【WordPressにかかる料金】いくらかかる?各社の料金比較も!

この記事をまとめ

WordPressの料金について説明します。

WordPressを始める際には「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」がかならず必要になります。

レンタルサーバー費用は月500~1,000円程度が相場です。

独自ドメイン費用は年100~1,000円程度が相場ですが、レンタルサーバー契約時に無料でもらえる方法もあります。

よめちゃんのアイコン画像よめちゃん

ワードプレスってお金がかかるんでしょ?
いったいいくら必要なの?

サンツォのアイコン画像サンツォ

レンタルサーバーや開設方法によっても違うから
ぜひ続きを読んでみてね!

本記事ではWordPressにかかる料金の内訳、レンタルサーバー各社の料金比較、

お得にWordPressを開設する方法についても解説いたします。

\ 集客&収益化に強くて、超お得な裏技 /

目次

WordPressにかかる料金は?

WordPressとは

WordPressでブログやアフィリエイトサイトを始める際、

何に、どのくらいのお金が必要になるのでしょうか?

WordPressにかかる料金内訳(一覧表)

WordPressを始める場合にかかる料金の内訳は下記のとおり。

いろいろありますが、必須なのはレンタルサーバー費用独自ドメイン費用のみです。

このうち独自ドメインもサーバー契約の際に無料でもらえることが多いので、

基本的にはレンタルサーバー代だけで済むと考えてOKです。

費目必須備考料金相場
WordPress無料オープンソースなので無料0円
レンタルサーバー必須初期費用・月額費用
の2種類がある
初期1,000~3,000円(有料の場合)
月額500~1,000円/月
独自ドメイン必須無料でもらえる場合も100~1,000円/1本(有料の場合)
SSL化任意無料SSLで問題ない数千~10万円/年(有料の場合)
テーマ任意無料テーマでも問題ない1万~2万円/年(有料の場合)
プラグイン任意ほどんど無料で提供数百~数千円が一般的
サイト制作費任意外注でサイト制作する場合のみ10万~30万円(フリーランスに小さな制作を依頼する場合)
50万~100万円(制作会社に大きな制作を依頼する場合)

レンタルサーバーの料金はサーバー会社や選ぶプランによって違います。

平均的には月500~1,000円くらいの範囲ですが、

安くて性能の高いレンタルサーバーでも月600円~800円くらいで借りることができます。

(しかも初期費用は無料で、ドメインも無料でもらえるサービスもある)

つまり、WordPressにかかる料金は年間7,000円~1万円以内でおさまるということですね。

1万円を高いと感じる方もいるかもしれませんが、

WordPressでブログやアフィリエイトをやるなら、年間1万円くらい稼ぐのは決して難しくないので、

基本的にマイナス(赤字)になることはないと思います。

\ 集客&収益化に強くて、超お得な裏技 /

WordPressには2種類あるって知ってる?

実はWordPressは2種類あります。

WordPress.orgWordPress.comです。

WordPress.org

ワードプレスといったら通常はこの.orgを指します。

システムの利用は無料ですが、レンタルサーバー代とドメイン代がかかります。

WordPress.com

WordPressのシステムを利用したブログサービスです。

無料プラン~月額5,000円強のプランまで複数のプランがあります。

初心者の方は「無料でできるからWordPress.comがいい!」と思いがちですが、

独自ドメインは有料だったり、運営側の広告を削除するに有料プランに入る必要があったり…と、結局お金がかかってしまいます。

WordPress.orgをやる場合とあまり料金の差がありませんし、さまざまな制限がありおすすめできません

マネタイズを考えない趣味のブログだったら無料プランのままでもいいのですが、

収益化を考えるならWordPress.comを使うメリットはあまりないので、

WordPress.orgを利用するのがおすすめです。

\ 集客&収益化に強くて、超お得な裏技 /

レンタルサーバーの料金

さくらサーバー安定感

WordPressを始めるなら、必ず必要となるのがレンタルサーバーです。

ここではレンタルサーバーの料金について解説します。

初期費用と月額費用の2つが発生する

レンタルサーバーは通常、2種類の料金がかかります。

レンタルサーバーの料金
  • 初期費用:1,000円~3,000円(最初のみ)
  • 月額費用:500円~1,000円/月

しかし最近は初期費用が無料のレンタルサーバーが増えてきたので、発生するのは月額費用のみと考えてOKです。

ちなみに、無料のレンタルサーバーもあるにはありますが、制約が多かったり性能が悪くて使い物にならない場合もあるので

少なくともブログやアフィリエイトで収益化を行うのであれば、無料サーバーは避けたほうがいいと思います。

\ 集客&収益化に強くて、超お得な裏技 /

レンタルサーバー各社の料金比較

代表的なレンタルサーバーを比較してみましょう。

各社のレンタルサーバー&各プランを機能・スペック・料金などでくわしく比較します。

※分かりやすく比較できるように、各社の容量200~250GBのプランを太字で表記しています。

サーバー名プラン月額費用(税抜)
※12ヵ月契約
初期費用(税抜)無料お試し期間ディスク容量転送量の目安マルチ
ドメイン
MySQL独自SSLWordPress自動バックアップメールサポート電話サポート簡単移行移行代行アダルトアクセス解析モリサワWebフォントディスク種類Webサーバー月間稼働率
ConoHa
WING
ベーシック720円0円2週間250GB約150GB/日(4.5TB/月)無制限無制限無料×SSD/RAID10NGINX99.99%以上
スタンダード1,560円0円2週間350GB約183GB/日(5.5TB/月)無制限無制限無料×SSD/RAID10NGINX99.99%以上
プレミアム3,120円0円2週間450GB約200GB/日(6.0TB/月)無制限無制限無料×SSD/RAID10NGINX99.99%以上
エックス
サーバー
X101,000円3,000円10日間200GB150GB/日無制限無制限無料××SSD/RAID10NGINX99.99%以上
X202,000円3,000円10日間300GB180GB/日無制限無制限無料××SSD/RAID10NGINX99.99%以上
X304,000円3,000円10日間400GB200GB/日無制限無制限無料××SSD/RAID10NGINX99.99%以上
ロリポップ!エコノミー100円1,500円10日間20GB50GB/日50個×無料×××××××SSD/RAID10Apache不明
ライト250円1,500円10日間100GB100GB/日100個1個無料×××××SSD/RAID10Apache不明
スタンダード500円1,500円10日間150GB150GB/日200個50個無料××××SSD/RAID10Apache不明
ハイスピード750円0円10日間250GB200GB/日無制限無制限無料××××SSD/RAID10LiteSpeed不明
エンタープライズ2,000円3,000円10日間1TB400GB/日無制限無制限無料××××SSD/RAID10LiteSpeed不明
さくらの
レンタル
サーバー
ライト131円1,048円2週間10GB40GB/日20個×無料××××××HDD/RAID10Apache+NGINX99.99%以上
スタンダード524円1,048円2週間100GB80GB/日100個20個無料×××HDD/RAID10Apache+NGINX99.99%以上
プレミアム1,571円1,048円2週間200GB120GB/日150個50個無料×××HDD/RAID10Apache+NGINX99.99%以上
ビジネスプラン2,619円5,238円2週間300GB160GB/日200個100個無料×××HDD/RAID10Apache+NGINX99.99%以上
Mixhostスタンダード980円0円10日間250GB約150GB/日(4.5TB/月)無制限無制限無料×××SSD/RAID10LiteSpeed99.99%以上
プレミアム1,980円0円10日間350GB約183GB/日(5.5TB/月)無制限無制限無料×××SSD/RAID10LiteSpeed99.99%以上
ビジネス3,980円0円10日間450GB約200GB/日(6.0TB/月)無制限無制限無料×××SSD/RAID10LiteSpeed99.99%以上
ビジネスプラス7,980円0円10日間550GB約267GB/日(8.0TB/月)無制限無制限無料×××SSD/RAID10LiteSpeed99.99%以上

おすすめレンタルサーバーの比較については、下記の記事にくわしくまとめています。

おすすめ!集客&収益化に強く、お得な裏技とは?

WordPress、ワードプレス、ブログ

僕はもっともおすすめするのはConoHa WING(コノハウイング)です。

おすすめする理由は下記の4点。

ConoHa WINGがおすすめの理由
  • 国内最強レベルの高性能&高速サーバー!
  • 初期費用が無料&ドメインも無料でもらえる!
  • 月額費用も安い!640円/月~(※限定キャンペーン料金)
  • 初心者も10分!WordPressかんたんセットアップがある
  • しかも当ブログ部経由ならさらに500円割引に!

おすすめのレンタルサーバーについては、

どのサイトでも「エックスサーバー」か「ConoHa WING」かを推奨している意見が多いと思います。

どちらも高性能でめちゃくちゃ優秀なサービスで、料金もあまり差がありません。

その中で僕が「ConoHa WING」を推す理由は、当ブログ部限定の500円OFFが適用されるからです。

月額費用が640円だとして、500円OFFだとなんと初月140円でWordPressが始められるということですね。

これほどお得な方法はないと思います。

ConoHa WINGでWordPressを始めるなら、下記の記事を参考にしてみてください。

すべての手順を画像付きでていねいに解説しています。

独自ドメインの料金

独自ドメインもWordPressには必須の要素です。

ここでは独自ドメインの料金について解説します。

なぜドメインが必要なのか?

ドメインとは?説明図

ドメインは上図のようにURLの中心となる部分のこと。

あなたのサイトの住所のような役割を担います。

ドメインはたとえば無料ブログなどでは料金が発生せずレンタルする(サービスの公式ドメインを一部借りる)ことができます。

しかしサービスを終了したり、退会したり、他のサービスに引越しする場合はドメインを返す必要があります。

それまで育ててきた検索エンジン(SEO)の評価もそこでリセットされますし、サイトのURL自体がなくなってしまうということです。

なので、中長期的にブログやサイトを運営するなら、独自ドメインを取得する必要があるのです。

独自ドメインの料金はいくらかかる?

独自ドメインの料金はピンキリです。

メジャーなドメイン(.com/.netなど)では料金が上がりますし、

誰もが欲しがるようなよく使われる文字列も高くなります。

独自ドメインが実際にいくらくらいなのか、具体例を挙げてみましょう。

WordPress料金_独自ドメインの料金

このように、バラつきはあるものの、

だいたい年間100円~1,000円くらいが独自ドメインの料金です。

この他にも、以前にどこかのサイトが使っていた中古ドメインを買うという方法もあり、

そのドメインが受けていたSEO的な評価に応じて数万円~数百万円以上の値がつくこともあります。

独自ドメインは無料で取得することができる

最近は、レンタルサーバーを契約する際に一定の条件を満たせば(長期契約するなど)

独自ドメインを無料でプレゼントされることが多くなってきました。

たとえばConoHa WINGエックスサーバーなどで無料プレゼントがおこなわれています。

少しでもWordPressにかかる料金を安くするためには、これらを利用することをおすすめいたします。

とくにConoHa WINGであれば、当ブログ部限定でレンタルサーバー料金が500円割引になります。

すべての手順を画像付きでていねいに解説していますので、下記の記事を参考にしてみてください。

\ 集客&収益化に強くて、超お得な裏技 /

その他WordPressで発生する料金(任意)

パソコン、仕事、ブログ

ここまでに説明したレンタルサーバーや独自ドメインのほかにも、

場合によっては料金が発生するものがあります。

SSLの料金

SSLを一言でいうと、データを暗号化することでPC~サーバー間の安全な通信をおこなう仕組みです。

SSL化されているサイトはURLの冒頭が「http://」から「https://」になっており、ブラウザに鍵マークが表示されています。

WordPressサイトをSSL(https)化するには、レンタルサーバーに「SSLサーバー証明書」をインストールする必要があります。

多くのサーバー会社では無料SSLが用意されているので、この無料SSLを利用すれば料金は発生しません

無料SSLを使わない場合は、安いもので年間数千円、高いものでは年間数万円~10万円以上の料金がかかってしまいます。

テーマの料金

WordPressにおけるテーマとは、デザインテンプレートのことを指します。

どのテーマを利用するかによって、あなたのWordPressがどんなデザイン、どんなレイアウトになるかが決まります。

WordPressのテーマには無料のものと有料のものがあります。

たとえば代表的なWordPressテーマは下記のような料金になっています。

テーマ名読み方料金料金体系
SANGOサンゴ10,000円買い切り
JINジン13,455円買い切り
WING
(AFFINGER5)
ウィング
(アフィンガー5)
14,800円買い切り
STORKストーク11,000円買い切り
THE THORトール14,800円買い切り
賢威8けんい824,800円買い切り
SWELLスウェル17,600円買い切り
THE SONICソニック980円月額
Cocoonコクーン0円無料
Xeoryセオリー0円無料

有料のテーマがSEOなどの集客やマネタイズに優利だと思われていますが、

たとえばCocoonなどのように無料テーマでも有料テーマ並みの機能を備えた素晴らしいテーマも存在します

ちなみにConoHa WINGのWordPressかんたんセットアップ機能をつかえば、

開設の際に下記のテーマを同時にインストールすることができ、しかも割引が適用されます。

テーマ割引料金定価
SANGO9,000円10,000円
JIN12,955円13,455円
Cocoon0円0円

プラグインの料金

プラグインはWordPressにさまざまな機能を追加することができるアプリのような機能です。

WordPress公式によると現在世界中で57,000個以上のプラグインが提供されていますが、

そのほとんどは無料で使うことができます

一部、機能追加をするために有料プランが用意されていたり、公式外で有料で購入するプラグインもあります。

\ 集客&収益化に強くて、超お得な裏技 /

外注でWordPressサイトを作る場合の料金

マーケティング、ミーティング、会議

ここまでは基本的に、あなたが自分自身でWordPressサイトを作る場合を前提に説明してきましたが、

外注でWordPressを制作する方法もあり、その場合は別途制作費用が発生することになります。

外注でWordPressサイトを作る場合の料金は、誰に頼むか(フリーランスなどの個人か? 制作会社などの企業か?など)や

制作するサイトの規模によっても大きく変わってきます。

フリーランスなどの個人に依頼する場合

ココナラ、ランサーズ、クラウドワークなどで個人(フリーランス)にWordPressサイトの制作を依頼する場合です。

料金相場としては3万円~10万円くらいが平均値となります。

基本的にはWordPressを立ち上げ、記事が投稿できる状態にして納品という形が多いです。

制作会社に依頼する場合にくらべてかなり安くできますが、

正直個人が運営するブログやアフィリエイトサイト程度であれば自分で作るのもすごく簡単ですので、

わざわざ依頼する必要もないのかなと思います。

今後WordPressサイトを運営するなら、自分で立ち上げをやっておいたほうが勉強にもなりますしね。

WordPressの始め方は、こちらの記事にもわかりやすく丁寧に解説しています。

制作会社などに依頼する場合

制作会社などの専門業者に企業ホームページなどを制作する場合、料金もそれなりの金額が発生します。

作るサイトの規模などにより料金は大きく変わりますが、だいたい30万円~100万円くらいの範囲が目安です。

\ 集客&収益化に強くて、超お得な裏技 /

WordPressにかかる料金まとめ

ノートパソコンで作業、ブログ執筆

本記事では、WordPressにかかる料金について解説しました。

  • WordPressにはレンタルサーバーと独自ドメインが必要
  • レンタルサーバー費用は月500~1,000円が相場
  • 独自ドメイン費用は年100~1,000円程度が相場
  • レンタルサーバー契約時に無料でもらえる方法がある
  • その他、テーマやプラグインに料金が発生する場合も

WordPressで必要となる要素はいくつかありますが、

最低限必要なのはレンタルサーバー費用だけで、それ以外は無料にする方法があります

つまりWordPressにかかる料金は、年間で1万円前後が平均ということになります。

お得にレンタルサーバーを始めるなら、おすすめなのが「ConoHa WING」です。

初期費用は無料、月額費用は800円~です。(キャンペーンで最安640円)

独自ドメインの無料プレゼントがあり、デザインテーマの割引も適用されます。

さらに当ブログ部からWordPressを開設すれば、レンタルサーバー代が500円の割引になります。

下記の記事からWordPressを始めると割引が適用されますので、ぜひ参考にしてみてください。

収益&アクセスを激増させるツール紹介

ブログ&アフィリエイトの収益SEO集客アクセス流入を改善させる、

筆者おすすめのツールを紹介します。

SEOに強い記事を作れるツール!

エクセル、事前準備シート

収益がなかなか発生しない…」
検索順位が上がらず、アクセスも少ない…」

このようなお悩みの原因の99%は、記事の書き方がダメだから。

そしてその記事の品質は、記事を書き始める前の調査・準備の段階でほぼすべてが決まってしまいます。

そんなあなたにおすすめのツールが『 事前準備シート』。

事前準備シートは、下記のような記事作成に必要なあらゆる要素を1枚のエクセルシートにまとめたツールです。

  • キーワード調査
  • 検索結果ページの調査
  • 競合サイトの調査
  • ペルソナ(中心的ターゲット像)の設定
  • 検索意図の調査
  • 仮タイトルの候補案を作成
  • 記事構成(見出し構成)を作成

これらの事前調査をしておくことで記事の質は格段に向上し、

アクセスや収益を上げやすい記事、検索エンジンに評価されやすい記事を作ることができます。

ブログで累計1億円の確定収益を上げた筆者がふだんから利用している自作ツールです。

長年にわたってカスタムを続けた自信作。一度購入すればずっと使うことができます。

下記から1,500円で購入できますので、ぜひご利用ください。

「売れる記事テンプレート」が収益UP!

ブログ記事を書いている、ノートパソコンで作業中

ブログやアフィリエイトで商品を売るためには、

売れるための話の進め方・記事の書き方があります。

トップ営業マンが使う「セールストーク」のように、

ブログやアフィリエイトにも「セールスライティング」が存在するのです。

私サンツォがふだんからよく利用している5つの記事テンプレートをnoteにまとめましたので、

ぜひ下記からご確認ください。

お悩み相談&コンサルティング実施中!

マーケティング、分析03
  • ブログやアフィでなかなか結果が出ない
  • このままでいいのか心配になった
  • 記事の書き方はこれでいいのかな
  • 分野やサイト設計で迷っている

…などで不安を感じたり、悩んでいる方は、ぜひ私サンツォにご相談ください。

チャットやオンラインMTGにて、お悩み相談コンサルティングを受けつけています。

有料にはなりますが、悩んで立ち止まっていたり、

間違った方法を続けていても時間と手間のムダになりますので、ぜひ一度ご相談ください。

以下からお申し込みいただけます。

超高速&格安レンタルサーバーが限定500円OFF!

国内最速!超高性能&格安レンタルサーバーの「ConoHa WING」。

今ならキャンペーン中につき月額640円~で利用することができます。しかも初期費用は無料

しかも当「ブログ部」なら、さらに500円OFFになる特典付き!くわしくは下記の記事をご参照ください。

WordPressのカスタム・引越し・問題解決なら!

もしWordPressに関することで困ったことがあったら「サイト引越し屋さん」に相談しよう

WordPressからWordPressへの引越し、ドメイン移管、テーマ変更。無料ブログからWordPressへの引越し。

WordPressのカスタムやサイト高速化、セキュリティ対策など、あらゆる問題・お悩みを解決してくれるサービスです!

サンツォのアイコン画像サンツォ

僕もいつもお世話になっているよ!
相談は無料なので、まずは問い合わせしてみよう!

\ WordPressで困ったことがあったら! /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる