ブログ部

ブログ・アフィリエイト・WordPress・SEOなど、収益&アクセスを改善させるノウハウ集!

マーケティング

【SWOT分析】のやり方例を世界一優しく解説するよ!

投稿日:

SWOT分析画像。強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)

今回はSWOT分析について説明したいと思います。

なんか難しそう」と思われるかもしれませんが… いえいえ、そんなことはありません。

SWOT分析は、ふだんマーケティング分析などをやったことのない素人でも簡単にできる、目標達成や改善のためのとりくみなのです。

 

この記事では下記についてを解説します。

「SWOT分析」とはなにか?について
SWOT分析のやり方や具体例を図解
SWOT分析をクロス分析で活用する

私みたいな初心者にもできる?
ヨメちゃん
サンツォ
もちろん!なるべく簡単にやさしく説明するよ♪

 

1.SWOT分析とは?

SWOT分析とは?

SWOT分析とは、目標達成のためにおこなうフレームワークです。

フレームワークとは、問題をすばやく客観的に把握し、それに対応&改善するための“お決まりの枠組み”のこと。

強み(Strength)
弱み(Weakness)
機会(Opportunity)
脅威(Threat)

この4つの頭文字をとってSWOTと書き、読み方は「スウォット分析」です。

 

1-1.SWOT分析で目標を達成する

SWOT分析とは?イラスト図解

SWOT分析は、あなたやあなたの組織(会社やチームなど)の目標を達成するためにおこなう作業です。

自分や自分の組織の弱み・強みなどを知り、それを視覚化(目に見えるようにビジュアル化)します。

そして必要な改善点や、戦略(戦い方)を把握するのです。

 

目標達成のためになにをするか?はアタマのなかだけで考えることもできますが、

このSWOT分析という作業をおこなうことで、よりハッキリとわかりやすく理解することができるのですね。

会社の仕事とかに使うものなの?
ヨメちゃん
サンツォ
いいや、企業はもちろんだけど、ブログなどのスモールビジネスにも使えるよ! 個人の目標・夢の達成みたいなことにも役立つんだ!

 

1-2.SWOT分析でわかること

SWOT分析でわかることを図解

SWOT分析の目的は、あなた(あなた個人やあなたの組織)の目標を達成させることです。

そのために「あなたの強み・弱みはなにか?」「あなたをとりまく外部環境がどうなっていのるか?」を

できるだけ冷静に客観的に理解することから分析をはじめていきます。

 

結果的に「目標達成させるためには何をするべきか?」の答えを導きだすことがSWOT分析のゴールとなります。

SWOT分析でわかること

強みをどのように目標達成に活かす?
目標達成にジャマな弱点をどう克服する?
チャンスや追い風をどう利用する?
脅威からどう身を守る?なにを捨てる?

どうすれば目標に近づけるかがわかるってこと?
ヨメちゃん
サンツォ
そうそう!進むべき方向・やるべきこと・やらざるべきことをハッキリさせるんだ!

 

1-3.SWOT分析のテンプレート

SWOT分析のテンプレート配布用

SWOT分析には上のようなテンプレートを使います。

このテンプレートの使い方はのちほど説明しますが、

強み・弱み・機会・脅威それぞれの欄にあなた自身がメモを書きこんでいきます

 

ノートなどに手書きで書きこんでもいいですし、

上の画像をお持ちのパソコンなどにダウンロード保存し、印刷して使っていただいてもOKです。

(※配布用に大きめに作っていますので、ぜひご自由にお使いください)

 

 1-4. SWOT分析のやり方

SWOT分析のやり方。3ステップ

SWOT分析のやり方・流れは下記のとおり、

大きくわけて3つのステップで進めていきます。

SWOT分析の3ステップ

SWOT分析(自分の状況を知る)
クロス分析(戦い方を考える)
優先順位を決めて実践する

サンツォ
ここまでで事前解説は終わり! 次からは具体例を出しながら実際にSWOT分析をしてみるよ!
思っていたより簡単かも!いよいよ実践ね♪
ヨメちゃん

 

2.SWOT分析

では実際にSWOT分析を具体的な事例とともに進めていきます。

今回はこの『ブログ部』を例に解説させていただきます。

 

SWOT分析では、あなた(あなた自身や、あなたの組織や商品)の状況を知ることが目的です。

まずはあなたをとりまく外的要因について把握し、次にあなた自身の内的要因を把握します。

サンツォ
SWOT分析では1-3で紹介したテンプレートを使うよ!
あのテンプレートに書き出していくのね!
ヨメちゃん

 

2-1.外的要因

SWOT分析_外部要因

SWOT分析のテンプレートではS・W・O・Tの4つの項目を埋めますが、

まずはOpportunity(機会)とThreat(脅威)の2つの「外的要因」からやっていきます。

 

外的要因とは、自分ではコントロールできない外部の環境や状況のこと。

政治・法令・経済・業界・消費者の意識・普及率・競合の動向など…

あなた(やあなたの組織)の目標達成に影響をあたえる“社会・市場の状況”について考えましょう。

 

2-1-1.Opportunity|機会

SWOT分析_機会

機会とはチャンスのこと。

現在の状況やタイミングがあなたの目標達成にどんな良い影響を与えるのか?を考えます。

 

社会・政治経済・業界や市場・消費者意識…などの外的要因のなかから、

あなたにとってどんなプラス要素があるのか? どんなポジティブな出来事があるのかを、

思いつく限り書き出してみてください。

「機会」の例: ※当ブログ部の場合
政府が副業を後押ししているので、ブログ副業のノウハウを発信する当ブログは追い風の状態にある
さらに、年々ブログ副業を始める人は増えている。
ブログだけではなく、SNSや動画など個人の発信の場は広がり続けている。

 

2-1-2.Threat|脅威

SWOT分析_脅威

脅威とは、あなたの目標達成をおびやかす障害となるものです。

 

機会とおなじく社会・政治経済・業界や市場・競合動向…などの外的要因のなかから、

あなたの目標達成に悪い影響を与えるものはないか?

目標達成をおびやかすどんなマイナス要素ネガティヴ要素があるのか?を書き出してみてください。

「脅威」の例 ※当ブログ部の場合
ITP(Cookieによる広告成果などの計測・追跡を無効化するもの)の普及によりアフィリエイト売上が減少するかも。
たび重なる検索エンジンのアルゴリズム変更により、順位下落が起こるかも。
競合サイトが強い。また新規参入サイトも増えている。

 

2-2.内的要因

SWOT分析_内部要因

つぎにStrength(強み)とWeakness(弱み)の2つの「内的要因」について考えます。

内的要因とは、あなた自身(個人・組織・商品)がもつ特徴やメリット・デメリットのことです。

 

自社商品や自社サイト、あなた自身やあなたが所属する組織のなかで、

みずからの力でコントロール可能なものですね。

 

2-2-1.Strength|強み

SWOT分析_強み

目標達成のために活かすべき強みプラス要素のこと。

外的要因ではなく、あくまであなた自身やあなたの組織のなかの内的要因を考えてください。

あなたの目標達成にポジティブな良い影響をあたえる特性についてピックアップし、

思いつく限りたくさん書き出してみてください。

「強み」の例: ※当ブログ部の場合
被リンクが多くドメインパワーが強いので、書いた記事が検索上位にあがりやすい。
すでに月300万円以上のブログ収益が出ており、運営資金や投資元本が充分にある。実績を元に説得力のある発信ができる。
知名度が高まりつつあり、すでに複数のSNSや動画にも着手している。

 

2-2-2.Weakness|弱み

SWOT分析_弱み

目標達成のための障害となる弱み克服すべきマイナス要素のこと。

こちらも外的要因ではなく、あなた自身やあなたの組織のなかの内的要因からピックアップします。

あなたの目標達成にネガティヴな悪い影響をあたえる特性について考えてみてください。

「弱み」の例: ※当ブログ部の場合
競合にくらべてSNSの着手が遅く、知名度やブランディングがまだまだ不足している。
ブログノウハウ系のマーケットは意外と狭く、経済規模が小さい。キーワードも限られている。
僕は副業なので、作業時間が限られている。多くの事業を一度にできない。

SWOT分析はこれで完了だね!
ヨメちゃん
サンツォ
うん! つぎはこのSWOT分析の結果を活用しつつ「クロス分析」をやるよ!

 

3.クロス分析

クロス分析_やり方例

クロス分析とは、SWOT分析の活用法の1つです。

強み・弱み・機会・脅威を上の図のようにクロスさせるように組み合わせ、

4つの戦略を導き出します。

クロス分析で抽出する4つの戦略

積極戦略:強み×機会。強みを活かして積極的に攻める戦略
改善戦略:弱み×機会。弱みを改善・克服しチャンスをつかむ戦略
差別化戦略:強み×脅威。強みを活かし脅威に対抗/差別化する戦略
積極戦略:弱み×脅威。マイナス影響をおさえ戦略、または撤退

 

3-1.クロス分析のテンプレート

クロス分析_テンプレート(ダウンロード配布用)

クロス分析には上のようなテンプレートを使います。

SWOT分析と同様にノートなどに手書きしてもいいですし、

上の画像をダウンロード保存し、印刷して使っていただいてもOKです。

 

3-2.クロス分析のやり方

クロス分析_SWOT入力後

まずは先ほどのSWOT分析の内容を上行(強み・弱み)左列(機会・脅威)にそれぞれ転載してください。

次にタテ×ヨコの要素をクロスさせて、それぞれの戦略を考えます。

 

3-2-1.強み×機会|積極戦略

クロス分析_積極戦略

強みを活かして積極的に攻めるための戦略です。

あなたの強みを、あなたの周囲をとりまく環境の機会にうまく乗せて

いかにチャンスを最大限に活かすかがポイントとなります。

「積極戦略」の例: ※当ブログ部の場合
副業解禁の時勢にあわせ、副業初心者向けのコンテンツを積極的に量産していく。
指名検索をさらに増やし、分野内でのポジションを確立 する。SNSやYouTubeでブランディングを進める。
利益が出ている内に先行投資を進める。ツールや外注などで作業効率を図る。

 

3-2-2.弱み×機会 |改善戦略

クロス分析_改善戦略

弱みを克服して段階的に攻めるための戦略です。

あなたの弱みをどう改善・克服し、チャンスをつかむかがポイントとなります。

 

弱みと強みは表裏一体であり、強みが弱みになることもあれば、弱みが強みになることもあります。

あなたがもつ材料を、どのように工夫して機会を利用するか?をじっくりと考えましょう。

「改善戦略」の例: ※当ブログ部の場合
SNSの遅れを取り戻すため、ムダを省いてSNSへの力配分を強める。 
SNSと動画でブランディングを強化。知名度・認知度を高めていく。
既存分野のマーケットが狭いため、新しい分野の新規開拓を進める。

 

3-2-3.強み×脅威 |差別化戦略

クロス分析_差別化戦略

強みを活かして脅威に対抗するための戦略です。

脅威に打ち勝つためには、あなたのどんな強みをどんなふうに活用すればいいのか?

どのように差別化をすれば競合の脅威を排除できるのか?を考えましょう。

「差別化戦略」の例: ※当ブログ部の場合
検索エンジンのアップデート影響を避けるため、影響の小さい分野開拓や、そもそも検索に依存しない集客方法を開拓。
競合の攻めていない分野の開拓、もしくはSNS・YouTubeでキャラクターの差別化を図る。
ブログやアフィリエイト以外の収益源を見つける。

 

3-2-4.弱み×脅威 |防御・撤退戦略

クロス分析_防御・撤退戦略

マイナスの影響を最小限におさえるための戦略です。

どのように脅威から身を守るのか?または脅威を取り除くのか?を考えましょう。

 

現状維持もむずかしい、または現状維持のために莫大なリソース(お金や時間)がかかるのであれば

あきらめて撤退するという判断も必要です。

「防御・撤退戦略」の例: ※当ブログ部の場合
アップデートの影響を受けた分野の補填のため、既存記事をリライトし全体を底上げする。 
アップデートの影響を受けやすいYMYL、特に健康美容系分野には力を入れない。
YMYL分野の新規サイトの立ち上げ予定を断念し撤退する。

 

4.戦略の実践

SWOT分析の戦術を実行する

最後にクロス分析で導き出した戦略をふまえて、

それらの戦略をどう実践していくか?を考えます。

下記の点を決めてから実践するとスムーズです。

  戦略の優先順位は?
  いつやるのか?スケジュールは?
  誰がやるのか?担当者は?

サンツォ
SWOT分析で満足しちゃって、それっきり… みたいな人も多いから注意が必要だよ!
クロス分析で導き出した「戦略」を実行しないと意味がないもんね!
ヨメちゃん

 

4-1.優先順位

戦略の優先順位を決めましょう。

クロス分析で書き出したたくさんの戦略は、すべてを一度に実施できるわけではありませんよね。

また、すべて実施する必要もありません。

目標に与えるインパクトが大きいもの早めにやらなくては効果がないものをピックアップし、

優先順位をつけて実行に移してください。

 

4-2.スケジュール

期日を決めておくことはとても重要です。

いつまでに着手するのか?
事前調査はいつまでに完了させるのか?
実際の作業はいつまでに完了させるのか?
バッファ(予備期間)はどのくらい設けるのか?

など、ざっくりでもいいのでスケジュールを決めておきましょう。

 

4-3.担当者

どこの部署の誰が、どの戦略を担当するのか?

実際の担当者(プロジェクトのオーナー)を決めておくことも重要です。

責任者があいまいだと、プロジェクトは絶対にうまく進まないですからね。

サンツォ
まあ僕みたいな個人事業者には縁のない話だけどね…
ぜんぶ一人でやらなきゃだもんねw
ヨメちゃん

 

-マーケティング
-

Copyright© ブログ部 , 2019 AllRights Reserved.