_キャプチャ

2018年9月に新登場した、最新技術をつぎこんだ超高速レンタルサーバー。

キャッチコピーは「国内最速 No.1」!!

 

歴史こそ浅いですが、その圧倒的な表示速度はエックスサーバーをしのぎ、

いま急激に利用者数をのばしている大人気サーバーが「ConoHa WINGコノハウイング」です。

 

表示速度が速いと、SEOや直帰率などに良い影響をもたらすよ!
よめちゃん
サンツォ
性能重視な人、検索順位や収益をとことん追求したい人にはおすすめ!

エックスサーバーからConoHa WINGに引っ越しする方法

 

2-2.老舗の安心・安定なら「エックスサーバー」!

エックスサーバーTOPページ_キャプチャ

エックスサーバーは国内シェアNo.1

初心者から上級者まで幅広い層が利用している、いわば「鉄板」「ド定番」のレンタルサーバーです。

 

16年以上の歴史を誇りながらも、

大きな障害や事故を一度もおこしたことがない安心感安定感が魅力です。

 

ちょっとくらい性能が低くても、事故の少ない安心&安定がほしい人におすすめ!
よめちゃん
サンツォ
とはいえ、速度も機能もふつう以上に充実しているから安心してね!

エックスサーバーでWordPressを始める方法

 

 

3.おすすめレンタルサーバー詳細解説

この章ではおすすめレンタルサーバー5社を、それぞれ詳しく解説します。

 

3-1.ConoHa WINHG|コノハウイング

ConoHa WINGのTOPページ_キャプチャ

エックスサーバーからConoHa WINGに引っ越しする方法

 

国内最速 No.1」のキャッチフレーズでおなじみのConoHa WINGコノハウイング

速い・安定・操作も簡単と、三拍子そろった超優秀なおすすめレンタルサーバーです。

 

2018年9月にリリースした新しいレンタルサーバーですが、その文字通り「爆速ばくそく」な表示速度が話題になり、

いま利用者が急上昇しているレンタルサーバーがConoHa WINGなのです。

 

ConoHa WINHGの特徴

表示速度が速い!国内最速No.1
しかもめっちゃ安定している!
管理画面がわかりやすい!
初期費用がなんと0円!
他社サーバーからクリック1発で移行!
プラン変更が可能!簡単&即反映!
電話サポート他、お助け機能が充実!
利用者が少ない共有サーバーに移動可!
歴史が浅い…(2018年9月~)
利用者がまだ少ない…

 

表示速度が速い!国内最速 No.1

ConoHa文中_国内最速No.1

最初にも書いたとおりConoHa WINGの一番の特徴は、

とにかく表示速度が速い!」の一言に尽きます。

 

ConoHa WINGは歴史の浅いサービスですが、そのぶん最新技術がしみなく投入されており、

文字通り「国内最速 No.1」の速さを実現しています。

 

オールSSD RAID10構成!
独自のキャッシュ機能で読込短縮!
HTTP/2で複数の要求を同時並行処理!
PHP実行環境はLiteSpeed LSAPI!

 

表示速度が速いとどんないいことがあるの?
よめちゃん
サンツォ
SEO(検索エンジン対策)に有利なだけじゃなく

直帰率などのユーザービリティにも良い影響があるんだよ!

 

表示速度が落ちると、直帰率が悪化してしまいます。

表示速度が1秒から3秒に落ちると、直帰率は32%上昇する。 表示速度が1秒から5秒に落ちると、直帰率は90%上昇する。 表示速度が1秒から6秒に落ちると、直帰率は106%上昇する。 表示速度が1秒から10秒に落ちると、直帰率は123%上昇する。

引用:Google 2018年 Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed

表示速度が遅いと、CVR(発生率)などにも悪影響をあたえてしまうのです。

47%の消費者は2秒以内にWebページが読み込まれることを期待している。 40%のユーザーは読み込みに3秒以上かかるとWebサイトから離脱する。 表示が1秒遅れるとコンバージョン率が7%低下する。

引用:Kissmetrics 2017年 How Loading Time Affects Your Bottom Line

 

つまりConoHa WINGの大きな特長である表示速度の速さは、

サイトの検索順位や収益に直接的な影響をあたえるとっても重要な要素なのですね。

 

めっちゃ安定している!

ConoHa WING_安定性

ConoHa WINGはただ速いだけではなく、安定性も同時に追求しています。

nginxの採用で突然のアクセス集中も安心!
リザーブドプランで安定したリソースを確保!
月間稼働率は99.99%以上!

 

サンツォ
もし月間稼働率99.99%を下回ったら月額費用の一部が返金される

品質保証(SLA)も採用しているよ!

 

この他にも「サーバーマイグレーション」という機能があり、

自分が利用している共有サーバーが、収容人数の増加などでパツパツに遅くなってしまっても、

めちゃくちゃ簡単&無料で、余裕のあるサーバーへと移動ができるのです。

 

へー!すごい!

ほかにはない超便利な機能ね!

よめちゃん

 

まだ歴史が浅い&利用者が少ない

ConoHa WINGこのはちゃん

ConoHa WINGは2018年9月にサービスが開始された、歴史の浅いレンタルサーバーです。

とうぜんエックスサーバーなどの他の老舗しにせとくらべて利用者がまだまだ少ない状態にあります。

 

利用者が少ないということは

出回っている情報も少ないってことね。

よめちゃん
サンツォ
そうだね。だからトラブルなどの問題が発生した時に

解決できる方法がなかなか見つからないかも。。

 

なので、頻繁ひんぱんにWordPressのバックアップをとりリスクにそなえておくことが大切です。

これはどのサーバーを選んでも一緒ですね。

 

ちなみに…

おなじ会社が運営しているConoHa VPSは6年以上の歴史がありますが、目立った事故はありません。

次に説明するように、チャットや電話サポートなどサポート体制も手厚てあついので、

あまり心配はいらないかも知れませんね。

 

サポート体制も万全!移行代行も

ConoHa WINGはサポート体制抜群ばつぐんです!

24時間365日のメールサポート!
電話&チャットサポートもある!
利用ガイドがとてもわかりやすい!
WordPressかんたんインストール機能!
他社サーバーから1クリックで移行!
1サイト6,980円で移行代行もある!

…という感じで、サポート体制も充実しています。

 

個人的には電話サポートと、移行代行があるのがめちゃくちゃ嬉しいですね。

初心者でも安心なレンタルサーバーだと思います。

 

初期費用が無料!

ConoHa WINGは、すべてのプランで初期費用が無料(0円)です。

他社サーバーは1,000~3,000円の初期費用をとられるので、無料はうれしいですよね。

 

ConoHa WINGプラン一覧

 

ちなみに、他社サーバーの容量200GBのプラン同士で比較すると月額費用はややお高めなのですが…

まあ、たった数百円(年間2,000~3,000円)のお金をケチっていまいちな環境で運営するよりも、

高速&安定で、SEOにもユーザビリティにもすぐれたレンタルサーバーを使ったほうが絶対にいいですよね。

 

おすすめはベーシックプラン!

ConoHaWingベーシックプラン

ConoHa WINGはすべてのプランで機能&サポートが充実しています。

最安プラン(月額最大1,200円)の「ベーシック」でも容量200GB・転送量2.5TB/月なので、

月間数十万PVある中級サイトでもベーシックプランで十分に事足ことたりるでしょう。

 

今までレンタルサーバーの鉄板といわれていたエックスサーバーに対抗たいこうしうる(というかスペックの面ではまさっている)

筆者おすすめのレンタルサーバーがConoHa WINGなのです!

表示速度や性能せいのう面を優先させるなら、ConoHa WINGがNo.1ですね。

 

エックスサーバーからConoHa WINGに引っ越しする方法

 

 

3-2.エックスサーバー

エックスサーバーTOPページ_キャプチャ

エックスサーバーでWordPressを始める方法

 

エックスサーバー国内シェアNo.1の超鉄板レンタルサーバーです。

歴史も長く、実績も性能にもすぐれており、

TOPブロガーやTOPアフィリエイターも、エックスサーバーを愛用している人が多いんですよね。

 

エックスサーバーの特徴

国内シェアNo.1(170万件)
歴史が長い老舗(2003年7月~)
障害が少なく大きな事故がない!
大量アクセスに強く安心!
利用者数が多く情報も多い!
電話サポートもある!
簡単引越し機能もある!
プラン変更が難しい…
初期費用がやや高め…

 

老舗の安心感!国内シェアNo.1

エックスサーバーNo.1

エックスサーバーは機能・実績ともに優秀安心安全なレンタルサーバーです。

性能面ではConoHa Wingなどの高性能サーバーに若干じゃっかん見劣みおとりはするものの…

やはり「みんなが使っている」「業界トップレベルの人達が使っている」という安心感は捨てがたいですよね。

 

レンタルサーバーのシェア

※引用:HostAdvice|日本のウェブホスティング会社上位―市場シェア2019

 

過去に、有名ブロガーやアフィリエイターがどのレンタルサーバーを使っているかを調査したことがあるのですが、

その際にももっとも利用者が多いのがエックスサーバーでした。

 

利用者が多いと、困った時にも情報がいっぱいあって便利よね!
よめちゃん
サンツォ
大体なにかしらの情報が落ちているから、トラブル解決も早いんだ!

 

障害が少なく安定した稼働!

エックスサーバー安定

エックスサーバーはつながりやすくて安定しています。

サーバーの稼働かどう率はもちろん99.99%以上。

過去に大きな障害しょうがいもなく、安心してサイト運用がおこなえます

 

稼働率とは1年間でサーバーが正常に稼働している割合のことよ。
よめちゃん
サンツォ
99.99%なら正常に稼働していないのは年間で50分くらいだけってことだね。

 

ディスク容量もデータ転送量も充分な量が確保されているので、

個人サイトならまず問題になることはないでしょう。

 

もちろん表示速度も速い!

エックスサーバー文中_性能

安定性だけでなく、高速性も十分に確保されています。

独自のXアクセラレータで安定の速度!
アクセス集中に強いnginxを採用!
速さ&耐障害に優れたSSD RAID10構成!
HTTP/2対応で複数の要求を同時並行処理!

…などなど、他の高性能サーバーと遜色そんしょくのない性能をそなえています。

 

ただし、それでもやはり「ConoHa WING」などの性能面を優先的に追及ついきゅうしたサーバーと比べると

若干の見劣みおとりがするのは確かですね。。

 

個人的には…

 国内最速の表示速度や、SEO効果などの性能面を追求するなら「ConoHa WING

 障害の心配が少ない安定感、シェアNo.1&歴史ある老舗の安心感なら「エックスサーバー

という選択でいいのかな、と思っています。

 

X10プランがおすすめ!

エックスサーバーX10料金

もしあなたがWordPressによるブログやアフィリエイトの開設を考えている未経験者なら、

エックスサーバーは安心材料の多い鉄板のレンタルサーバーだと思います。

 

プランは最もベーシックな「X10」がおすすめです。

月間100万pv程度であれば、X10で十分にまかなえます。

ブログやサイトが大ヒットしてアクセスが爆増するようであればX20以上や専用サーバーなどを検討してください。

 

ちなみに、エックスサーバーでは無料で独自ドメインを1本プレゼント更新こうしん料もふくめてずっと無料に)していたり、

初期費用が半額(通常3,000円が1,500円になる)キャンペーンがあったりと、

つねに何かしらのお得なキャンペーンを実施しています。

 

ややお高めの料金設定ではありますが…

キャンペーンを利用すれば、他社とくらべても結果的にお得になることが多いんですよね。

 

エックスサーバーでWordPressを始める方法

 

 

3-3.ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー_TOPページ

 

女性や若い世代を対象とした初心者向けの安価なレンタルサーバーというのが

ロリポップ!レンタルサーバーの印象であり、そのサービスコンセプトでもあります。

GMOインターネットの子会社であるGMOペパボという会社が運営しています。

 

ロリポップ!の特徴

とにかく安い!100円から始められる!
歴史が長い老舗(2001年11月~)
ハイスピードプランの登場で本命に!
利用実績200万サイト!国内シェアNo.1
初心者に優しくわかりやすい商品設計!
表示速度などサーバー性能で見劣り…
過去に大きな事故をおこしている…
最安のエコノミーではWordPress不可…

※ちなみに国内シェアNo.1については「ロリポップ!」と「ヘテムル」の合算。ロリポップ!単体ではエックスサーバーに続く第2位です。

 

安さで選ぶならロリポップ!

ロリポップ!の最大の特徴とくちょうは、なんといってもその安さにあるでしょう。

最下位プランのエコノミープランはなんと月額100円!!

ロリポップ!レンタルサーバー_プラン比較表

 

残念ながらエコノミーではWordPresは使えませんが、

その上のライトでも月額250円、さらにその上のスタンダードでも月額500円という破格はかくの安さです。

(※いずれも12ヶ月契約の場合の料金)

 

めっちゃ経済的ね!
よめちゃん
サンツォ
安いだけじゃないよ!

大企業のGMOグループが運営する18年の歴史がある老舗なんだ!

 

ちなみに利用実績は200万サイトで国内シェアNo.1です。

ただしこれはロリポップとヘテムルの合算の数値で、ロリポップ単体ではエックスサーバーに続くNo.2のシェアとなります。

 

初心者に優しく分かりやすい商品設計!

ロリポップ特長サポート体制

ロリポップ!のもう一つの魅力は、初心者のことを親身しんみになって考えてくれているサービスであること。

「レンタルサーバー」なんて聞くとどうしても難しく感じてしまいますが…

ロリポップはそんな「技術に明るくない人」向けにさまざまなツールやサポート体制がひかれています。

 

カスタマーサポートも業界最高レベルです。

サポートは24時間365日!
電話サポートに対応!満足度94%
リアルタイムのチャットサポートも!

 

サンツォ
メール問い合わせへの対応は24時間365日対応!

90%以上が24時間以内に返信されるよ!

筆者の経験では3日間くらい返信が返ってこないさくらサーバーサーバー会社も普通にありますが…

困った時はなるべく早く解決したいですからね。。

 

初心者にとって嬉しいのが電話サポートよね!
よめちゃん

サーバーの知識にとぼしいとメールでのやりとりではなかなか問題が解決しません。

筆者も過去に何度もそんな経験があります。

 

でも電話サポートなら圧倒的あっとうてきに問題解決が早いんですよね。

ちなみにロリポップの電話サポートの満足度は94%なんだそうです。

 

表示速度などサーバー性能で見劣りする?

ロリポップ_安定

くり返しますが、ロリポップ!はまだ収益のあがっていない初心者にも嬉しい、安価な料金設定です。

ただしディスク容量や転送量、MySQLの限度数などのスペック面においてはその貧弱ひんじゃく感がいなめません

 

小さな個人サイトを運営するのであればそんなに困りはしないスペックだとは思いますが…

少しでも「サイトを成長させたい!」「ブログやアフィリエイトでかせいでいきたい!」という気持ちがあるのであれば、

ちょっと物足りなさを感じるんですよね。

 

アクセスが集中する時間は遅い…

筆者が実際に「ライト」プランを使ってみた印象だと、いつも動きが重くてのそっとした印象

とくに帰宅時間の19時くらいから夜中の1時くらいまでの時間帯は、

体感値たいかんちでもはっきりと分かるくらい表示速度が遅かった記憶があります。

 

更新の少ない(=ページ数が限られた)ホームページ型のミニサイトならいいのですが、

記事がどんどん増えていくブログなどのメディアはあまり向いていないんじゃないかなぁと思います。

 

公表されているスペック的には十分なように思うんですが、実際のパフォーマンスはかなり貧弱ひんじゃくな印象。

まあ共有サーバーなので「運」の部分もありますけどね…。

 

過去の事故が今でも尾を引く…

ロリポップ!は2006年3月にに、ハッカーによる攻撃を受け大規模なクラッキング事故が発生した過去があります。

ねらわれたのはWordPressユーザーで、少なくとも8,000件以上のサイトに改ざんなどの被害ひがいが確認されています。

 

また、2006年8月にはYahoo!検索でロリポップのサイトがインデックスから外れる障害しょうがいも発生しています。

当時は2チャンネルなどにアフィリエイトの被害額ひがいがくなどが続々と報告されて、大騒おおさわぎになりました。

 

けっこうな大事故ね。。
よめちゃん
サンツォ
立て続けにおきた2つの事故でロリポップは信用を大きく落とし

多くのユーザーが退会したんだよ。

 

まあ、これを機にロリポップのセキュリティは結果的に安全性が高まったとも言えますので、

過去のことは過去のこととして、客観的きゃっかんてきに判断するべきですね。

 

ハイスピードプランで悪い印象を払しょく!

ロリポップハイスピードプランイメージ画像

ここまで読んでいただければご理解いただけると思いますが…

正直、今までのロリポップ!は「安かろう悪かろう」「安いけど遅くてイマイチ」な印象でした。

 

しかし2019年9月にリリースされたハイスピードプランの登場により、

この過去の悪いイメージがふっしょくされることになります。

 

ハイスピードプランについてはこちらの記事にも詳しくまとめてありますが、

スペック面でも他社サーバーにひけをとらない(むしろ少しまさっている)存在になったのです。

 

ハイスピードプランの3つの理由

 

ハイスピードはとにかく速さに重点をおいた高スペックなプランです。

オールSSD RAID10構成で超高速に!
高速&安定を兼ね備えたLiteSpeed!
ディスク容量は200GB!
転送量も100GB/日!

 

ストレージはもちろんSSDを採用。HDDに比べて圧倒的な速さを実現しています。

WebサーバーにはLiteSpeedを採用さいようし、他社のnginxと比べても高速&安定的な稼働かどうを期待できます。

 

WordPress環境下では、LiteSpeedはNginxの10倍以上のパフォーマンスがあるそうですよ。(参考:LITESPEED

ディスク容量も転送量も、他社の高性能サーバーと遜色そんしょくないスペックをほこっています。

 

段階的にプランを上げていくのがおすすめ!

ロリポップ!レンタルサーバー_プラン比較表

もし、もっともお得にレンタルサーバーを借りたいのであれば、

ロリポップの各プランを、運営サイトの状況に応じてランクアップさせていくのがよいでしょう。

 

エコノミー(月額100円)だとWordPressに対応していないので注意してください。ライト(月額250円~)以上が必要となります。

また、ライトだとMYSQLが1個しか使えないので、のちのち複数サイトを運営する可能性のある方は、

スタンダード(月額500円)かハイスピード(月額1,000円~)をおすすめします。

 

始めてWordPressを開設するのであれば、ライトかスタンダードが良いでしょう。

サイトの成長に応じて上位プランに変更するようにすれば、

とっても経済的にレンタルサーバーを借りることができます。

 

 

 

3-4.さくらのレンタルサーバー

さくらサーバーTOPページ_キャプチャ

 

さくらのレンタルサーバーは、1996年12月にリリースされた歴史あるサービスです。

市場シェアはエックスサーバー、ロリポップに次ぐ第3位となります。

 

さくらサーバーの特徴

最も歴史が古い!(1996年12月)
障害や震災などにも強い!
トラブルへの対応が早い!
機能面でややイマイチ…
サポートが塩対応…
管理画面が使いにくい…
プラン変更が不可…

 

もっとも歴史の古い老舗!

さくらサーバーを運営するさくらインターネットは、創業22年以上の歴史をほこる老舗しにせです。

今回紹介している5社のなかでももっとも歴史が古く、1996年からサーバーホスティング事業を展開しています。

 

さくらインターネット:1996年12月~
ロリポップ:2001年11月~
エックスサーバー:2003年7月~
Mixhost:2016年6月~
ConoHa WING:2018年9月~

 

すごい!20世紀から続いているのね!
よめちゃん
サンツォ
まぁ古ければ良いってわけではないけど…

安心の材料にはなるよね。

 

ちなみに、2011年3月11日の東日本大震災のときにも、

さくらインターネットのデータセンターは被害ひがい0ゼロだったそうです。

事故や障害しょうがいが少ないというのももちろんですが、

自社でデータセンターを保有しており、万が一のトラブルにも強いというのが大きなメリットですね。

 

安いが性能面はイマイチ?

さくら安いがイマイチ

ぶっちゃけ表示速度をはじめとする性能面では他社におとるところが多い印象です。
 

他社のレンタルサーバーがSSDを採用するなか、さくらサーバーはHDDのままです。

WebサイトもApacheとNGINX、PHP実行環境もCGI版(もしくはモジュール版)と、

ConoHa WINGなどが採用するLiteSpeed LSAPIなどと比べると明らかに性能不足を感じます。

 

ちょっと何言っているか分からない…
よめちゃん
サンツォ
一言でいうと「遅い」ってことだね。。

 

ちなみに…

実はこのブログ部は以前、さくらサーバーのスタンダードプランを使っていたのですが、

その際はエラーが出まくりで大変な思いをしました

 

まぁ偶然ぐうぜん僕が入っていた箱(共有サーバー)が運悪くたまたまアクセス過多かただっただけかも知れませんが、

そんなこんなでさくらサーバーにあまり良い想い出がないんですよね。

 

わかりにくい管理画面&塩対応サポート…

さくら塩対応

僕がさくらサーバーをいまいちおすすめできない理由はこれ。

管理画面がわかりにくい
説明やマニュアルが不親切
カスタマーサービスの回答が遅い
難しい事を言われて問題解決できないことが多い

 

以前に「さくらインターネットの劣悪れつあくユーザビリティと塩対応にマジ切れ5秒前!!」という記事にも書いたのですが、

さくらサーバーのサポートは基本的にしお対応。つまり不親切で冷たいです。

 

問い合わせしても返事がくるまでに平均3日間くらいかかるし、解決方法とかを聞いても丁寧ていねいに教えてくれることはありません。

「自分で調べてね~」というのが基本姿勢のようです。

 

あんたが嫌われているだけじゃないの?
よめちゃん
サンツォ
さくらサーバーの塩対応はかなり有名で

ググってもネガな評判や口コミがいっぱい出てくるんだよ。

 

もしあなたが自分自身でトラブルを解決できる知識がないのであれば…

さくらサーバーは避けたほうがいいかもしれないですね。

 

スタンダードプランがおすすめ!

さくらサーバー_プラン一覧表

さくらサーバーは最安の「ライト」プランではWordPressの開設ができませんのでご注意を。

WordPressが開設できるのは「スタンダード」プラン以上からです。

 

スタンダードプランはディスク容量100GB、1日の転送量80GBと十分なスペックがあります。

月額500円弱、初期費用1000円弱という大変お手頃てごろな料金設定になっています。

 

ただ、正直に言って性能のわりには“割高感わりだか”があるというか…

月500円を払ってスタンダードプランを借りるよりは、もう1段上の「プレミアム」プランを借りるほうが安全ですし、

プレミアムプランよりはエックスサーバーのX10やConoHa WINGのベーシックの方が高性能で安いという…

なんとも中途半端なポジションなんですよね。

 

 

 

3-5.Mixhost|ミックスホスト

ミックスホストTOPページ

 

Mixhostミックスホストは、表示速度などの機能性にすぐれた高性能なレンタルサーバーです。

やや障害しょうがいが多く安定感に欠けるところがありますが…

アダルトや出会い系もOKというめずらしい特徴をもつ人気のサービスです。

 

Mixhostの特徴

初期費用が無料!
表示速度が速い!
スペックも優秀!
プラン変更が可能!簡単に即反映!
アダルトや出会い系がOK!
障害が多く安定稼働に不安…
歴史が浅い…(2016年6月~)
利用者がまだ少ない…
電話サポートがない…

 

表示速度も速くスペックは優秀!

ミックスホスト機能紹介

Mixhostはスペック面で見てもとても優秀ゆうしゅうなレンタルサーバーです。

ピュアSSD RAID10構成
LiteSpees WEBサーバー
HTTP/2&QUICに完全対応
キャッシュ機能も搭載

…という最新の技術を取り入れた、高速性にすぐれたサーバー環境を実現しています。

 

障害が多く安定稼働かどうに不安…

ミックスホスト障害情報

 

ただし…その安定性には少し不安が残ります。

理由としては障害しょうがいがとても多いこと。

 

この記事を書いている2019年11月だけでも、

に合計6回のサーバー障害や緊急きんきゅうメンテナンスなどが発生しているんですよね。

 

月に6回はちょっと多すぎるわよね…
よめちゃん
サンツォ
稼働率99.99%って書いてあるけど…

「本当に?」と思っちゃうよね。。

 

僕のようにブログやアフィリエイトで稼いでいる人間にとって、

サーバー障害やセキュリティ事故を始めとするトラブルは、大きく収益を棄損きそんしてしまう一大事いちだいじです

なのでここ最近のMixhostの障害の多さは、かなり怖くなりますよね。

 

レンタルサーバーは表示速度などの機能性はもちろんですが、

安定・安心して運営できることのほうがもっと大切だと思うのです。

そういう意味では、個人的にはあまりMixhostをおすすめできないんですよね。

 

アダルトや出会いがOK!

男女のキス

Mixhostの大きな特徴として、アダルトや出会い系などの18禁サイトの運営がOKなことです。

これらのアダルト分野をめるのであれば、Mixhost以外の選択肢せんたくしは考えられないと言っても過言ではありません。

 

逆に言うと…

これらアダルト以外の分野であれば、ぶっちゃけConoHaWINGやエックスサーバーのほうがおすすめです。

わざわざ障害しょうがいの多いMixhostを選ぶ必要はありません。

 

スタンダードプランがおすすめ!

ミックスホスト料金プラン一覧

Mixhostのおすすめプランはスタンダードです。

ディスク容量が150GBで、転送量が2TB/月、SSD RAID10の高性能サーバーが、

月額980円から借りられるというのは、かなりお得ではないでしょうか?

しかも初期費用はどのプランも無料(0円)です。

 

そういう意味では、

障害の多ささえ解消かいしょうされれば一気にレンタルサーバーの大本命におどりでる可能性の高い、

高性能&高コストパフォーマンなサービスと言えるでしょう。

 

 

 

4.結論|速さのコノハ! 安心のエックス!

では結論です!

さまざまな比較をおこない、筆者が実際に利用してみた上で 最終的におすすめできるのは下記の2つ。

速さと最新技術の「ConoHa WING

老舗の安心・安定の「エックスサーバー

どちらも現在の日本国内にあるレンタルサーバーとしてはTOPクラスの性能&実力を誇ります。

 

4-1.速さと最新技術のConoHa WING

サイトの表示速度など、サーバーの性能&スペックで選びたい人向け。

おすすめプランは「ベーシック」。

月額:最大1,200円 / 初期費用:0円

エックスサーバーからConoHa WINGに引っ越しする方法

 

4-2.老舗の安定・安心 エックスサーバー

性能はふつう以上あればいい。でも安心できる老舗を選びたい人向け。

おすすめプランは「X10」。

月額:1,000円(12ヵ月契約の場合) / 初期費用:3,000円

エックスサーバーでWordPressを始める方法

 

4-3.ConoHa WINGとエックスサーバーの比較

両レンタルサーバーのおすすめプランを比較します。(※赤文字部分)

サーバー名 プラン 月額費用(税抜)
※12ヵ月契約
初期費用(税抜) 無料お試し期間 ディスク容量 転送量の目安 マルチ
ドメイン
MySQL 独自SSL WordPress 自動バックアップ メールサポート 電話サポート 簡単移行 移行代行 アダルト アクセス解析 モリサワWebフォント ディスク種類 Webサーバー 月間稼働率
ConoHa
WING
ベーシック 最大1,200円 0円 2週間 200GB 約85GB/日(2.5TB/月) 無制限 60個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
スタンダード 最大2,400円 0円 2週間 300GB 約102GB/日(3.0TB/月) 無制限 80個 無料 × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
エックス
サーバー
X10 1,000円 3,000円 10日間 200GB 70GB/日 無制限 50個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
X20 2,000円 3,000円 10日間 300GB 90GB/日 無制限 70個 無料 × × SSD/RAID10 NGINX 99.99%以上
ロリポップ! スタンダード 500円 1,500円 10日間 120GB 100GB/日 100個 30個 無料 × × × × HDD/RAID10 Apache 不明
ハイスピード 1,000円 3,000円 10日間 200GB 100GB/日 無制限 70個 無料 × × × × SSD/RAID10 LiteSpeed 不明

 

 

5.おまけ|レンタルサーバー用語説明

 ディスク容量
サーバーに保存できるデータ(文字・画像・動画)などの容量のこと。個人でレンタルサーバーを借りるのであれば10GBもあれば充分だと思います。

 マルチドメイン
1つのサーバーで複数のドメイン(≒サイト)を管理できること。

 MySQL
無料のデータベースソフト。WordPressはサイト情報をデータベースで管理しているのでWordPressを動かすためにはMySQLが必要。サイトを1つ運営するだけであればMySQLも1つでOK。

 データ転送量(目安)
サイトを閲覧する際にサーバー側からユーザー側に送られるデータ量の上限。アクセスが多くなった場合、サーバー側は負担抑制のためにデータ送受信の容量制限をする(=繋がらなくなる)。ただしレンタルサーバーなどの「共用サーバー」は、1サーバーを複数の運営者が共有することになるので、この数字にそれほど大きな意味はない。

 独自SSL
SSLとはデータを暗号化して送受信する方法で、データ改ざんやなりすましなどの不正を防ぐことができる。

 

 

-WordPress
-, , ,

Copyright© ブログ部 , 2020 AllRights Reserved.